映画『さすらい(1975)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「さすらい(1975)」のネタバレあらすじ結末

さすらい(1975)の概要:美しいモノクロの風景の中で自由気ままに放浪する男と、妻と離婚し人生に不安を抱えた男が旅をする。ジム・ジャームッシュ監督が贈るロードムービー三部作の集大成。

さすらいの作品概要

さすらい

公開日:1975年
上映時間:176分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ヴィム・ヴェンダース
キャスト:リュディガー・フォグラー、ハンス・ツィッシュラー、リサ・クロイツァー、ルドルフ・シュントラー etc

さすらいの登場人物(キャスト)

ブルーノ・ヴィンター(リュディガー・フォーグラー)
街を周り、映写機の修理やフィルム運びを仕事にしている。移動続きのため、仕事道具でもある大型ワゴンに寝泊まりしている。野生的な風貌で、正確も穏やか。
ローベロト・ランダー(ハンス・ツィッシュラー)
妻と離婚し、偶然出会ったブルーノと共に旅をする。父親の母親対する態度などに批判的である。
パウリーネ(リザ・クロイツァー)
小さな街の映画館で受付嬢をしている。遊園地で出会ったブルーノに惹かれていく。

さすらいのネタバレあらすじ

映画『さすらい(1975)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

さすらいのあらすじ【起】

ブルーノ・ヴィンターは、街の映画館を周りながら映写機を修理したり、フィルムを運んだりする仕事をしている。それ故、彼の家は仕事にも使う大型ワゴンの中だった。

川沿いに駐車していたブルーノの横を猛スピードで川へと突っ込む一台の車。ブルーノは車から脱出してくる男の様子を興味津々の顔で見ている。川から上がってきたのはローベルト・ランダーと言う名前の男で、ブルーノは彼に服を差し出すとワゴンへ乗せて一緒に旅へと出る。

途中何度も小さな街に寄って仕事をするブルーノ。一方、ローベルトは街をぶらぶらと散策したり、退屈そうにしている。

シェーニンゲンの公民館で子供達に向け映画を上映する予定だったが、設備不良が原因で上映出来ないでいるブルーノ。先生も段々とイライラし始め困っていると、突然ローベルトがスクリーンの後ろからのライトを利用して影絵を始める。大きなスクリーンで繰り広げられる二人の影絵は、子供達を大いに喜ばせた。

さすらいのあらすじ【承】

その後も、幾つもの街を周りながら仕事をするブルーノとそれに付き添うローベルト。ローベルトは寄る街々で誰かに電話を掛けている。

車の中で語り合う二人。ローベルトは小児科医のような仕事をしていて、妻と別れたばかりだと言う。先程からの電話も、妻にかけていたのだ。

その夜、寂れた鉱山にワゴンを駐車したブルーノ。夜中に何かの物音に気づいたローベルトが建物の中に入っていくと、そこには立抗に石を投げている一人の男がいる。彼は血だらけのコートを着ている。これは妻のコートであって、妻とは些細な言い争いをし、挙句に車で木に激突して即死してしまったのだと言う。ローベルトはその夜、自分の寝台にその男を寝かせる。

翌日、三人は事故にあった車の回収業者を待っている。その間、ブルーノは近くの眺望台へと登る。車が回収されると昨夜の男はどこかへと去って行く。さらにローベルトは、父の家へ行くと言うメモをワゴンのフロントガラスへと置き、去って行くのだった。

さすらいのあらすじ【転】

父の職場へと訪れたローベルト。父は新聞を一人で発行していると言う。ローベルトに会えたことを喜んでいる父だが、ローベルトはそれを制止し、過去に父から受けたあらゆる酷い仕打ちや、母に対する仕打ちの事を語り出す。

遊園地を訪れたブルーノの前に、パウリーネという女性が現れる。ブルーノはパウリーネを映画に誘う。映画館で待つブルーノだったが、映画が始まっても現れないパウリーネ。受付嬢に話しかけると、そこにいたのはパウリーネだった。

一人で映画を見ていたブルーノは、ピントが合っていないことに気づいてパウリーネに頼み技師の元へと向かう。そこには怠慢な技師がおり、ブルーノが技師に代わってフィルムを流すのだった。終演後、ブルーノとパウリーネは誰もいない映画館で語り合う。

ブルーノは映画館でパウリーネと共に、ローベルトは印刷屋で父と共に一夜を過ごした。そしてブルーノはローベルトのいる印刷屋へと行く。ローベルトは、夜に自ら書き上げた父に対するメッセージを込めた記事を印刷し父に渡す。ブルーノが到着すると、ローベルトと父は抱き合いブルーノと共にワゴンへと戻って行く。

さすらいのあらすじ【結】

再び旅を共にし始めたブルーノとローベルトは、ブルーノの故郷へと寄り道をする。そこにいた知人のパウルからサイドカー付きのバイクを借りる。

川の辺りへとやってきた二人は、かつてブルーノが母親と住んでいた家を訪れる。そこにはすでに誰も住んでおらず、廃屋になっていた。その夜、ブルーノは家の中で、ローベルトは外で一夜を過ごす。いくつかの思い出の品を見つけ、二人は再びワゴンで走り始める。

東ドイツの国境まで来た二人は誰もいないことをいいことに、そこにある監視小屋へと忍び込む。そこでお酒を飲みながら語り合う二人。やがてローベルトはまた妻に電話をかけようとする。いつまでも未練たらしくしているその姿を見て、ブルーノはローベルトを非難する。ローベルトも、ブルーノの自由気ままな生活に対して皮肉を言い、二人は掴み合いの喧嘩をする。

翌朝、ローベルトはメモを残してブルーノのもとを去って行く。

閉館するという映画館で仕事をしているブルーノ。館長は映画の現状を嘆き、ブルーノに語って聞かせるのだった。映画館を出たブルーノは、再びワゴンへと戻るのだった。

Amazon 映画『さすらい(1975)』の商品を見てみる