『ラウンド・ミッドナイト』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

ラウンド・ミッドナイトの概要:「ラウンド・ミッドナイト」(原題:Round Midnight)は、1986年のアメリカ・フランス合作映画。 監督はベルトラン・タヴェルニエ。主演のデール・ターナー役に、テナーサックス奏者のデクスター・ゴードン。共演の青年フランシス役にフランソワ・クリュゼ。ニューヨークの興行師役に映画監督のマーティン・スコセッシ。音楽監督はピアノ・キーボード奏者のハービー・ハンコック。出演ミュージシャンはハービー・ハンコック、ボビー・ハッチャーソン、ビリー・ヒギンズ、ウェイン・ショーター、ロン・カーター、トニー・ウィリアムズ、フレディ・ハバードなどの豪華な面々が揃う。主役のデクスター・ゴードンは、映画初出演にして、ミュージシャンながらアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、ハービー・ハンコックはアカデミー賞の作曲賞を受賞した。

ラウンド・ミッドナイト

ラウンド・ミッドナイト あらすじ

映画『ラウンド・ミッドナイト』のあらすじを紹介します。

1959年のパリ。アメリカのテナーサックス奏者デール・ターナー(デクスター・ゴードン)がジャズクラブ・ブルーノートに出演するために訪れた。長年サックスの巨人としてジャズ界に君臨してきたデールに、パリのジャズファンは狂喜した。デールを迎えたのはブルーノートの音楽監督兼ピアニストのエディ(ハービー・ハンコック)をはじめとする気心の知れたミュージシャンたちと、クラブのオーナー、ベンであった。久々の大物出演でクラブは連日大入りの盛況ぶりであった。そんな中でデールの音楽をクラブの外で雨に打たれながら耳を傾けるフランシス(フランソワ・クリュゼ)という青年がいた。彼はアパートで待つ幼い娘にその感激を語り聞かせる。フランシスは妻と別れ、イラストレーターとして男手ひとつで娘を育てていた。

一方でデールはアル中の上、酒が入ると自分を見失い彷徨う性癖があり、その身を案じたフランシスはデールを自宅に迎え面倒を見始める。彼はデールが越して来るには狭過ぎるアパートを、別れた妻に借金をしてまで新しい住まいへ引っ越しをした。フランシスの献身的な世話にデールは自ら酒を断ち、暫く穏やかで平和な暮らしが続いてゆく。やがて別れの時が訪れ、デールがニューヨークヘ帰る日を迎えた。パリ在住のジャズメンを招いたファミリーパーティが開かれ、その後フランシスはデールに付き添う形で数日間彼と共にアメリカへ同行する。

アメリカへ戻ったデールはニューヨークのクラブへ出演し、ビジネスライクな演奏活動が続く中、デールの娘も彼の元へ現れたが、互いに馴染めない様子だった。デールが泊まるホテルには、昔馴染みの麻薬の売人が姿を見せ始め、フランシスは不安に駆り立てられる。

数日間ニューヨークに滞在したフランシスもパリへ帰る日を迎えたが、デールが孤独な生活を再び送らねばならないのがフランシスの気がかりだった。別れの前日、ハドソン川の畔を散歩する二人は別れを惜しむ。パリへ帰る飛行機の切符を二枚取った事をさりげなくデールに伝えるフランシス。デールは感慨深くフランシスに言葉を残しその場から去る。そして翌日に空港で待つフランシスの前に彼は姿を現さなかった。やがてパリへ帰り所在なく部屋で過ごすフランシスに、デールの訃報を告げる電報が届く。その日、想い出のフィルムの中で微笑むデールの姿を、フランシスと娘は寄り添いながらずっと眺めていた。

ラウンド・ミッドナイト 評価

  • 点数:100点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1986年
  • 上映時間:130分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ベルトラン・タヴェルニエ
  • キャスト:デクスター・ゴードン、フランソワ・クリュゼ、マーティン・スコセッシ、ハービー・ハンコック etc

ラウンド・ミッドナイト 批評 ※ネタバレ

映画『ラウンド・ミッドナイト』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

ジャズという音楽の深さが垣間見える

デクスター・ゴードンのミュージシャンとしてのリアルなオーラが作品の隅々までに浸透し、ジャズという音楽の魅力が余すことなく描かれた映画である。彼の動きひとつひとつにジャズの歴史を感じさせる重みがあり、セリフの端々にさえ音楽みたいに心に染み入ってくる響きがある。それを切り取るカメラワークが絶妙であり、ジャズに興味のない人でも充分心に残る作品に仕上げられている。特にリヨンの海岸をフラスシスと娘とデールの三人が散歩をする風景の美しさや、パリの町並みやライブの演奏シーンも絵画のような美しさである。随所に流れるハービー・ハンコックの音楽は、その映像美を一層際立たせるように深い旋律を奏で、セリフがなくとも音楽とその風景だけで成り立ってしまうような映像美を演出している。デクスター・ゴードン本人の物語でなく、架空のミュージシャンのストーリー設定ではあるが、音楽映画という枠を超え、架空でありながらも一人の音楽家の人生を深々と綴った名作と言える物語である。

麻薬と酒に溺れたミュージシャンのリアリティ

ジャズやロックの世界で”夭逝”した人物はあまりにも多く、その殆どが天才的な表現力を持ちながら、麻薬と酒に溺れるという人生を歩んでいる。クリント・イーストウッドの監督作品「バード」は、伝説のサックス奏者であるチャーリー・パーカーの生涯を描いた作品だが、パーカーも麻薬に手を染め、周辺のミュージシャンも殆どがそうだったという事実が記述されている。ロック界や映画の世界でも麻薬と酒が蔓延していながら、波瀾万丈の人生のために、ある意味必要悪みたいに語られる場合が多いが、所詮はプレッシャーから逃げるための方法にしか過ぎないのである。逃げたところで現実は変わらないという事を認めたくないために繰り返すだけの話だ。一時的にプレッシャーから解放されたとしても、蝕まれた体と精神は元に戻らないという事も本作は語っており、デクスター・ゴードンも実際にその中の一人だった。この物語の中でリアルなミュージシャンが醸し出す演技は、どんな俳優が演じたところで到底敵わないようなリアリティに溢れ、そのやるせないメッセージを投げかけてくる。

ラウンド・ミッドナイト 感想まとめ

アル中の老ミュージシャンを描いた内容だが、ドラッグやアルコールへの警告という大きなメッセージ性が強く描かれている訳ではない。ジャズという音楽が抱える独特の「哀愁」というものに相応しい、その音楽の周辺を取り巻くリアルな人間ドラマである。同じようにジャズミュージシャンを描いた話である「五つの銅貨」や、「グレン・ミラー物語」のようなハッピーエンドの直接的な物語の感動を描いたものではなく、この切ない感動は全く異質のものである。ひとつひとつのシーンがフラッシュバックするように後に残るものだから厄介である。これがジャズの本場であるニューヨークを舞台にした物語ならばそれほどの印象深さはなかったと思うが、パリという風景の中で展開されるものであるがゆえに、ここまでの印象深い映画になったのだろう。哀愁に包まれ、”素敵”という表現が一番似つかわしく思える映画である。
Amazon 映画『ラウンド・ミッドナイト』の商品を見てみる