映画『細雪(1983)』あらすじネタバレ結末と感想

細雪(1983)の概要:船場の暖簾問屋で育った四姉妹がそれぞれに人生の岐路を迎えた約1年の日々を描く。谷崎潤一郎の同名小説を市川崑監督が映画化。独特の船場言葉で互いを呼び合う四姉妹を豪華女優陣が演じた。1983年公開。

細雪 あらすじネタバレ

細雪
映画『細雪(1983)』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

細雪 あらすじ【起・承】

昭和13年、春。大阪の船場で老舗の暖簾問屋だった蒔岡家の四姉妹は今年もいつものように花見をするため京都の料亭に集まっていた。

本家を守る長女の鶴子(岸恵子)は婿養子で銀行員の辰雄(伊丹十三)と子供たちと、上本町の屋敷で暮らしている。船場の店家屋は先代の父が残した借金のために手放し、本家は上本町に移っていた。

次女の幸子(佐久間良子)は同じく婿養子で百貨店に勤務する貞之助(石坂浩二)と娘の悦子と、芦屋にある分家で暮らしている。まだ独身の三女・雪子(吉永小百合)と四女・妙子(古手川祐子)も分家の方で預かっていた。しかし2人の生活費は蒔岡の財産管理をしている本家の方から出ていた。

花見の席で鶴子と幸子は雪子の縁談のことで喧嘩をする。さらに最近人形作りを始めた妙子が自分の財産を渡して欲しいと鶴子に頼み、本家と分家の立場の違いで鶴子と幸子はぶつかる。それでも姉妹はいつも最後には仲直りをするのだった。

鶴子と幸子にとって妹2人のことは心配の種だった。姉妹の中で一番器量良しでおとなしい雪子には男を惹きつける独特の魅力があり、辰雄や貞之助も雪子に対して特別の感情を持っているようだった。それもあって雪子には早く結婚して欲しいのだが、本人は何度見合いをしても結婚を決めようとしない。すでに雪子は30歳になっていた。

周囲が雪子のことばかり心配するのを妙子は不服に感じており、姉や義兄に反抗的だった。5年前には船場の貴金属商店のぼんぼんである奥畑と駆け落ち騒ぎを起こし新聞沙汰となり、それがきっかけで妙子と雪子は本家から分家へ居を移したのだった。妙子は今も奥畑と切れておらず、さらに板倉という駆け出しの写真家とも付き合っていた。

紅葉の季節。妹2人を預かる幸子と貞之助は、雪子の縁談と妙子の監督に翻弄され続けていた。そんな時、辰雄に東京転勤の辞令が下りる。丸ノ内支店の支店長となる栄転であったが、大阪を出たことのない鶴子は喜ぶどころか大反対し、辰雄を困らせる。

細雪 あらすじ【転・結】

妙子の恋人であった板倉が中耳炎を拗らせて急死してしまい、それからの妙子はますます荒んでいく。奥畑は妙子に捨てられ、さらに放蕩三昧な生活態度と店の商品を勝手に持ち出していたことで勘当されてしまう。今の妙子は三好というバーテンダーに入れ込み、三好のバーに通いつめていた。そんな妙子を奥畑はしつこく追いかける。

父母の法事の席で辰雄の転勤の話と雪子と妙子のことが問題になる。蒔岡の家にこだわる叔母は、辰雄が転勤を断れないにしても雪子と妙子は本家に戻るのが筋であると説教をする。妙子は叔母と衝突し、本家に戻るくらいなら死んだほうがマシだと言い出す。

雪子は東谷という華族出身の男と見合いをする。家柄も人柄も申し分のない東谷を雪子も気に入り、縁談は順調に進んでいた。ところが妙子が家出をして三好のところへ行ってしまい、分家はそのことで奥畑から金をゆすられる。奥畑のことは金でカタをつけるが、東谷が妙子のことをどう思うか、幸子たちはそれを心配していた。

暮れも押し迫った頃。幸子と雪子は本家に呼ばれる。鶴子は蔵で道具類の整理をしながら、辰雄と一緒に東京へ行く決心をしたと話す。強い絆で結ばれている姉妹は涙を流して互いの苦労をねぎらい合う。

