映画『殺人の告白』のネタバレあらすじ結末

殺人の告白の概要:2013年公開の韓国映画。すでに時効を迎えた連続殺人犯が「自分が犯人である」と名乗りをあげ手記を出版、そこから担当していた刑事と犯人の因縁の対決が再び繰り広げられるサスペンスドラマ。

殺人の告白の作品概要

殺人の告白

公開日:2012年
上映時間:119分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:ョン・ビョンギル
キャスト:チョン・ジェヨン、パク・シフ、キム・ヨンエ、チョ・ウンジ etc

殺人の告白の登場人物(キャスト)

イ・ドゥソク(パク・シフ)
時効成立後、我こそが連続殺人事件の犯人であると名乗りを上げ、事件の詳細を書いた本がベストセラーとなり一躍時の人になる。冷静で冷淡な人間味の無い男。
チョン・ジェヨン(チェ・ヒョング)
恋人を連続殺人犯に誘拐された後、事件が解決できずに時効を迎えさせたことを悔やんでいる熱血刑事。母思いで優しいところもあり、人情味のある男性。
J(チョン・ヘギョン)
手記により話題になった真犯人に対し、自分が本当の犯人であるとさらに名乗りをあげた男。思い込みが激しく、自己顕示欲が強い。

殺人の告白のネタバレあらすじ

映画『殺人の告白』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

殺人の告白のあらすじ【起】

いつもの飲み屋でつぶれている刑事班長のジェヨン。
そこへ何者かが窓を割ってとびかかって来た。
咄嗟にその男を捕まえようとするが、男は身が軽く交わされて逃げられてしまう。
そして男は飲み屋の女将を人質にとり、喉を切った。

外へ飛び出した男を必死で追うジェヨンだったが、結局犯人を捕まえることは出来なかった。
呆然としているとそこに男が現れた。
「変な動きをすると母親を殺す」と刑事を脅す男に、必死で抵抗するジェヨンは男に刃物で口の横を切られてしまう。
そして男は去っていった。
男は連続殺人事件の犯人。
女性ばかり狙う卑劣な男で、最後の被害者の女性は未だ遺体が見つからず行方不明のままだった。
何としても逮捕したいと躍起になっているジェヨンだったが、難しかった。

15年後、ジェヨンの必死の捜査の甲斐もなく、あの連続殺人事件は未解決のまま犯人の時効は成立。
しかしそんな矢先、最初の被害者の息子で元プロボクサーだったチョン・ヒョンシクが飛び降り自殺を図ってしまう。
ジェヨンは彼を弟のように可愛がり励ましてきた。
このことで、悲しみにくれるジェヨンだった。

それから2年後。
突然自分が真犯人であると名乗りを上げた人物がいる。
それはイ・ドゥソクという不敵な笑みを浮かべる男だった。
彼は事件のことを本にし、その本はたちまちベストセラーになる。
本の中には犯人しか知りえぬ細かい部分が書かれており、彼が真犯人であることは間違いなさそうであった。
ドゥソクの容姿はアイドル並みに良く、女性のファンがでるほどだった。
対面し、挑発されたジェヨンは怒りの感情を隠せない。

殺人の告白のあらすじ【承】

刑務所から出たばかりの男が、突然見ず知らずの人間たちに声をかけられた。
アジトのようなところに連れていかれ話を聞くと、どうやらそこにいる人間たちは皆、連続殺人事件の被害者の遺族だった。
真犯人だと名乗り出て、いきなりベストセラー作家になったドゥソクを何としても捕まえたいというのが彼らの望み。
法が無理なら自分たちで復讐することに命をかけようという腹だった。

ある日、遺族の一人で蛇を飼育している男はドゥソクの滞在しているホテルのプールに清掃員として忍び込んだ。
ボディガードに厳重に警護されているドゥソクは、決まった時間に30分泳ぐことにしていたため、そこを狙ったのである。
清掃する振りをしてプールに毒蛇を放った男。
気持ちよく泳いでいたドゥソクは、彼らの思惑通り蛇に噛まれて意識不明になってしまう。

