映画『貞子vs伽椰子』あらすじネタバレ結末と感想

貞子vs伽椰子の概要:ジャパニーズホラーを代表する貞子と伽椰子。これまで別々の世界で多くの人を呪い殺してきた両者がまさかの激突を果たした2016年公開の日本映画。モキュメンタリーホラーの名手として知られる白石晃士が監督を務める。

貞子vs伽椰子 あらすじネタバレ

貞子vs伽椰子
映画『貞子vs伽椰子』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

貞子vs伽椰子 あらすじ【起・承】

ある日、機械に詳しい女子大生の倉橋有里(山本美月)は、友人の上野夏美(佐津川愛美)から、両親の結婚式を記録したビデオテープをDVDにダビングしてほしいと頼まれる。渋々引き受けた有里は夏美とともに近所のリサイクルショップを訪れ、そこで偶然目に留まったビデオデッキを購入する。

有里の部屋に帰宅した2人がダビング作業に取り掛かろうとした時、ビデオデッキの中に1本のビデオテープが入っているのを見つける。そしてそのビデオの中身を、夏美だけが観てしまう。その内容に恐怖を覚えた夏美は、大学の教授が話していた「呪いのビデオ」の話を思い出す。それは、「呪いのビデオ」を見ると2日後に死ぬと噂される都市伝説であったが、異変を感じた有里と夏美は民俗学を研究している大学教授の森繁新一(甲本雅裕)に呪いを解く方法がないかと相談に行く。

一方、父親の仕事の都合で新居に越してきたばかりの女子高生・高木鈴花(玉城ティナ)は、廃屋と化した隣の家にただならぬ雰囲気を感じていた。

廃屋に踏み入る夢にうなされる毎日に悩んでいた鈴花は、友人たちから廃屋に関する悪い噂を聞く。それは、その家ではかつて父親が家族を惨殺した事件があり、それ以降、その家に住んだ者や立ち入った者たちが全員謎の死を遂げているという話だった。

恐怖心を抱きながらも廃屋のことが頭から離れなくなった鈴花は、ある日その廃屋の前で4人の少年を見かける。そして4人の少年は、同じ日に行方不明になってしまう。

貞子vs伽椰子 あらすじ【転・結】

「呪いのビデオ」の呪いを解くために森繁に紹介された霊媒師・法柳のもとへ向かった有里と夏美だったが、呪いの主である貞子の強い怨念により、除霊に取り掛かった者たちが殺されて失敗に終わる。死に対する恐怖に怯える夏美を見た有里は、「ビデオを他の者に見せれば呪いから解放される」という話を思い出し、夏美を救うためにそれを実行する。だが、それはただの仮説に過ぎなかった。

そんな中、法柳が呼び寄せた凄腕霊媒師の常盤経蔵(安藤政信)が有里と夏美の前に現れる。確かな腕を持った経蔵は、貞子の呪いを消滅させる唯一の方法を実行すると言い残し、もう一つの都市伝説である「呪いの家」へと向かう。だが、経蔵を待つ間に夏美が貞子の呪いにより死んでしまう。

一方、行方不明になった少年が廃屋にいる夢を見た鈴花は、気が気ではなくなり廃屋に足を踏み入れてしまう。その廃屋こそが、「呪いの家」だった。呪いの主の伽椰子に襲われた鈴花は、経蔵によって助けられる。そして経蔵は、鈴花を利用することを思いつく。貞子の呪いを消滅させる方法とは、伽椰子の呪いをぶつけることだった。

翌日、有里と鈴花はともに「呪いの家」に入り、貞子と伽椰子をおびき寄せて衝突させる。しかし強大すぎる両者の呪いは消滅することはなく、あろうことか交じり合ってより強大な化け物が誕生する結果となってしまった。

貞子vs伽椰子 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2016年
  • 上映時間:99分
  • ジャンル:SF、ホラー
  • 監督:白石晃士
  • キャスト:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里 etc

貞子vs伽椰子 批評・レビュー

映画『貞子vs伽椰子』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

ホラーの名手も手に負えない貞子と伽椰子

映画の手法で、モキュメンタリーというものがある。「偽の」という意味を持つ「モック」と「ドキュメンタリー」を組み合わせた造語なのだが、簡単に言うと架空の人物や出来事を、さもドキュメンタリー映像のように見せる手法だ。

今作でメガホンを握った白石晃士監督はこのモキュメンタリー手法を用いたホラー映画を作るのが上手い(たまにとんでもなく面白くない作品もある)のだが、今回はこの手法を封印している。今回はジャパニーズホラーを代表する2大スター(?)を描くということで、正統的なホラーに挑んでいる。

と、思っていた。ラスト10分までは。そもそも『貞子vs伽椰子』は、ふざけ半分でエイプリルフール用に立てられた、その場限りの企画だった。それを映画化するという時点で、正統的なホラーなんて誰も期待していない。貞子と伽椰子がどんなバトルを繰り広げてくれるのか。そこが肝だ。

だが、その肝である貞子と伽椰子が、監督の手に負えないほど暴走するのだ。この2人を対決させたのは成功か失敗か、それは観た人によって意見が分かれると思う。

誰も望んでいなかったが、やっぱり気になる最恐バトル

物語は、「呪いのビデオ」と「呪いの家」によって呪われてしまった人達をジワジワと追い詰めながら進んでいく。ホラーに必要不可欠な「タメ」を随所に散りばめ、不穏な音楽も用いて恐怖心を煽る。女性霊媒師が意味不明な除霊をしたり、女子高生が深夜に一人で廃屋を探索したりと、「ありえないだろ!」とツッコミたくなるような場面もあるものの、しばらくは日本独特のホラーを楽しませてくれる。

問題は、貞子と伽椰子の対決だ。ここはもう、賛否両論覚悟だろう。呪いの力を持つ両者が、なぜかハリウッド映画ばりのアクションバトルを披露するのだ。そしてラストのあの結果には、ほとんどの人が納得しないだろう。いや、ホラー映画ファンは喜ぶかもしれない。

他の人にはオススメしづらいが、観客を楽しませようとする監督の、その迷いのなさは清々しくてまた観たいと思わせるパワーを持っている。あと5年くらいは遠慮しておくが。

貞子vs伽椰子 感想まとめ

手に汗握るバトル!・・・というほどでもなかったが、あの貞子と伽椰子が対決する場面は、やはり興奮した。

それから、凄腕霊媒師の常盤経蔵を演じた安藤政信が男前だった。殺された人達を前にして平然と貞子を挑発するあたりなんて、つい「兄貴!」と呼びたくなるほど格好良かった。

そしてホラー映画お決まりの入浴シーンのサービスも忘れていない。山本美月がシャワーを浴びる姿があるだけでも、この映画を観る価値があるだろう。

そんな、男の子の好きなものが詰まった今作。興味本位で挑戦してみるのもありだろう。

Amazon 映画『貞子vs伽椰子』の商品を見てみる