映画『ROOKIES 卒業』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ROOKIES 卒業』のネタバレあらすじ結末

ROOKIES 卒業の概要:日本中を感動の渦に巻き込んだ、青春漫画「ROOKIES」の劇場版。新入部員を獲得した二子玉川高校野球部が甲子園を目指す様子、そして彼らの卒業までを描いている。涙なしでは見られない一作。

ROOKIES 卒業の作品概要

ROOKIES 卒業

公開日:2009年
上映時間:137分
ジャンル:ヒューマンドラマ、スポーツ
監督:平川雄一朗
キャスト:佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、城田優 etc

ROOKIES 卒業の登場人物(キャスト)

川藤幸一(佐藤隆太)
野球部を再興させた教師。熱血でウザがられるものの、部員達の信頼を得ている。
安仁屋恵壹(市原隼人)
部の中でもリーダー格の存在。野球に対する情熱は本物。
御子柴徹(小出恵介)
不良揃いの二子玉川高校野球部の中で珍しい優等生。誠実で優しく、自分に厳しい性格。
新庄慶(城田優)
日本人離れした体格を持つ野球部員。クールで、かなりの喧嘩の腕前を持つ。
若菜智哉(高岡蒼甫)
二子玉川高校野球部のキャッチャー。
赤星奨志(山本裕典)
野球部に新たに入部した一年生。メジャーリーグに行くという夢がある。

ROOKIES 卒業のネタバレあらすじ

映画『ROOKIES 卒業』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ROOKIES 卒業のあらすじ【起】

不良ばかりが集まった前代未聞の野球部、二子玉川高校野球部の面々も、とうとう高校三年生になりました。そして春、新入生が入ってくる時期です。部に入部届けを出してきた一年生の中には、赤星奨志という名前がありました。その名前を見た野球部の面々は騒然とします。赤星は、地元では大変有名な野球の天才だったのでした。

しかし、いざ部活が始まってみると、赤星は確かに野球の技術は他とは比べ物にならないほど高い一方、チームメイトと協力しようという気が全くないのでした。メジャーリーグを目指している赤星は、高校野球に本気を出す必要はないと言い放ち、次第に練習にも顔を見せなくなります。そんな赤星は、当然他の部員達から嫌われていきます。

しかし、キャプテンの御子柴は全く練習せずにこんなに野球技術が高いわけはない、と一人帰宅途中の赤星の後を追う事にしました。すると何と、赤星はそのまま大学の校舎に姿を消しました。彼は毎日、一人大学生に混じって猛練習をしていたのです。

ROOKIES 卒業のあらすじ【承】

その後、御子柴は赤星に是非自分たちと本気で野球をしようと伝えます。高校野球のてっぺんを取って、その後メジャーリーグのてっぺんを取るのも悪くないのではないかと提案したのです。しかし、やはり赤星はそんな御子柴の言葉には興味を示しません。熱く語る御子柴を背に、赤星はその場から立ち去ろうとしました。

しかしそんな時です。赤星が偶然ぶつかった不良に、赤星の吸っていたタバコが当たってしまったのです。怒った不良は、赤星に殴りかかろうとします。そんな二人の間に割って入ったのが、咄嗟に体が動いた御子柴でした。結果御子柴は赤星の代わりに不良に殴られ、大怪我を負ってしまいます。

翌日御子柴の怪我を見たチームメイト達は何があったのか問いただしますが、御子柴は決して口を割ることはありませんでした。あくまでも気丈に振る舞う御子柴に、チームメイト達もそれ以上の追求をやめました。しかし、怪我の為試合おろか練習にも出ることの出来ない御子柴は一人涙を流します。

ROOKIES 卒業のあらすじ【転】

そんな御子柴の姿を見て、赤星は罪悪感に苛まれました。幼少期から野球の才に長け、メジャーリーグを目指していた赤星ですが、その規格外の夢は周りの誰にも受け入れられることはありませんでした。次第に赤星は一人自分の夢に突き進み、周りとは距離を取るようになっていたのです。しかし、御子柴はそんな赤星の夢を一切笑う事なく真剣に聞き、そして応援してくれました。そんな御子柴に答えるように、赤星は練習に参加するようになります。

そして、甲子園の予選会が始まりました。順調に予選を勝ち進んでいた面々でしたが、とうとうライバル校、笹崎高校とぶつかる事になりました。笹崎高校には川上という名の知られたピッチャーがおり、チームはそんな川上に苦戦をしいられます。

しかしなんとか食い下がっていたところで、ピッチャーの若菜が手に怪我を負ってしまったのです。絶体絶命の二子玉川高校。暗い雰囲気が彼らを包んだ時、選手交代のアナウンスが響きました。そして、交代選手として御子柴が立っていたのです。

ROOKIES 卒業のあらすじ【結】

御子柴が復帰したマウンドは歓喜に沸きます。そこから、二子玉川高校の大躍進が始まるのです。奇跡のような偶然が積み重なり、彼らは徐々に笹崎高校を押し返し始めます。そしてとうとう、二子玉川高校は笹崎高校を破り、夢であった甲子園への切符を手に入れるのでした。

そして季節は巡り、再び春がやってきました。今日、二子玉川高校野球部の3年生達が卒業します。彼らはグラウンドで、川藤を前に一列に並びました。全ては、この川藤が現れた事で変わったのです。野球を奪われ荒れていた自分たちを、川藤が諦める事なく何度も叱咤激励し、今の自分達を作ってくれたのです。そんな川藤との日々、川藤への感謝を部員達は一人一人言葉にします。

そんな部員達の言葉を受け、川藤は目に涙を浮かべました。「夢にときめけ!汗にきらめけ!」、川藤は彼らに熱いエールを送ります。きっと、この辛くも素晴らしい日々を送ってきた彼らの未来は明るい事でしょう。彼らの輝かしい日々は、これからも続いていくのです。

Amazon 映画『ROOKIES 卒業』の商品を見てみる