救急車が到着し、ドゥソクを乗せた担架が車内に入れられようとしたその時だった。
もう1台の救急車が到着、現場に緊張が走った。
先に着いていた救急車は遺族が用意した偽物、気づかれた彼らは慌てて車にドゥソクを押し込み逃走する。

ジェヨンの抵抗も空しく、ドゥソクは拉致されてしまった。
それをジェヨンが追跡し、ついにドゥソクを拉致した犯人のアジトの場所を突き止めた。
しかしその場所で犯人達が遺族であると気が付いたジェヨンは、誰も傷つけずにドゥソクを連れ戻すことを決意し見事やり遂げた。
しかし入院しているドゥソクは事件を追及せず、しかも本の売り上げを贖罪の為にすべて遺族に寄付をすると言い始める。

殺人の告白のあらすじ【転】

メディアはドゥソクとジェヨンを何とか対面させ、事件について討論を繰り広げる番組を作りたかった。
そこで双方からOKの返事をもらったTV局は、早速予定を組み番組を作り上げることに成功する。
現れた2人はただじっとそこに座り、その時を待っていた。

討論が始まったその時。
ジェヨンは「ドゥソクが本当は犯人では無いのではないか?」という疑問をぶつける。
ドゥソクは否定し、自分が連続殺人犯だと言い張るが、ジェヨンには腑に落ちない箇所があったのである。
それはまだ解決していない行方不明の女性のことだ。
その部分についてだけは本に書かれていないのである。
ドゥソクは「その女性の犯行だけ別の人間では?」などと言い逃れをするが、ジェヨンは納得がいかない。

そんな時、生放送中の討論会に1本の電話がかかって来た。
その声は男性で、「J」と名乗っている。
ドゥソクにむかっての質問コーナーで、「班長の足の速さは?」「柔道を習っていたのか?」など具体的な質問が飛び交う。
それに対しドゥソクは「それがどうしたのだ」と反撃。
そして「残りの一人はJが犯人であるが、他は自分が殺したのだ」と言い張った。
この討論の後、ジェヨンはドゥソクが犯人では無い可能性があると公の場で会見した。

殺人の告白のあらすじ【結】

後日、Jを含めた生放送の討論会の日が決定する。
Jは事前に最後の被害者の女性を埋めたであろう場所に立ち、そこの木にスプレーでJと書くパフォーマンスを行っているビデオを録画し世間に放映した。

いよいよ討論会の日。
生放送中、ジェヨンとドゥソクが緊張する中、いよいよJが仮面をつけて到着。
そして司会者に仮面を外すように言われたため、素顔を見せた。
その顔は何かを含み、人を馬鹿にしたような表情と態度である。

時間をあけて、Jを目の前にドゥソクが衝撃的なことを話し始めた。
「自分は連続殺人犯ではない」と。
それを聞いてニヤリと笑うJ。
司会者に「殺していないのになぜあんなに事件の詳細が書けたのか」と問われると「自分が書いたのではない、他の人が書いた」と告白した。
ざわめくスタジオ。

ドゥソクの本名はチョン・ヒョンシク。
彼は最初の被害者の息子で、自殺したはずのジェヨンの可愛がっていたあの青年だったのだ。
運よく一命をとりとめた彼は整形をし、犯人の振りをして本を出版。
自己顕示欲の強いJは必ず姿を現すと見越したジェヨンの計画が当たったのだ。

一方で、生放送中に最後の行方不明女性の遺体を埋めたであろう場所を待機していた警察官が掘り起こす。
するとやはり中から人骨が出てきた。
最期の被害者の遺体である。

この女性、実はジェヨンの恋人だった。
犯人は何と2年も監禁し、妊娠までさせて殺したと言う。
恋人を思い悔しさで言葉がでないジェヨン。

謝罪の振りをして隙をついて逃げ出したJを追いカーチェイスになった二人は、散々他の車を巻き込んだ後、ジェヨンはJを捕まえてボコボコに殴った。
そこに警察官が到着、事態は終止符を打つのだろうと思ったのだが行方不明の女性の母がJを殺そうと決意し近寄ってきた。
それを止めたジェヨンだったが、ナイフをとり自らがJを殺した。

その後、ジェヨンが服役して出所の時。
遺族が彼を笑顔で迎えに来ていた。

Amazon 映画『殺人の告白』の商品を見てみる