映画『サラの鍵』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「サラの鍵」のネタバレあらすじ結末

サラの鍵の概要:1940年代、大戦下のパリ。ユダヤ人であるサラの一家は、警察に逮捕される。幼い弟は納戸に残されたまま。現代のパリでは、記者のジュリアがサラの消息を追っていた。過去の女性と現代の女性が不思議な縁で繋がり、一つの真実に行き着くまでの物語。

サラの鍵の作品概要

サラの鍵

公開日:2010年
上映時間:111分
ジャンル:ヒューマンドラマ、歴史
監督:ジル・パケ=ブランネール
キャスト:クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン etc

サラの鍵の登場人物(キャスト)

ジュリア・ジャーモンド(クリスティン・スコット・トーマス)
記者の女性。夫と十代の娘の三人暮らし。2009年、リフォーム中のアパートの過去を知って、サラという少女に関心を持つ。サラの消息を調べるうち、自身の人生にも影響が及んでいく。
サラ・スタジンスキ(少女:メリシューヌ・マイヤンス / 大人:シャルロッテ・ポートレル)
ユダヤ人少女。パリのマレ地区のアパートに住んでいた。1942年ごろ、市警に家族と共に逮捕される。弟ミシェルを独りにしたことを後悔し、納戸の鍵を生涯持ち続ける。途中で収容所から脱走し、迫害の傷を負って生きていく。
スタジンスキ夫妻(夫:アーベン・バイラクタライ / 妻:ナターシャ・マシュケビッチ)
サラの両親。子どもも含め市警に逮捕され、収容所へ連行される。末子のミシェルを置いてきたことを悔やみ、それを実行したサラを厳しく責める。一家は強制収容所にて引き離され、永遠に別れる。
デュフォール夫妻(夫:ニエル・アレストリュプ / 妻:ドミニク・フロ)
収容所から脱走したサラを助けた老夫婦。身寄りのないサラを引き取り、養子として育てる。
ベルトラン・テザック(フレデリック・ピエロ)
ジュリアの夫で実業家。愛妻家で夫婦仲は良好だったが、サラの調査やジュリアの高齢妊娠を知って、心が離れていく。
エドゥアルド・テザック(ミシェル・デュショソワ)
ベルトランの父で、ジュリアの義父。自身の母は老齢のため、老人医療施設に入居している。サラとある縁で結ばれている。
ウィリアム・レインズファード(エイダン・クイン)
サラがアメリカで出会った夫・リチャードとの間に儲けた息子。サラの過去を知らないまま、9歳の時、母を事故で失う。アメリカで育ったが、現在はイタリアで料理家として生活している。

サラの鍵のネタバレあらすじ

映画『サラの鍵』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

サラの鍵のあらすじ【起】

1942年7月16日。フランス・パリのマレ地区。市警に連行される直前、サラは弟ミシェルを納戸に隠し、出てこないよう言い聞かせる。訝しがる警察に、サラは、弟は療養のために遠くへ行っていると嘘をつく。そして、納戸の鍵を持ったまま、母と共に逮捕される。

2009年のパリ。ジュリアは家族と共に、マレ地区のあるアパートを下見していた。夫ベルトランの祖父母がかつて住んでいた部屋で、物件ごと買い取ったのだった。ジュリアの職業は記者で、フランスのユダヤ人迫害に関する記事を過去に書いていた。そして、歴史的に知られていない「ヴェルディヴ」という収容所に関心を持ち、調査を始める。

パリで逮捕されたユダヤ人たちは、市内の屋内競輪場―ヴェルディヴに収容されていた。そこはトイレもなく、日常的に人が殺されるという異様な光景が見られた。サラは残してきた弟が気にかかり、両親もサラのしたことを強く非難した。しばらく滞在した後、スタンジスキ一家は強制収容所行きの貨車に乗せられる。車中で出会った老人は、自害用の毒入りの指輪を着けていた。サラの心に、それが強烈に刻まれた。

2009年。ジュリアは、ヴェルティヴの調査をする一方、自身の妊娠に気付く。愛する夫にその事実を知らせるが、ベルトランはこれ以上の育児の負担はごめんだと言った。

サラの鍵のあらすじ【承】

強制の一歩手前、臨時収容所に連行されたサラ。父とは引き離され、自身が対象区分ではないことから、母を「先に」連れて行かれてしまう。体調を崩したサラは卒倒する。しかし、その手には納戸の鍵がしっかり握られていた。

