映画『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』あらすじネタバレ結末と感想

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮の概要:18世紀のデンマーク王室を舞台にした歴史ドラマ。出演はミッツ・ミケルセン、アリシア・ビカンダー、ミケル・ポー・フォルスガード。「ミレニアムドラゴンタトゥーの女」の脚本家ニコライ・アーセルの2012年初監督作。

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 あらすじネタバレ

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
映画『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 あらすじ【起・承】

1775年、元デンマーク王妃カロリーネ(アリシア・ビカンダー)は、死を目前にして、息子フレデックと娘ルイーゼに宛てて遺書をしたためていた。その内容は、国王クリスチャン7世との結婚から1772年までの物語。

1766年、イギリス王室から、デンマークの国王クリスチャン7世(ミケル・ポー・フォルスガード)に嫁いだカロリーネは、乗馬が得意な15才。期待に胸を膨らませるが、夫は精神を病んでおり奇行を繰り返していた。

そんな2人の間に1768年、長男フレディックが誕生。この年、王は新しく、ドイツ人医師ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセ(マッツ・ミケルセン)を侍医に迎えた。

ストルーエンセは、芝居好きな王の心を掴み、ルソーの思想に触れた王妃カロリーネをも虜にしてゆく。やがて、精神的に病んだ国王クリスチャン7世に代わり、王妃と侍医ストルーエンセが政治の実権を握るようになります。

その頃、夫との関係が冷え切っていた王妃カロリーネは、孤独だった。侍医ストルーエンセは、啓蒙思想に沿って、王と共に庶民の為の自由な政治を行い、改革を進めた。

その1つが、天然痘予防の注射だった。皇太子フレディックに注射され、効果があったという。

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 あらすじ【転・結】

仮面舞踏会の夜、王妃カロリーネと侍医ストルーエンセはダンスを踊った。その情熱が高まるまま、2人はついに結ばれます。やがて、王妃は妊娠するが、王の子として出産。

王妃と侍医の実権が強くなるのを恐れた反対派、皇太后ユリアーネ(トリーネ・ディアホルム)と官僚のグルベア(デビッド・デンシック)は、2人の関係をスキャンダルとして広めてしまう。

これに驚いたストルーエンセは、それまで認めていた個人の自由を否定し、検問を行うと国民に宣言。そのやり方に異議を唱える暴徒が、王宮へ乗り込んできます。

国王は、疑心暗鬼になり、周囲に言われるまま、ストルーエンセの逮捕状に署名。このため、1772年にストルーエンセは逮捕・投獄されます。拷問の日々を送り、不倫関係を認めたとして処刑。

王妃カロリーネも、子供達と離され、クロンボーエ城に幽閉されます。その後、離婚が成立。ドイツの田舎へ送られ、その地で亡くなります。

王妃カロリーネの手紙を読んだ子供達。皇太子フレディックは、皇太后とグルベアを追い出し、ストルーエンセの政治を引き継いだのち、フレディック6世となりました。

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2012年
  • 上映時間:137分
  • ジャンル:時代劇、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
  • 監督:ニコライ・アーセル
  • キャスト:マッツ・ミケルセン、アリシア・ヴィカンダー、ミケル・ボー・フォルスゴー、トリーヌ・ディルホム etc

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 批評・レビュー

映画『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

マッツ・ミケルセンの色気と知的さに酔う

”北欧の至宝”と呼ばれている、俳優マッツ・ミケルセン。ドラマ「ハンニバル」のレクター博士役で、底知れぬ狂気を演じ人気になりました。彼にはたくさんの代表作がありますが、「ロイヤル・アフェア」もその1つです。

歴史ものが合うのか?と不安に思う人もいるかもしれません。ところが、「ハンニバル」よりも、知的で情熱的なんです!王妃カロリーネとのダンス・シーンに注目して下さい。

18世紀のデンマークの王室スキャンダルが、フランス革命よりも早い時期に行われている点も興味深い。侍医ストルーエンセが啓蒙思想に沿って、庶民のための政治をしたというのが事実なら、もっと評価されてもいいのではと思います。

マッツ・ミケルセンは、見守るような柔らかな眼差しと時に諸刃の剣のような情熱を込めて演じています。あまり演じすぎず、感情を抑え気味にしているシーンもあり、好感が持てます。

「ドラゴンタトゥーの女」の脚本家ニコライ・アーセル&製作総指揮ラース・フォン・トリアーという豪華さ!

ヒットの予感を感じさせてくれる2人です!まず、ラース・フォン・トリアーといえば、2000年にパルムドール賞を受賞した「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を忘れることができません。

北欧映画特有の色彩と音楽の効果的な使い方が魅力です!後味が悪いと言う批判もありましたが、むしろあのラストの悲惨さが胸に強く残りました。

その才能に、脚本家ニコライ・アーセルの実力が加われば、歴史物に興味がない人でも観てみようという気持ちになるのではないでしょうか。

もちろん、この映画はニコライ・アーセル監督の作品なので、構成力と役者の演技が光っています。特にマッツ・ミケルセンの静かな情熱に心撃たれますよ。

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 感想まとめ

マッツ・ミケルセン目当てで観てみたら、北欧映画の良さにハマる作品です。デンマークの王室は、日本の次に歴史が長いとも言われ、今日まで多くの国に影響を与えています。

マッツ・ミケルセンが18世紀の衣装に身を包み、優雅に踊るシーンや医師としてのふるまいは完璧といっていいほど、美しい。改めて、彼の演技力の高さを感じました。

可憐な花のような王妃カロリーネを演じる、アリシア・ビカンダーにうっとりします。
また国王役の精神を病んだ姿にも圧倒されました。

3人の演技の厚さが1番の見どころではないでしょうか。歴史が好きな人はぜひ、ご覧下さい。

Amazon 映画『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』の商品を見てみる