映画『さすらいの用心棒(暁のガンマン)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「さすらいの用心棒(暁のガンマン)」のネタバレあらすじ結末

さすらいの用心棒(暁のガンマン)の概要:明るくて陽気なガンマンは、かつて所属した一味に追われていた。道中で出会った男を騙し、共に旅をすることに。ジュリアーノ・ジェンマが主演のコメディ色の強いマカロニウェスタン。

さすらいの用心棒(暁のガンマン)の作品概要

さすらいの用心棒(暁のガンマン)

公開日:1968年
上映時間:100分
ジャンル:アクション、西部劇
監督:ジュリオ・ペトローニ
キャスト:ジュリアーノ・ジェンマ、マリオ・アドルフ、フランコ・バルドゥッチ、フェデリコ・ボイド etc

さすらいの用心棒(暁のガンマン)の登場人物(キャスト)

ティム(ジュリアーノ・ジェンマ)
ロジャー一味に追われるガンマン。早撃ちの名手で、ビリー・ボーイという異名を持っていた。一味を抜ける際にボスの息子を殺し、一味に追われることになった。バーで出会ったハリーを騙してお金を盗もうとする。いつのまにか、二人で旅をすることになる。調子者だが、銃の腕は一流。
ハリー(マリオ・アドルフ)
父から引き継いだ牧場を建て直すためのお金をティムに盗まれる。資金を集めようティムに乗せられ、一緒に旅をすることになる。太っていて、素直で信じやすい性格。
ロジャー(フェデリコ・ボイド)
サミュエルの息子で、ティムを追うガンマン。何度も追い詰めるが、後一歩のところでティムを逃してしまう。
サミュエル(アンソニー・ドーソン)
ティムがいた一味のボス。ティムに息子を殺され、残った息子の一人であるロジャーにティムを殺すよう命ずる。最後にサミュエルがティムと戦い、負ける。極悪非道の悪党。

さすらいの用心棒(暁のガンマン)のネタバレあらすじ

映画『さすらいの用心棒(暁のガンマン)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

さすらいの用心棒(暁のガンマン)のあらすじ【起】

ガンマンのティムはある日、酒場で賭け事をやっているハリーに出会う。ハリーは相手に騙されているが気づかない。ティムは相手の汚い手口を暴き、ハリーに教える。ハリーは怒り狂い暴れ出し、酒場は騒然となってしまう。

そこを抜け出したティムとハリー。大金を持っていると言うハリーにティムは、銀行に預けるべきだと言う。その後、二人は人魚を見世物にする小屋へと遊びに行くのだった。

ティムの誘いでプエブロという町へとやって来たハリー。ハリーはティムに、この町の銀行にお金を預けるべきだと勧められていたのだ。町は異様に静かで、ハリーは少し違和感を感じるが、ティムに乗せられて早速銀行へと向かう。そこにいた受付の男に、3%の利息だと言われ、なすがままにハリーはそこでお金を換金して預けるのだった。

安心して町を去るハリー。忘れ物をして再び銀行へ戻るが、そこは、すでにもぬけの殻だった。ハリーはティムに騙されてお金を盗られてしまったのだった。

さすらいの用心棒(暁のガンマン)のあらすじ【承】

ある酒場にガンマンの集団であるロジャー一味が入って来る。ロジャーは必死にティムを探していたのだ。そこへハリーが入って来る。酒場のマスターはロジャーに、ハリーはティムの友人だと知らせる。ロジャーはハリーにティムのことを尋ねるが、ハリーもティムを探しているのだと訴えるのだった。

人魚のいる小屋を訪れたハリーは、そこでティムを発見する。ハリーはティムに殴りかかる。ティムは人魚の小屋に先行投資し、水槽などを買ってすでにお金は無いと言う。それを知ったハリーは怒り、小屋を壊してしまうのだった。

ハリーは父の遺言で、所有する牧場を立て直して欲しいと頼まれていた。それを聞いたティムは、資金集めだと言ってハリーを連れ出すのだった。

ある町で二人は電報局という看板を掲げて商売を始める。どこにでも電報を送ることができると吹聴し、町民達を騙して大金を騙し取るのだった。

するとそこへロジャー一味が噂を聞きつけてやって来る。それに気づいたティムはハリーと共にその場を急いで逃げ出すが、ロジャー一味がそれに気づいてすぐに追いかけるのだった。

さすらいの用心棒(暁のガンマン)のあらすじ【転】

道中に行われていた他人の葬儀に紛れ込み、どうにか一味から逃れた二人。ティムは葬儀に参加している未亡人がお金持ちだと気づき、お金を騙し取ろうとハリーに提案する。ハリーは渋々それを受け入れるのだった。

未亡人の家へと招待されたティムは、その女の魅力に惹かれてしまう。そして、ベッドでいい雰囲気になるのだった。しかし、町の噂でその未亡人はお金持ちではないと知ったハリーは、嘘をついたティムに怒り、未亡人の家に押し入るのだった。

結局、二人共牢獄に入れられてしまった。ハリーがお金を払い、二人は釈放される。その夜、ティムは人魚の小屋を訪れると、興行主にハリーを火吹き怪人として売り込むのだった。

しかし、火吹き怪人の公演中にテントが炎上してしまう。二人は再びその場を逃げ去るのだった。

道中、ついにロジャー一味に捕まってしまったティム達。ロジャーは、彼らを絞首刑にすると言って連行するのだった。そして、木のある場所まで連行し、最初にハリーが首に縄を巻かれるのだった。

さすらいの用心棒(暁のガンマン)のあらすじ【結】

ハリーの首が締まる寸前、ティムの早撃ちが炸裂する。ロジャー一味を一瞬にして倒し、ハリーを助けるのだった。

ロジャーはビリー・ボーイという名を持つ早撃ちの名手だった。かつてサミュエルという男の一味だったが、そこを抜け出した。そのとき、ティムはサミュエルの息子を二人殺した。そのため、サミュエルの残った息子であるロジャーに追いかけられているのだった。

数日後、ティムとハリーは金塊強盗をする。しかし、軍の護衛兵を銃殺してしまい、保安官達に追いかけられることになってしまう。二人は金塊を置きっ放しにして、その場を去って行くのだった。

ハリーの牧場へとついた二人。二人はそこを建て直そうと誓い合うのだった。そしてその頃、ティムを殺すためにサミュエルが動き出していたのだった。

牧場の再建に取り掛かっていた二人のもとに、サミュエル一味が押しかけて来る。壮絶な銃撃戦が突如として繰り広げられる。

サミュエルとロジャーに追い詰められたティムだったが、どうにか二人を撃ち殺す。しかし、ハリーの家は崩壊し、申し訳なく思ったティムは再び旅に出るとハリーに伝える。ハリーは、旅は道連れだと言ってティムの後を追うのだった。

Amazon 映画『さすらいの用心棒(暁のガンマン)』の商品を見てみる