映画『さや侍』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「さや侍」のネタバレあらすじ結末

さや侍の概要:藩を抜け出した侍。彼は、刀を持たないさや侍だった。捕まってしまった彼は、藩主の若君を笑わせるという試練を与えられる。娘と共にその試練に立ち向かった侍は、最後に侍として自ら死ぬことを決意する。

さや侍の作品概要

さや侍

製作年:2011年
上映時間:103分
ジャンル:コメディ、時代劇
監督:松本人志
キャスト:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生 etc

さや侍の登場人物(キャスト)

野見勘十郎(野見隆明)
元伊香藩水位微調役の侍。刀を持たず、鞘だけを腰に纏った侍。脱藩して逃亡し、多幸藩に捕らえられてしまう。そこで三十日の業という試練を与えられ、若君を笑わせるために努力する。
たえ(熊田聖亜)
勘十郎の娘。刀を持たない父を非難するが、三十日の業で努力する父の姿を見て感動する。勘十郎と共に、三十日の業に挑み続ける。ハキハキとしていて、勘の良い少女。
倉之助(板尾創路)
勘十郎の入った牢獄の門番。勘十郎やたえの頑張る姿に心動かされ、彼らと共に三十日の業に挑む。アイデアマンで、様々なアイデアを出す。
平吉(柄本時生)
倉之助の同僚で、後輩。倉之助と共にアイデアを出し、三十日の業に挑む。倉之助と相性が良く、コンビのような掛け合いをする。
多幸藩藩主(國村隼)
多幸藩の藩主。母を亡くして笑顔を失った若君のため、罪人に三十日の業という試練を与える。変わり者で、金平糖が好き。
三味線のお竜(りょう)
賞金稼ぎ。元々勘十郎を狙っていたが、三十日の業を行う勘十郎に魅了されていく。野次馬として、最後まで勘十郎を見届ける。

さや侍のネタバレあらすじ

映画『さや侍』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

さや侍のあらすじ【起】

刀のない鞘を腰に巻いた侍が一人、何かから逃げるようにして走っている。男の名前は野見勘十郎。彼は、娘のたえを連れて宛てのない逃避行をしている。

勘十郎は、伊香藩水位微調役だったが、脱藩して賞金首となった。そのため、勘十郎はたえを連れて逃げ回っているのだ。勘十郎が橋を渡っていると、向かいから三味線を持った女が歩いてくる。三味線のお竜という異名をもつ賞金稼ぎのその女は、すれ違いざまに勘十郎を切りつける。背中に傷を負った勘十郎は、叫びながらその場を走り去る。

町中に勘十郎の指名手配の張り紙が貼られ、勘十郎はあらゆる賞金稼ぎから狙われるようになってしまう。

何度も危ない目に遭った勘十郎とたえ。たえは勘十郎に、侍ならば刀を抜いて戦って欲しいと訴える。さらにたえは、そうでなければ侍らしく終わって下さいと付け加える。

勘十郎とたえは、多幸藩に捕まってしまう。賞金稼ぎ達も、せっかくのチャンスを逃したとして落胆する。

さや侍のあらすじ【承】

勘十郎が捕まった多幸藩の藩主は、少し変わり者だった。捕まったものは皆、三十日の業という試練を与えられる。それは、三十日以内に若君を笑わせなければ切腹しなければならないというもので、未だかつて若君を笑わせた罪人は一人もいない。若君は母親を亡くした悲しみで、笑顔を忘れてしまったのだ。

門番の倉之助と平吉に連れられて、勘十郎とたえは牢屋に入れられてしまう。牢屋の中でたえは、勘十郎のことを強く非難する。

翌日から、勘十郎は若君を笑わせるためにあらゆる芸を披露する。顔に食べ物をつけてみたり、鼻からうどんを啜ったり、腹踊りをしたりするが、若君は全く笑う様子を見せない。

牢獄で喧嘩を始めた勘十郎とたえ。倉之助と平吉は、その喧嘩を止めるために牢屋へと入る。そこにはどじょうすくいをする勘十郎の姿があった。それを見た倉之助は、割り箸を鼻に刺すようにアドバイスをする。しかし、その芸も若君を笑わせることはできなかった。

さや侍のあらすじ【転】

その日から、勘十郎とたえに加えて、倉之助と平吉が勘十郎の芸について意見を出すようになる。しかし、火の輪くぐりは雨で失敗し、口三味線もうまくいかず、独り相撲も鼻釣りも若君を笑わせることはできないでいる。

倉之助が様々なアイデアを出すが、全くもって若君を笑わすことができない勘十郎。そして、半分の十五日があっという間に過ぎてしまう。そんな勘十郎を、たえは呆れて見捨てていた。倉之助はたえに、勘十郎をさや侍のまま終わらせるつもりかと言いつける。

その日の夜、たえは勘十郎をさや侍で終わらせないためにアイデアを出し始める。翌日、たえのアイデアで大砲の弾となって海へと飛んだ勘十郎。町の人間の反応も良く、藩主も表情を和らげたが、若君は笑わない。しかし、町民の希望で翌日から三十日の業が町民に公開されることになる。

ロデオボーイ、人間魚拓、人間花火などを披露する勘十郎。町民や藩主などの反応は徐々に良くなっていく。

ある夜、たえは若君の部屋に侵入する。たえは若君に、勘十郎も妻を亡くしてから刀を抜いて戦うことを止めてしまったのだと話す。しかし、今は刀などなくても一生懸命に戦っているのだと語り、たえは部屋を去っていく。

さや侍のあらすじ【結】

その日以降、若君の反応も良くなるが、決して笑うことはないまま最終日を迎えてしまう。若君は風車が好きだとう情報を得たたえ達は、最後の芸に風車を使うことに決める。

巨大風車を息で回すという芸に、町民の野見コールが始まる。上手くいきかけたが、最後に突風が吹いて芸は失敗してしまう。しかし、藩主は勘十郎の努力と若君の反応を見て、勘十郎に情けを与え、切腹の時まで猶予を与えると言う。

倉之助と平吉は、辞世の句で滑稽なことを言って若君を笑わせようという作戦を提案する。二人はそれぞれ辞世の句を考え、勘十郎に伝える。

翌日、切腹へと向かう勘十郎。藩主は勘十郎を気に入り、何をしても若君が笑ったと言うつもりでいた。そんな中、いよいよ切腹の儀式が始まる。

辞世の句を言う段になって、勘十郎は黙り込んでしまう。その場にいる全員が何かを言えと叫び、たえが何か言ってくれと叫んだ後、勘十郎は自らの腹に短刀を刺す。勘十郎の頭には、たえが度々言っていた侍としての生き様についての言葉がフラッシュバックする。そして、勘十郎は短刀を自分の鞘に入れる。

呆然としてその場を去ってしまったたえは、川沿いにたどり着く。そこには、勘十郎の遺書を預かっていた男がいる。彼は、勘十郎の遺書を朗読し始める。

勘十郎のお墓ができ、その前で手を合わせるたえ。そこに、若君も姿を現す。するとお墓の後ろから、幽霊となった勘十郎が姿を現し、芸を披露する。たえと若君は、それを見て笑顔になるのだった。

この記事をシェアする