映画『ソルト』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ソルト」のネタバレあらすじ結末

ソルトの概要:アンジェリーナ・ジョリー主演の本格サスペンス・アクション映画。アクションだけでなく、身を隠すにともない、劇中で何度も外見を変えるアンジェリーナ・ジョリーの新しい魅力も楽しめる。

ソルトの作品概要

ソルト

公開日:2010年
上映時間:100分
ジャンル:サスペンス、アクション
監督:フィリップ・ノイス
キャスト:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー etc

ソルトの登場人物(キャスト)

イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)
CIAに所属するスパイ。記憶が封印されているため本人も忘れているが、元々はロシアのスパイであるダブルスパイ。
オレグ・ワシリエヴィッチ・オルロフ(ダニエル・オルブリフスキー)
ロシア側のスパイ養成に関わる重要人物。今回の事のきっかけを作った。
マイケル・クラウス(アウグスト・ディール)
ソルトの旦那で研究者。ソルトがスパイと分かった上で彼女と結婚、彼女の心の拠り所となっている。

ソルトのネタバレあらすじ

映画『ソルト』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ソルトのあらすじ【起】

ソルトはCIAに所属するエージェント、すなわちスパイでした。彼女はスパイ容疑の為北朝鮮に拉致され、拷問を受けていました。しかし彼女は人道から外れた拷問を受けてなお、「自分はスパイではない」と決して口を割りません。

その頃アメリカでは彼女を助けようと、彼女の上司と彼女に恋をしていた蜘蛛を研究している学者、マイケルがソルト救出のため奔走します。彼らの努力は何とか実り、ソルトは北朝鮮から解放されることとなりました。ソルトは自分を助けてくれたマイケルには誠実でありたいと、本当に自分はスパイである、と告白しますが、それでもマイケルの気持ちは変わりません。

2人は結ばれ、2年の時が経過しました。ソルトが依然勤務するCIAに、『亡命者』を自称するロシア人が訪ねてきました。彼の話を聴取する上で、CIAは嘘発見器としてMRIを彼の頭に取り付けます。そして幾つか簡単な質問をした上でその効果を確認したところで、話は本題に入って行くのでした。

ソルトのあらすじ【承】

そしてその亡命者、オルロフは昔話を始めます。かつて冷戦時代のロシアに生を受けた1人の少女がいました。彼女は幼少期高熱で死んだ事になっていましたが、実はソ連のスパイ養成組織に引き取られていました。彼女は破壊や暗殺の為の教育を何年も受けたのち、スパイとしてアメリカに潜入したと言います。そしてその娘、ナンバーKA12は、ソルトという名前であると告げます。

その間、オルロフに接続している嘘発見器は一度も反応を示しませんでした。一斉にソルトにダブルスパイの容疑がかかり、彼女には監視の目が付きます。彼女はそれを否定しますが、その矢先、オルロフがCIAから逃亡してしまいます。自分の夫に手が伸びるのではないかと危惧したソルトは、自分も急いでオルロフの後を追います。

自宅に帰ったソルトでしたが、そこにはマイケルの姿はありません。しかし食べかけのパンがそのまま放置されており、ソルトはマイケルが拉致された事を確信、彼を救出する為に動き出すのでした。

ソルトのあらすじ【転】

一度CIAから逃亡してしまった今、再びCIAに捕らえられた場合マイケルを探すことが不可能になると判断したソルトは、CIAの執拗な追っ手から逃げ続けます。そのソルトの行動で、CIAはソルトがダブルスパイであるという疑念をより濃いものとするのでした。

夫を探す一方で、ソルトは自分の過去についても調べ始めます。するとオルロフの供述通り、ソルトはレスラーとチェスの名手の間に生まれた子供であるという事が発覚しました。マイケルを攫ったのがオルロフであると確信しているソルトは、オルロフの信頼を得るべく、近く動き出します。そして、オルロフと話しているうちに、ソルトの眠っていた記憶が呼び起こされます。

彼女は本当にオルロフのいう通りロシアからのダブルスパイで、記憶が封印されていた為今迄その事を忘れていたのでした。記憶を取り戻したソルトは、オルロフの言う通りに動くはずでした。しかしオルロフにとって誤算だったのはマイケルの存在です。今のソルトにとっては、任務よりもマイケルの方が大事だったのです。オルロフはマイケルを疎ましく思い、ソルトの前で彼を殺してしまいます。

ソルトのあらすじ【結】

夫を殺された事で燃えるような怒りと恨みに駆られるソルトでしたが、その感情を表面には出しませんでした。この場で怒りに身をまかせてしまうと、この後自分が行動しにくいと判断したからです。

そして夫の死を表面上は何事もなくやり過ごしたソルトは、オルロフに受け入れられ、船内にいた12名の仲間に紹介されます。それらは全員、彼女と同様ダブルスパイやそれに関係する重要人物でした。そしてとうとうその場でオルロフの怒りが解き放たれ、その場の全員を殺害せしめます。そしてこの場の人間だけではなく、夫を殺す間接的な原因にもなった、スパイ養成組織の人間も全て殺す事を誓います。

しかしその復讐の途中、ソルトはとうとうCIAに捕まってしまいます。しかし、その中にソルトの無実を信じていたかつての同僚、ピーボディは今回の事の顛末を知り、ソルトにかけられた手錠の鍵をそっと外します。そして、ソルトは全国に散らばるダブルスパイを抹殺し尽くすべく、夜の闇へと消えていったのでした。

Amazon 映画『ソルト』の商品を見てみる