ジュリアはホロコーストの研究者を訪ねる。マレ地区がユダヤ人居住区だったことを知り、アパートには祖父母の前に誰が住んでいたのか知りたがる。研究者の分析によって、四人家族―サラの一家が暮らしていたことが判明する。

目を覚ましたサラは、一人の少女と出会う。サラは、収容所から逃亡しようと、彼女に提案する。二人は頃合いを見て脱出を図るが、警官ジャックに阻止されてしまう。ジャックは何かとサラと接触し、彼女に心が揺れていた。弟の話を聞くと、ジャックは鉄条項の網を開けて、サラたちを逃がした。

ジュリアはサラの消息を追い始める。しかし、アパートの前持主であるテザックからの連絡は拒んでいた。

一目散に逃げ、サラたちは小さな村にたどり着く。友達は体調を崩し、サラは老夫婦の家に助けを求める。老人―デュフォール氏は最初二人を拒むが、受け入れる。ほっとするのも束の間、友達の体調は悪化し、感染症によって命を落としてしまう。デュフォール夫人は独りぼっちのサラを憐れみ、養子として引き取る。

サラの鍵のあらすじ【転】

予想通り、ジュリアは義父のテザック氏から、アパートの過去を嗅ぎ回らないよう止められる。しかし、ジュリアがサラの話をした途端、テザック氏は目を泳がせる。テザック氏は少年の頃、ミシェルを求めて家に来たサラに会っていた。

サラがデュフォール夫妻とマレ地区に来た時、アパートにはテザック一家が越して来ていた。テザック少年を押し切り、サラは納戸のある部屋へ急ぐ。納戸の扉を開けた時、サラが目にしたのは弟の腐敗した遺体だった。

ジュリアは、銀行の貸金庫からサラの身辺書類を入手する。その中には、テザック氏の父親宛に、デュフォール氏からの手紙があった。テザック氏の父親は、スタンジスキ一家の存在を秘密にする一方、デュフォール家に支援金を送り続けていた。手紙には、成長したサラはいつも「遠い国」を求めていて掴めない、と書いてあった。

ベルトランから強い反対を受け、ミシェルは堕胎手術を受けることにした。後悔の念に苛まれる中、デュフォール氏のひ孫を名乗る女性から、連絡が入る。ミシェルは手術を中断してその女性に会いに行く。ひ孫曰く、1953年に、サラはデュフォール家から突然姿を消した。その2年後、アメリカ・ブルックリンで「リチャード・レインズファード」という男性と結婚したという。

ジュリアはアメリカに渡る。現地に暮らす姉に手伝ってもらって、ブルックリン市内の「レインズファード」を訪ね歩く。サラと思しき女性の家に行き着くが、それはリチャードの後妻だった。1966年、サラは当時9歳になる息子ウィリアムを残して、事故死―自殺していた。そのウィリアムは、現在イタリアで生活しているという。

サラの鍵のあらすじ【結】

ジュリアは、イタリアに渡ってウィリアムと対面する。何と、ウィリアムはサラの少女時代を知らなかった。ジュリアがサラの子どもの頃の写真を見せると、彼は「母はユダヤ人ではない」と否定する。そして、ジュリアにこれ以上踏み込んで来ないようきつく言った。

パリに戻ったジュリアは、ベルトランに子どもを産むつもりだと話す。ベルトランはマレ地区のアパートを売る予定だと話し、夫婦の心の距離はすっかり離れてしまっていた。

ウィリアムはアメリカのリチャードを見舞っていた。リチャードは重篤な状態にあるものの、サラとの思い出は鮮明に記憶していた。サラとはダンスホールで知り合い、リチャードは彼女の美貌に惹かれ、同時に秘められた悲しみも見抜く。サラを癒そうと努力していたが、妻は晩年に調子を崩してしまった。初めて母の過去を聞いたウィリアムは、父からサラの日記を受け取る。そこには、納戸の鍵が挟まれてあった。

2年後。ジュリアはベルトランと離婚し、娘を連れてアメリカに移住していた。女の子を産み、彼女にサラと名付けた。ある日、アメリカに来たとウィリアムから連絡が入り、ジュリアはサラを連れて会う。ウィリアムは2年の間、デュフォール家を訪ねていた。ジュリアとウィリアムは和解し、小さなサラの背中を見つめる。小さな命には、大きな希望が宿っていた。

Amazon 映画『サラの鍵』の商品を見てみる