映画『ロジャー・ラビット』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ロジャー・ラビット』のネタバレあらすじ結末

ロジャー・ラビットの概要:製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、監督は「バックトゥザフューチャー」のロバート・ゼネキスという豪華タッグで実現した、実写とアニメの融合作品。殺人容疑をかけられたロジャー・ラビットを救うため、探偵エディが駆け回る。ディズニーとワーナーブラザーズのキャラクター競演も見物。

ロジャー・ラビットの作品概要

ロジャー・ラビット

公開日:1988年
上映時間:104分
ジャンル:コメディ、サスペンス
監督:ロバート・ゼメキス
キャスト:ボブ・ホスキンス、クリストファー・ロイド、ジョアンナ・キャシディ、スタビー・ケイ etc

ロジャー・ラビットの登場人物(キャスト)

ロジャー・ラビット(チャールズ・フライシャー)
アニメ界の人気スター。人を笑わせることが大好きなウサギ。常にドタバタアクションで騒がしいが、情に厚く、妻の事も深く愛している。
エディ・バリアント(ボブ・ホフキンス)
私立探偵。かつては弟とコンビを組み、大好きなトゥーンタウンで働いていたが、弟が死んでからはトゥーン嫌いの酒浸りになった陰気な男。金に困っている。
ジェシカ・ラビット(キャスリーン・ターナー / 歌声:エイミー・アーヴィング)
ロジャーの妻。完璧なプロポーションとハスキーボイスで、男たちを惑わせる。夫のロジャーの為なら何でもする、見た目からは想像もつかない夫想いの女性。
マルーン(アラン・ティルバー)
映画会社社長。赤字続きの会社運営に悩んでおり、金の為なら何でもする。
アクメ(スタッビー・ケイ)
トゥーンタウンのオーナーで、おもちゃ会社社長。いたずらとトゥーンを愛し、常にふざけている男。ジェシカに惚れている。
ドロレス(ジョアンナ・キャシディ)
かつてエディ兄弟と共に仕事をしていた女性。今はバーのウエイトレス。落ち着いていて、エディの良き理解者。
ドゥーム判事(クリストファー・ロイド)
トゥーンタウンの新任判事。黒づくめで、イタチの部下を引き連れている。トゥーン抹殺の為に、溶解液を開発する冷酷な男。

ロジャー・ラビットのネタバレあらすじ

映画『ロジャー・ラビット』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ロジャー・ラビットのあらすじ【起】

ロジャー・ラビットは、ハリウッドで大活躍のアニメスター。しかし、最近のロジャーはNGばかりで、映画も赤字続き。アニメスタジオ社長のマルーンは、ロジャーの妻ジェシカが悪影響だと考え、私立探偵のエディにジェシカの浮気調査を依頼する。

かつてアニメキャラクターたちの街・トゥーンタウンで働いていたエディは、再びトゥーン関係の仕事をすることに乗り気ではない。相方だった弟を、トゥーンタウンで亡くしたのだ。しかし、彼には金が必要だった。弟を亡くしてからすっかり酒浸りになり、バーのツケが払えず、このままではバー勤めの女友達ドロレスがクビになってしまう。

仕方なく、ジェシカが出演するキャバレーに行くエディ。ジェシカの楽屋裏に張り込み、トゥーンタウンの社長アクメとジェシカの浮気現場を写真に収める。

浮気の証拠写真を見せられ、ショックを受けるロジャー。彼には、妻の浮気がどうしても信じられなかった。

エディもまた、金のために嫌な仕事をし、弟のことも思い出して酒に逃げていた。酔いつぶれて翌朝になると、なぜか警察が部屋に来ている。なんと、アクメが殺されたらしい。慌てて現場検証に同行するエディ。アクメは、落ちてきた金庫に頭をつぶされていた。金庫とピアノを落とす殺人方法は、トゥーンの常套手段だ。

その現場で、判事のドゥームと出会った。感じの悪い老人で、トゥーンたちを殺す溶解液「ディップ」を開発したという。これで容疑者を死刑にできる。容疑者はもちろん、嫉妬に狂ったロジャー・ラビットだ。

