映画『さんかく』のネタバレあらすじ結末

さんかくの概要:お姉ちゃんの大切な彼氏を中学生の妹が面白半分で誘惑し、姉カップルを破局に追い込むというベタな話を、吉田恵輔監督が秀悦な脚本と演出で興味深い人間ドラマに昇華させた。高岡蒼甫、田畑智子、小野恵令奈のキャスティングも絶妙。

さんかくの作品概要

さんかく

公開日:2010年
上映時間:99分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:吉田恵輔
キャスト:高岡蒼甫、小野恵令奈、田畑智子、矢沢心 etc

さんかくの登場人物(キャスト)

百瀬(高岡蒼甫)
釣具店に勤務する30歳。趣味は車。バックドアに自画像を施したかなりイタい愛車に大金をつぎ込んでいる。悪い人間ではないが賢くはない。
佳代(田畑智子)
百瀬と同棲中の29歳。化粧品売り場で働いている。男に夢中になる少々面倒くさいタイプの女。百瀬のバカさ加減も大好きでひたすら尽くす。
桃(小野恵令奈)
佳代の妹。中学3年生。無邪気な子供のふりをした小悪魔系。母親代わりの姉に甘えきっている。姉への憧れもあるのか、姉の所有物に興味津々。

さんかくのネタバレあらすじ

映画『さんかく』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

さんかくのあらすじ【起】

同棲して2年になる百瀬と佳代のカップルは、佳代の親友から怪しげな栄養ドリンクを販売するマルチ商法に勧誘されていた。百瀬は全く相手にしないが佳代は真剣で、親友に対して失礼な態度をとった百瀬を責める。2人は少々けん怠期気味だった。

そんな夏、佳代の妹の桃が夏休みを東京で過ごすため田舎から出てくる。桃は年の離れた姉の佳代に甘えきっており、百瀬に対しても遠慮がない。佳代はそんな妹をたしなめるが、桃は平気だった。

桃の目的は東京へ引っ越した片思い中の先輩に会うことだった。桃は“東京へ来たらいつでも連絡して”という先輩の言葉を真に受けていたが、先輩には彼女がいて全く相手にしてもらえない。

先輩から振られてしまい、東京ですることがなくなった桃は百瀬に興味を示す。単純な百瀬は自分を褒めてくれ、つまらない話にも付き合ってくれる桃が可愛くなる。桃は姉の彼氏を誘惑するというスリルを楽しみ始める。

さんかくのあらすじ【承】

わがままな桃に振り回され、佳代はイライラしていた。些細なことで怒り出す佳代を見て、桃は百瀬の耳元で“ヒステリックは嫌だね”と囁く。百瀬はそんな桃にドキドキする。

桃の行動はさらにエスカレートしていき、百瀬は15歳の桃に女を感じ始める。そんなある日、桃が友達の家に泊まることになり、佳代は百瀬にキスをせがむ。しかし百瀬は面倒くさそうで、佳代はその態度に傷つく。とにかく佳代は百瀬にかまって欲しくてしょうがなかったが、百瀬はそんな佳代が煩わしかった。

桃が明日帰るという日。百瀬は思わず桃を抱きしめてしまう。佳代が帰宅してその場はそれで終わるが、夜中に百瀬と桃はついにキスをする。百瀬は桃に夢中だった。しかし翌日桃は帰っていく。百瀬は佳代に内緒で桃の携帯に電話をし始める。

ある晩、桃を悪く言う佳代を百瀬がなじったことで2人は喧嘩になる。いじけて“別れる”と言ってみた佳代は、百瀬に本気の別れ話をされて焦る。佳代はすぐに謝るが、百瀬は家を出てしまう。百瀬は“佳代とは別れたけど桃ちゃんとの関係は壊したくない”と桃に報告していた。

さんかくのあらすじ【転】

百瀬は職場の後輩のアパートに転がり込む。佳代は何度電話しても出てくれない百瀬を追いかけて、百瀬の職場にまでやってくる。そして桃は百瀬からの電話に出なくなる。それでも百瀬は自分が拒否されていることに気づかず、留守電にメッセージを入れ続ける。

百瀬は完全に佳代と別れるつもりでアパートを借りる。佳代をマルチ商法に引っ張り込んだ親友は“強引なことをしてでも頑張れ”と無責任なアドバイスをし、素直な佳代はそれを実行する。

佳代は自分のコントロールが効かなくなり、完全にストーカーと化す。勝手に百瀬のアパートの合鍵を作ったり、留守に上がり込んで家事をしたりと、佳代の行動はエスカレートしていく。怖くなった百瀬は隠しカメラで留守中の室内を撮影し、佳代が出入りしている証拠をつかむ。桃は相変わらず電話に出なかった。

