『最強のふたり』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

ノンフィクションのフランス映画。監督・脚本共にエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュ。フランスでの歴代観客動員数3位フランス映画のみの歴代観客動員数2位。日本で公開されたフランス語映画の中では歴代1位である。

あらすじ

最強のふたり』のあらすじを説明します。

ドリスというスラム街出身の黒人青年がいた。ドリスは無職であり、不採用の証明書でもらえる失業手当が目当てで職探しの面接を紹介され、フィリップ邸の介護職の仕事を受ける事になる。面接ではみな形にはまった毅然とした態度でこなしていく。候補者はみな病人として扱うのでフィリップは雇う気にならなかった。しかし、ドリスだけは目的が違いフィリップの気難しい性格が災いして周囲の反対を押し切りドリスに一か月の試用期間を与える。ドリスは友人に身辺調査された結果、前科がある事も。周囲はフィリップを心配していた。頸髄損傷で首から下が麻痺した富豪と、看護や介護の資格もない無職の彼との介護生活が始まる。
始めは介護がろくに出来ないドリスはフィリップを放置して危ない目に合わせてしまう事が多々あった。しかも二人は現在の状況だけでなく様々な世界観が違い、衝突を繰り返した。音楽に服装、年齢や人種、会話のズレ…。しかし、お互い共通している事があった。本音を通して生きる姿勢が一緒だった。それはお互いにすごく親しくなるきっかけとなっていき次第に二人は心を打ち明け始める。フィリップには半年ほど文通している親しい女性がいた。その女性とは文通以上の関係を望んで居なかったがドリスの性格が災いしたのか幸いしたのか、無理やり関係を進めさせられる事になる。フィリップは頸髄の損傷から自身を失っておりこのアクションが後々にフィリップ自身の運命を変えていく事になる。
果たして、フィリップの結末は…。笑いあり涙ありの二人の関係が始まった。

評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★☆☆☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2012年9月1日
  • 上映時間:113分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
  • キャスト:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『最強のふたり』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

なぜドリスを雇ったのか

面接にきたドリスは他の候補者より世間一般的に見て欠けている要素ばかりです。人種や資格、常識など…。更には、面接でフィリップを罵る様な事も言います。
 ではなぜ敢えてフィリップはドリスを雇ったのか?
これは、映画だからではなく現状の日本の就職活動でも言える事だと思うんですよね。テンプレート的な発言でその人を知る事は出来ないと思うんです。相手の魅力を知るためにはありのままの自分を表現できる素直さが大事だと思うんです。ただ、企業側にその人材を受け入れる器がないと無意味ですけどね…。そこに、フィリップの器が伴った。且つ、フィリップが内心で求めていた「一、人間としての触れ合い」に届いたのだと思います。
 大事な場面で素直にというのはなかなか出来そうで出来ないですからね。

冒頭にあった車での二人のシーンを出した意義

これはなかなかの伏線。だって、ドリスとフィリップが車内で親しげにしているシーンを出したら後にドリスが雇われる事のネタバレになりますからね。
最初にこのシーンを挙げた事によって、中盤でドリスが仕事を辞める事になる以降の伏線が良く仕上がったと思う。映画って中だるみしやすいけど結果として中盤を飽きさせず展開出来たのかなと…。
離職後にどのような展開でまた二人が繋がるのか?と見入ってしまう。
その中盤をドリスのいない「ドリスが来る前のフィリップ」を描いたかのような私生活で繋いだ事は作り手の上手さに舌を巻いた。

まとめ

フランスのノンフィクション映画。俳優を知らないから入り込めないとは思わず観てほしいと思う。マイナーな俳優だけど演技力高いです。フィリップとドリス。二人の演技はそれこそ自然体で描かれてて見る者を引き込むことが出来てました。ストーリーの流れが非常に分かりやすく、冒頭でドリスとフィリップが車で外出するシーンからラストシーンまで鑑賞者視点で飽きずにストーリー展開します。ドキュメンタリー映画に近しい要素があるが、この作品自体が自作で作られたドキュメンタリーを映画化したものであり、他のノンフィクション作品より一歩現実感を味わえると思います。
映画と実話の相違点は多少あるが映画製作上の都合と割り切れる程度の差異です。(介護期間の短縮化とドリスの生活環境を伝えやすくする黒人青年という設定など。)
 感想はシンプルに楽しめました。障害者をテーマに扱うより、笑いを軸に扱っている作品ととって頂けるなら…。コンプレックスを抱えている二人が自然と絡み合い、その結果お互いのいいところが明確にくみ取れる作品。貴重な出会いは大切にするべきだと思いました。

Amazon 映画『最強のふたり』の商品を見てみる