映画『貞子3D』あらすじネタバレ結末と感想

貞子3Dの概要:大ヒットホラー映画『リング』シリーズの第5作目。続編にあたる。原作は、『リング』の原作者鈴木光司が書いた小説「S」。主人公を石原さとみが、貞子を橋本愛が演じた。

貞子3D あらすじネタバレ

貞子3D
映画『貞子3D』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

貞子3D あらすじ【起・承】

主人公の鮎川茜は、高校の教師である。安藤孝則という恋人と同棲している。ある日授業中に、森崎という生徒が携帯電話を触っているのを見つけ、没収する。森崎は「呪いの動画を探している」というのだが、携帯電話には「Not found」と表示されるだけである。茜は帰宅した後、孝則の友人の榎木が来ていたのでネット事情に詳しそうな彼に呪いの動画について聞いた。榎木が言うには、呪いの動画とは男が自分の自殺を生中継した動画のことを指し、それを見たものもまた自殺してしまうという噂があった。ただ、すぐに削除されてはまたどこかでアップされる、ということを繰り返しているため、根気よく自分も探しているとのことだった。

その夜に、森崎が自殺したことを聞いた茜。事情聴取にきた小磯刑事に変わったことはなかったかと聞かれた茜だが、クラスの人気者だった森崎が自殺する理由は思い当たらない。刑事が去った後、森崎の親友の北山が「典子が死んだのは呪いの動画のせいだ」と騒ぐ。それが聞こえていた小磯は、実は呪いの動画に関連したと思われる自殺が相次いでいたこともあり、部下に呪いの動画の調査を命じる。茜もまた、より詳しく呪いの動画のことを調べ始めるのだった。

貞子3D あらすじ【転・結】

北山が部活を休んでいると聞いた茜は、北山を探し自習室を訪れる。北山は削除されているはずの呪いの動画を見つけてしまっていた。気味の悪い映像だけでなく、画面からは大量の髪の毛が噴出している。茜は北山のもとに駆け寄り、悲鳴を上げるとパソコンのモニタは割れて、動画が止まった。しかし、茜の耳には「お前だ」という声がはっきりと聞こえたのだった。

実は幼いころから特殊な能力が自分にあることを知っていた茜は、その能力をわかってくれる孝則を大切に思っていたのだった。帰宅後、孝則にパソコンを使わないでくれと頼む茜。孝則もまた新情報を得ており、それは動画の再生のあと「お前じゃない」という言葉が聞こえるというものだった。しかし茜の聞いた言葉は「お前だ」である。不審に思う茜。

翌日学校で生徒たちがパソコンを使っていることにパニックを起こした茜は、休職することをすすめられてしまう。帰宅後、孝則のパソコンに例の動画が流れ、二人は家を飛び出すが、街にある大量のスクリーンに女が映る。そしてしまいには、孝則が連れ去られてしまった。

小磯刑事と協力し、茜は孝則を探し始める。その最中、柏田が貞子と呼ばれる昔いた人を呪い殺す力を持った女性を復活させるために動画を作ったことを知る。超能力を持った茜が、その器に選ばれてしまったのである。柏田が貞子復活のために複数の女性を殺して落とした井戸がある建物についた二人は、女の顔を持つ怪物に襲われる。小磯刑事は命を落とすが、茜はなんとか抗いながら孝則を探した。貞子に一度は身体を乗っ取られる茜だが「私の力は人助けのためにある」と抵抗。目覚めた孝則が、貞子が映るスマートフォンを粉砕し、茜と共に助かることができたのだった。

貞子3D 評価

  • 点数:20点/100点
  • オススメ度:★☆☆☆☆
  • ストーリー:★☆☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★☆☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★☆☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2012年
  • 上映時間:96分
  • ジャンル:ホラー
  • 監督:英勉
  • キャスト:石原さとみ、瀬戸康史、高橋努、染谷将太 etc

貞子3D 批評・レビュー

映画『貞子3D』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

『リング』だと思って観ない方がいい

映画『リング』の良さと言えば、あの湿っぽい空気間、謎に迫っていくにつれて追い詰められていくような逼迫感、タイムリミットに追い立てられる圧迫感、そして最後まで姿を現さない貞子への恐怖など挙げればきりがないが、見事にそれらすべてが踏襲されていない。今どきの若者に受けの良いホラーを狙ったのかもしれないが、それなら貞子である必要はあったのだろうかと疑問を抱いてしまう。貞子の復活を願う男が起こした事件という設定だけはなんとか理解できるが、その後まず恋人が連れ去られる意味がわからない。

中でも、最も許せないポイントは終盤にわんさか出てくる謎の怪物だ。髪の長い女のような顔をしているが口元しか見えず、身体は暗い緑色で四つん這い、後ろ足がバッタのように長く歪んでおり、ヒロインの茜に襲い掛かってくる。物理的に小磯を殺害したにも関わらず、物に挟まれて消えたり、羽虫の集合のようになったり、あれだけ大量にいるのに全く茜を捕まえられなかったりと、あのシーンだけ取り上げたらもはや何の映画なのかさっぱりとわからない。ホラーというよりモンスターパニック映画になってしまっている。貞子を使うならああいう描き方はしてほしくなかった。一番の落胆ポイントである。恐らく最大の恐怖の見せ場なのかもしれないが、個人的にはあの怪物が現れた瞬間、興ざめしてしまいあとはもう義務感で観たようなものだ。日本のホラー映画にモンスターを出してはいけない。

石原さとみは文句なし

いいところのない映画だけれど、強いてあげるとするなら石原さとみの演技である。かわいらしいヒロインとして様々な映画やドラマ、CMで不動の地位を築いている彼女だが、この映画の中では半狂乱になるシーンが多く、石原さとみであることを忘れるくらい大いに喚き散らしてくれている。その点に関しては、かわいいだけではない、実力派女優だと思わせてくれるものだった。

貞子3D 感想まとめ

個人的には全くといっていいほど怖くなかった。今風を狙ったのはよくわかる。ニコニコ動画を使ったり、スマホを使ったりと、現代の若者に受けがいいように作られているのも理解できた。しかしだからこそ古き良き日本のホラー、特に『リング』続編を名乗るなら踏襲してほしかった点が多くあったのに、それが全くなくて残念だった。中でもモンスターにヒロインを襲わせた時点でもうホラー映画ですらなくなったのでは、と個人的には感じている。

また、オチも何が何だかよくわからなかったし、貞子は考えて人を殺していたわけでもないので、最後の茜とのやり取りもイマイチ謎だった。総じて残念な作品であると言わざるを得ない。

Amazon 映画『貞子3D』の商品を見てみる