百瀬は佳代にこれ以上つきまとうなら警察に訴えると忠告する。そこから百瀬は変な嫌がらせを受け、窓から石を投げ込まれて怪我をする。それは自分ではないと佳代は主張するが、警察から百瀬に近づかないよう警告を受ける。佳代の心はボロボロになっていた。ちなみに嫌がらせは百瀬にいじめられていた後輩の仕業だった。

さんかくのあらすじ【結】

佳代は百瀬のアパートの下で手首を切って自殺を図る。佳代を病院へ連れて行った百瀬は、警察に佳代を罪に問わないでほしいと申し出る。百瀬もさすがに佳代が哀れになっていた。退院後、佳代は百瀬と暮らした部屋を引き払い、姿を消す。

一方、百瀬も桃と連絡がつかないことに業を煮やし、車を飛ばして桃の実家まで押しかける。同級生らしき彼氏と帰ってきた桃は、百瀬を見て明らかに引いていた。百瀬がキスした理由を問い詰めても、桃は“子供だからわからない”で押し通す。百瀬は桃の彼氏にストーカー呼ばわりされて殴られ、屈辱的な思いをする。

実家へ帰っていた佳代は、桃に振られて呆然としている百瀬と再会する。自分を心から心配してくれる佳代の優しさに触れ、百瀬は己のバカさ加減を深く後悔する。帰り際、百瀬は佳代にやり直したいと言いかけるが、そこへ桃の彼氏が“これ以上桃に近づいたら殺す”と言いにくる。佳代は状況を飲み込めず、気まずくなった百瀬は帰っていく。

その日の夜、百瀬のことをバカにした桃を佳代は殴る。翌朝、ゴミ出しに出た姉妹は家の前に百瀬がいるのを見る。百瀬は佳代に何か言いたげだったが、横に桃がいるので切り出せない。そんな百瀬を見て佳代はフッと微笑む。

さんかくの解説・レビュー

巧みな人物配置

吉田恵輔監督作品のほとんどの作品において言えることとして、物語を動かす主要な人物の中に必ずと言っていいほど10代の女の子がいるということが挙げられる。

このことについて吉田監督は、 10代と言う多感な時期の女の子を描くことでその心情や心の機微をリミットに切り取り、物語の推進力にすることができるという旨のことを語っている。本作においても小野恵令奈が演じる妹の桃は、百瀬にとってファムファタールと言っていいような存在である。桃自身には自分の魅力を振りまいているという自覚がないままに百瀬を巻き込んでしまうというのも、10代と言う設定ならではである。

もちろん、そういったファムファタールと愚かな男のボーイミーツガールモノとして描くだけでも充分に面白い作品になりうるのだが、吉田監督の演出力が秀逸なのは、そこに佳代と言う女性を入れ込んだと言うことにある。これによって物語に新たな軸が生まれ、実際本作では佳代がドンドンと狂気の世界へ身を落としていく様がある種ホラー的ともいえる演出で描かれている。

セリフで多くを語らない

吉田恵輔監督作品において評価するべきもう一つのポイントは、人々の心情の揺れ動きを演出や、心情吐露とは全く関係のないセリフに託して表現しているということである。これにより観客はそれぞれの登場人物は何を考えているのか、何に悩んでいるのかということについて自ら能動的に考えざるをえなくなる。一旦この構造に観客を引き込んでしまえば、 観客が主体的に物語の細部を汲み取って映画を見るようになる。そういう意味において映画内での興味の持続がきちんと図られているのだ。もちろんであるが、観客の視線が鋭くなると言う事はそれだけ細部の表現にも気を配らねばならないということでもある。 だがそういった観客の視線にも充分に耐えうる作品作りを非常に高いレベルで毎回行っているのが吉田恵輔監督なのである。

さんかくの感想まとめ

アイドル映画と呼ばれる映画がどういった映画なのかという定義には議論の余地があるが、狭義のアイドル映画と言う意味において本作は非常に優秀な作品である。狭義のアイドル映画というのは、そこに出演しているアイドル的人気を誇る女優の一瞬の煌きをカメラに収めた映画ということにしておく。奇しくも先日芸能界を引退してしまった小野恵令奈であるが、この作品においては小野恵令奈が持っている女性としての柔和な魅力が溢れている。

女優が持っているその瞬間の可愛らしさや煌きをビビットに切り取り、高度に物語を紡ぐと言う意味においては吉田恵輔監督の作風はかつての角川映画のそれに共通するものがあると言ってもいいだろう。こういった作品が邦画においても増えてくれることを望んでならない。

Amazon 映画『さんかく』の商品を見てみる