ロジャー・ラビットのあらすじ【承】

ジェシカも、ロジャーの親友ベビー・ハーマンも、全ては写真を撮ったエディのせいだと言う。ベビーはロジャーの無実を疑わず、アクメが殺されたのは、土地と工場をトゥーンたちに遺すと宣言していたからだと主張した。エディは聞き流すが、自分が撮った写真をよく見ると、アクメのポケットから遺言状が覗いているではないか。しかし、余計なことに首を突っ込みたくない。寝て忘れようと事務所の簡易ベッドにもぐりこむと、中にはロジャーが隠れていた。

ロジャーは判事の部下であるイタチに家を包囲され、行き場がなくエディを頼って来ていたのだ。かつて、エディと弟はトゥーンたちの味方だった。ロジャーによれば、妻の浮気現場の写真を見た後、ジェシカの楽屋まで行ったらしい。しかし、彼女はおらず、仕方なく部屋にあった白い紙にラブレターを書いたが、未だ渡せずにいる。そんな話をしているうちに、エディの事務所にもイタチが乗り込んできた。エディは止む無くロジャーをかばい、イタチを追い払ってやるのだった。

エディは、ドロレスを頼ってバーを訪れる。バーには、禁酒時代の隠れ部屋があった。ロジャーをここに隠し、ドロレスには社長を失ったトゥーンタウンの権利を、誰が欲しがっているか探るよう依頼する。疑わしいのは、マルーン社長だ。アクメの工場を乗っ取る為、ニセの浮気事件をでっち上げてロジャーに濡れ衣を着せているのではないか。

エディも調査の為に事務所へ帰ると、そこへジェシカが現れた。彼女もロジャーを探していた。浮気は確かにでっち上げだが、自分もマルーン社長に脅されていたと言う。にわかには信じられないエディ。二人きりで押し問答していると、調査報告に来たドロレスに、あらぬ誤解までされてしまう。なんとかドロレスをなだめ、調査の結果を教えてもらった。トゥーンタウンに入札したのはマルーンではなく、クローバーリーフという会社。先日、街の鉄道会社を乗っ取ったばかりの会社だ。阻止するには、アクメの遺言状が必要で、タイムリミットは夜中の0時。

すると、バーが何やら騒がしい。中では、隠れているはずのロジャーが店の客を観客にショーをやって見せていた。エディは怒り、ロジャーを隠し部屋に放り込む。やはり、騒ぎを聞きつけた判事とイタチが店にやって来てしまった。判事はロジャーに5000ドルの懸賞金をかけていた。しかし、ロジャーが信じたように、このウサギにたっぷり笑わせてもらった客たちはロジャーを裏切らなかった。それでも、諦めるような判事ではない。彼はステッキで中途半端なリズムを刻み続け、完璧なリズムに仕上げないと我慢が出来ないロジャーをまんまとおびきだしてしまった。

ロジャーは捕まり、ディップに浸けられそうになる。間一髪で彼を救ったのは、エディの機転とお酒だった。ロジャーは、お酒を飲むとロケットのように飛び出してしまう体質なのだ。二人は敵が驚いている間にバーを抜け出し、同じくイタチに捕らえられていたトゥーンのタクシー、ベニーを救って逃げ出した。

ロジャー・ラビットのあらすじ【転】

映画館に逃げ込むロジャーとエディ。グーフィーのコメディ映画にニコリともしないエディに、ロジャーは不機嫌の理由を尋ねる。エディは、弟のことを打ち明けた。トゥーンタウンの銀行強盗を追っている時、トゥーンにビルの上からピアノを落とされて、潰されたのだ。犯人は逃げたが、エディは今でも犯人の笑い声と、赤く光る眼、甲高い声をよく覚えている。

ドロレスが合流し、映画館を去ろうとする三人。気づけば、映画はニュース映像に変わっていた。マルーン社長が、クローバーリーフ社に会社を売るらしい。エディは、マルーン社長との直接対決を決めた。遺言状を見つけたフリをして、近づこう。