雪子は東谷が妙子のことを理解してくれ2人の関係は順調であることを報告する。妙子も三好との慎ましい暮らしの中で自分なりの幸せを見つけており、姉妹はそれぞれ前向きな方向で変化をしていた。

鶴子たちが東京へ行く日。雪のちらつく大阪駅には貞之助と雪子と東谷が見送りに来ていた。幸子は別れが辛いからと見送りには来ず、妙子の借家を訪れていた。汽車が出発し、涙を流して鶴子たちを見送る雪子の肩を東谷がそっと抱く。貞之助は複雑な面持ちでそんな2人の後ろ姿を見ていた。

小さな料理屋の2階で、貞之助は昼間から盃を重ねる。嫁に行く雪子を想い、貞之助はやけ酒を飲みながら泣いていた。

細雪 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1983年
  • 上映時間:140分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー
  • 監督:市川崑
  • キャスト:岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子 etc

細雪 批評・レビュー

映画『細雪(1983)』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

船場言葉の難しさ

市川崑監督は船場の暖簾を守る一族の繁栄と没落を描いた「ぼんち(山崎豊子原作)」も映画化しており、これは素晴らしい完成度だった。1960年公開の古い映画だが、船場という独特の世界で生きる人々が格調高く生き生きと描かれた名作である。

それもあってこの「細雪」で船場育ちの四姉妹がどのように描かれるのか、非常に興味があった。市川監督らしいこだわりの演出が随所に見られ、普通に楽しめる作品には仕上がっている。しかし、何度も繰り返し見たくなるような強い魅力は感じられなかった。

そう感じてしまう一番の理由は、キャスト陣の船場言葉が中途半端だったこと。船場で使われる独特の言い回しは、うまく再現されると耳に気持ちの良い響きがある。それがこの作品からは聞こえてこない。

脚本の問題か、役者の技量の問題か微妙なところであるが、これはかなり致命的な残念要素だ。むしろそこさえ完璧であれば、評価は格段に上がっていたのにと思う。

四姉妹それぞれ、特に雪子

本作の話の主軸は雪子の縁談にある。

四女の妙子は恋人に死なれたり、元彼に追い回されたり、駆け落ちしたり、家出したりと忙しい。妙子は次々と問題を起こして姉や義兄を困らせてはいるが、本当に蒔岡家を振り回しているのは一番おとなしい雪子だというところがこの物語のミソである。

雪子という女は口数も少なく表情の変化も乏しいので腹の底が見えない。いい年をして電話に出られないほどの引っ込み思案なのに、言い出すと聞かない頑固な性格である。一番怖いのは、自分が辰雄や貞之助にまで特別な目で見られていることに(多分)気づいていながら、涼しい顔をしているところだ。それが主な原因で、鶴子も幸子も雪子に早く嫁に行って欲しいと願っている。雪子に(多分)悪気がないだけに、余計悩ましい。

鶴子、幸子、妙子の3人がわかりやすい人たちなので、この雪子の存在がとても不気味だ。冷静で理知的な貞之助がやけ酒をあおって泣くほど雪子に惚れていたことからも、彼女の魔性ぶりが伺える。やはり何でも喋ってしまう女より、謎の多い女の方が男を惹きつけるのだろう。女から見て目障りな女ほど、男にはモテるの法則だ。

細雪 感想まとめ

期待値が高すぎた。決してつまらないわけではないが、思っていたほど深い内容でもなく心に残るものがあまりない。

船場育ちの四姉妹にしては岸恵子も佐久間良子も吉永小百合も古手川祐子も個性に欠ける。つまり毒がなさすぎる。おかしな言い方かもしれないがきれいすぎるのだ。いろいろと。だから映像全体に迫力がない。ミスキャストでもないのだろうけど、もう少し手ごたえのある芝居合戦が見たかった。

とはいえ、この作品をストレートにいいと感じる人も多いはず。しっかりした良作であることは言うまでもないし、映像や衣装も美しい。ただ、名作とまでは思えない。それが正直な感想だ。

Amazon 映画『細雪(1983)』の商品を見てみる