映画『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』のネタバレあらすじ結末

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾンの概要:2003年のアメリカのアクション映画です。本作は、『ワイルド・スピード』シリーズのザ・ロック (ドウェイン・ジョンソン)が主演です。ザ・ロックファンには、たまらない作品になっており、プロレス技が多数炸裂します。

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾンの作品概要

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン

公開日:2003年
上映時間:104分
ジャンル:アクション、アドベンチャー、コメディ
監督:ピーター・バーグ
キャスト:ザ・ロック、ショーン・ウィリアム・スコット、ロザリオ・ドーソン、クリストファー・ウォーケン etc

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾンの登場人物(キャスト)

ベック(ザ・ロック)
自分で銃の使用を禁止している賞金稼ぎの男。マフィアの借金を返却すべくしていた仕事だったが自分の夢を追いかける為、アマゾンの奥地へと向かいます。
トラビス・アルフレッド・ウォーカー(ショーン・ウイリアム・スコット)
アマゾンで秘宝探しをしているボスの息子。
コーネリアス・ハッチャー(クリストファー・ウォーケン)
ギャングの王でベックが交渉する事になる男。トラビスを捕らえていました。
マリアナ(ロザリオ・ドーソン)
トラビスと秘宝を取り合う女性。ブラジル人で、抵抗軍のリーダーを務めている。
ビリー・ウォーカー(ウィリアム・ラッキング)
トラビスの父親であり、ベックの雇い主。息子を連れ戻す為ベックに最後の仕事を任せることにしました。

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾンのネタバレあらすじ

映画『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾンのあらすじ【起】

体が大きく正義感が強いベックは、ギャングに借金をしていました。そんな彼には、夢がありました。それは、自分でレストランを経営する事です。しかし、それには、ベックの雇い主ビリーと解約しなければなりませんでした。その条件とは、ビリーの息子、トラビスを帰還させる事でした。ベックは、あまり乗り気になれませんでしたが、自分の夢を叶える為、飛行機に飛び乗りブラジルへと旅立つのでした。

ブラジルに居るトラビスは、まだ見ぬ秘宝を求め、ジャングルの奥地へと脚を運んで居ると言うのです。ジャングルですから、もちろんちゃんとした飛行場はありませんでした。飛行機もボロボロで今にも壊れそうです。

着陸しようとすると、牛の大群がいましたが、そこは現地のプロ。牛を跳ね除け、飛行機は無事に着陸する事が出来ました。

町に辿り着き、とりあえず一息着こうと、近くのショットバーに入ります。その町は、まるで西部劇の世界に入り込んだようでした。店の店主であろう女性が声を掛けます。とりあえず、ベックは、ビールを注文しました。飲んでいると、近くに綺麗な花束が飾られており、綺麗な花だと思ったので、その花について尋ねると、馬鹿な男が置いていったのだと話してくれました。

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾンのあらすじ【承】

ベックは女性に何しに来たのか尋ねられたので、トラビスと言う男性を探していると言いました。すると、たまたま男が見せに入って来ました。その男は、トラビスだったのです。ベックには、とても好都合な事でした。

早く帰りたいベックは、二つの案を持ち出します。
A案、今すぐに此処を出て俺と一緒にロスに帰るか、B案、その反対か。トラビスはそれならC案がいいと、交渉してくるのでした。

その時突然、男達が店内に入って来ました。どうやらトラビスを探している様です。
トラビスは、秘宝の在り処を知っていて、現地のギャング王ハッチャーに狙われていたのです。しかし、此処で今トラビスが捕まっては、約束が果たせません。ベックは仕方なく、そのギャングたちを蹴散らすことにしたのです。
同時にトラビスは、その騒動を利用して逃げようとしていましたが、ベックの目から逃げることは出来ませんでした。全員蹴散らすのに時間は掛かりませんでした。
ベックはそのまま、トラビスを連れて逃げました。

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾンのあらすじ【転】

トラビスは、ベックに取引する事を諦めていませんでした。ベックは、ジャングルの中で方向を見失ってしまいました。すると、両手に手錠を付けられたトラビスが、急に、小便がしたいと願い出てくるので自分でするようにと睨んでいましたが、ベックは優しい男で手伝ってくれました。

ベックが飛行場へ行こうと歩き出します。すると、脚に蔦が絡まり宙づりにされてしまいました。豚をしとめる罠だったのです。それを見たトラビスは、自分でやれと言わんばかり、ベックをからかっていると、自分も罠に引っかかってしまいました。宙づりから抜け出そうともがく二人でしたが、急にキーキーと言う声が聞こえてきます。これは、モンキーだとトラビスが言おうとした傍から攻撃を受けました。二人が叫び声を上げていると、遠くから、男達がやってきました。トラビスは、友達がきた反乱軍だとベックに教えると二人は降ろしてもらう事が出来ました。しかし、二人はまだまだ安心できませんでした。トラビスがお友達と言っていたのに、結局捕らえられ、他の反乱軍の基地に連れてこられたのです。そこで、先程ショットバーに居た女性が現れ事を沈めてくれました。その女性の名は、マリアナと言いました。

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾンのあらすじ【結】

マリアナもトラビスの秘宝について取引していました。ベックは、ただ、トラビスを連れて帰るだけだったのですが、その秘宝を一緒に探す事になりました。つまり、C案です。二人はトラビスに着いていきます。水辺に辿り着き、そこには滝がありました。此処で休んでいこうとトラビスが言い出すので心配になりましたが、どうやらこの滝の中に、秘宝が眠っているようなのです。二人は、言われるがままについて行くと、その洞窟のような場所に、罠が仕掛けられていました。命を落としそうになりながらも、何とか秘宝を持ち帰る事に成功します。三人は、焚き火をしながら、夜明けを待つことにしました。おなかが減っているだろう二人に、マリアナは果物を持ってきてくれました。食べてみると段々、互いの顔がゆがんで見えました。何を入れたのかと、問い詰めるが、既に遅し、二人に感謝の気持ちを伝え、町の為にとマリアナは、持って行ってしまいました。

ベックとトラビスは、飛行機に乗り込もうとしていました。すると、マリアナが捕まった事を知りました。助けに行かねばと、ベックは、トラビスと動き出します。敵の居る町に辿り着くと、ハッチャーに秘宝を奪われたマリアナは確かにそこにいました。ベックとトラビスは助け合いながら、マリアナを救おうと戦いました。そして、秘宝も、マリアナも取り返すことに成功したのです。
秘宝は、マリアナへ、二人はお別れを告げロサンゼルスへと戻りました。そして、ベックは解放され、ビリーたちを懲らしめました。相棒のトラビスも連れて行ったのでした。

Amazon 映画『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』の商品を見てみる