社長室では、マルーン社長もピストルを隠し待ち構えていた。しかし、エディは社長を追い詰め、自白をさせる。マルーン社長は黒幕では無かった。彼はスタジオを売りたがっていたが、アクメの土地とセットでないと売れなかった。ジェシカを使って浮気現場を仕組んだのは、アクメを脅すため。殺すつもりは無かったのだ。

そこに、物陰から差し込まれるライフル銃。マルーン社長は撃たれ、エディは間一髪で逃げられた。急いで外を確認すると、走り去っていくジェシカの後ろ姿。慌てて車に戻るが、車に残したはずのロジャーがいない。ロジャーは、ジェシカにフライパンで殴られ、気絶したところをジェシカの車に詰め込まれていた。

ジェシカとロジャーを追う為、トゥーンタウンに乗り込むエディ。酒ももう必要ない。何でも有りのアニメの街に手こずるが、エディも次第にカンを取り戻していく。ついに、ジェシカを追い詰めた。彼女もエディに向かってピストルを構えるが、彼女が狙ったのはエディの背後に迫るドゥーム判事だった。仕留め損ね逃げられてしまうものの、判事が落としたライフルは、アクメを撃ったものと同じだった。これで黒幕はドゥームに決まりだ。ジェシカがロジャーを気絶させたのは、愛する夫をドゥームから守る為だった。

その間に、ロジャーは再びさらわれてしまう。エディとジェシカは、ベニーを呼び出し、トゥーンタウンを飛び出す。すると、町の外には判事が待ち受けていて、道にディップを流されてしまった。ベニーはタイヤが溶けてしまい、二人もあえなく捕えられ、トゥーン工場へと連行された。

ロジャー・ラビットのあらすじ【結】

工場で、縛り上げられるロジャーとジェシカ。エディも、二人を置いては逃げられない。ドゥームは、自らの野望を語り始めた。鉄道やトゥーンタウンを買い占めたのは、街に8車線の立派なフリーウェイを通す為だ。道路沿いには、店やタイヤショップが立ち並び、巨大な看板が乱立するだろう。判事の地位は勇退し、クローバーリーフ社の株は買い占めてある。この夢の為に、トゥーンタウンは邪魔なだけだ。ディップを搭載した特製の放水車で、街ごと消し去ってやろう。

手始めは、クレーンで釣り上げたラビット夫妻だ。イタチたちが、放水車で二人を狙う。エディは、ドゥームが席を外したすきに、突然おもしろおかしく踊り始めた。いつも仏頂面のエディが歌い踊るさまを見て、イタチたちは笑いが止まらない。一匹、また一匹と、笑いすぎて昇天していくイタチ。

イタチ退治には成功したが、動き出した放水車は止まらない。操作に四苦八苦するエディの所に、ドゥームが戻って来てしまった。工場内のトゥーンアイテムを使い、善戦するエディ。ドゥームはローラー車の下敷きになり、これで決着かと思いきや、ドゥームはペラペラになって立ち上がる。彼もまた、人型のマスクをかぶったトゥーンだったのだ。それも、両目は赤く光り、本来の声は甲高い。エディが忘れもしない、弟殺しの犯人だ。

ドゥームはなおもエディに襲い掛かるが、ディップが噴出し彼自身も呑まれてしまう。自らの作ったディップに、溶かされていくドゥーム。後には、彼の黒い衣服と人型のマスク、そしてアクメ殺しの現場に残されていたのと同じ黄色いインクだけだった。

無事に救出されたロジャーとジェシカ。ふと、ロジャーはエディの服に青いインクが付いているのを見つける。これは、アクメが生きていた時、ふざけてエディに付けた「消えるインク」だ。トゥーンたちは笑う。それは、「消えて現れるインク」だと。突然ひらめくエディ。傷心のロジャーがジェシカに宛てて書いたラブレターを取り出した。楽屋にあった、白紙の紙。見つめる皆の目の前で、だんだんとインクが浮かび上がってくる。

「トゥーンタウンは、すべてトゥーンたちのものとする」。トゥーンを愛したアクメ社長の遺言だった。トゥーンタウンの平和は守られた。トゥーンを嫌い、しかめ面で生きてきたエディも、友情の印としてロジャーに長い長いキスをしてやるのだった。

Amazon 映画『ロジャー・ラビット』の商品を見てみる