映画『スケア・キャンペーン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『スケア・キャンペーン』のネタバレあらすじ結末

スケア・キャンペーンの概要:「未体験ゾーンの映画たち2017」で日本公開された、コリン・ケアンズ&キャメロン・ケアンズ監督脚本のサスペンスホラー。どっきり番組スタッフが、過激さを求めて行った演出が、暴走していく様子を描いた。

スケア・キャンペーンの作品概要

スケア・キャンペーン

公開日:2016年
上映時間:76分
ジャンル:ホラー、サスペンス
監督:コリン・ケアンズ、キャメロン・ケアンズ
キャスト:ミーガン・ワーナー、イアン・メドウズ、オリヴィア・デヨング、ジョシュ・クォン・タート etc

スケア・キャンペーンの登場人物(キャスト)

エマ(ミーガン・ワーナー)
養成所に通っていた売れない女優だったが、ホラーどっきり番組「スケア・キャンペーン」の仕掛け役に抜擢された。マーカスとは恋人だったが、別れたばかり。破局後も、何度か関係を持ってしまったことに頭を悩ませている。楽観的なマーカスに苛立つことが多い。アビーに対し、何かと世話を焼く。最後の出演として、グレンデール精神病院で驚かす側のナース役として出演するが、裏があるとは思いもしなかった様子。
マーカス(イアン・メドウズ)
「スケア・キャンペーン」のリーダー格の男性。マーカスを中心にして番組内容を決めていて、病院でのダブルどっきりを思いついたのもマーカスのよう。エマの忠告を聞き流したり、破局後もパートナーだと言うなど、軽さが目立つ性格。「養成所」のことを「劇団」だと思い込んでいた。
アビー(オリヴィア・デヨング)
新しく幽霊役として採用された若手女優。ホラー映画が好きで、怖がることもない。タブレット端末やスマホを手放すことがなく、本番直前まで動画を見るほど。面倒を見てくれるエマを慕っているが、仕事に手抜きはしない。
ヴィッキー(シグリッド・ソーントン)
テレビ局の職員で、「スケア・キャンペーン」のボスの女性。ネット動画「マスクフリークス」に人気を奪われて、番組の視聴率が下がりっぱなしになっていることを嘆いていて、普段よりも過激な内容をスタッフたちに要求する。
ローハン / トレント(ジョシュ・クォン・タート)
90年代に閉鎖されたグレンデール精神病院の庭師で、患者だった男性。退院後には暴力事件などを起こしていた。不気味な雰囲気で、病院内を知り尽くしていると言ったり、子供が隠れてはいけない場所があると告げる。小児科病棟に勤務できると言われ、病院に呼び出された。
本名はトレントで、役者。エマを騙すために、ローハンという殺人鬼を演じた。プライドが高い。
番組スタッフ<エマ(ミーガン・ワーナー)、マーカス(イアン・メドウズ)、アビー(オリヴィア・デヨング)、ディック(ジェイソン・ギャリー)、JD(パトリック・ハーヴィー)、トニー(スティーヴ・モーツァキス)、スージー(カサンドラ・マグラス)>
ホラーどっきり番組、「スケア・キャンペーン」の番組スタッフ。アビーが入る前は、アヤコというアジア人の幽霊役の女優がいたが、ジョージが銃を持ち出したせいか辞めている様子。トニーは手持ちのカメラ、ディックは編集や音響など、JDは特殊メイク、スージーは細々としたサポート。エマは進行役で、マーカスがリーダー。内容を考えるのもマーカスの役目。

スケア・キャンペーンのネタバレあらすじ

映画『スケア・キャンペーン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スケア・キャンペーンのあらすじ【起】

「出る」と噂のある死体安置所の、夜間警備の仕事をすることになったジョージ。
勝手に、少女の遺体が放置されていたり、その遺体が動き出してパニックになる。
先輩にあたるエマに連絡するが、相手にされない。
そこでジョージは、護身用の銃を持ち出した。

監視カメラで、その様子を見たエマは、慌ててネタばらしをする。
ジョージは、ドッキリ番組「スケア・キャンペーン」の標的だった。
しかし、ジョージが銃を持ち出したことに不安を覚えたエマは、番組を辞める決意を固める。
そんな中、新しい幽霊役として、アビゲイルを採用することになる。

テレビ局の上司ヴィッキーは、過激なネット動画「マスクフリークス」の人気のせいで、「スケア・キャンペーン」は打ち切りの危機だと告げる。
番組継続のためには、もっと刺激的な作品を生み出さなければならなかった。

そして、グレンデール精神病院の跡地を使い、新作の撮影が始まる。
標的になるのは、グレンデール精神病院の庭師をしていた過去があり、患者でもあった、ローハンという男だった。

スケア・キャンペーンのあらすじ【承】

不気味な雰囲気のローハンは、変装したアビーに驚かされると、パニックになってアビーを刺し殺してしまう。
そして、その場で隠れて撮影していたトニーも、ローハンに殺されてしまう。

エマが駆け付けると、アビーは窓から落とされて死んでいた。
トニーの遺体も発見するが、別の場所に隠れていたローハンは、エマを執拗に追ってくる。

隠れていた女性スタッフ、スージーの元に逃げ込むが、スージーも殺されてしまう。
キッチンに隠れていたJDの元へ向かい、鍵を閉めてやり過ごしたエマ。
つないでおいたパソコンのビデオ通話からは、ヴィッキーの許可が出るまで、警察には通報できないと言うマーカスとディックが映っていた。
そこに現れたローハンは、マーカスとディックを殺害。

車で逃げようとするエマとJDだったが、鍵が見当たらない。
JDは鍵を探しに、建物内へと戻る。
車の後部座席からローハンが現れ、パニックになったエマは、隠し持っていた手術道具でローハンの手を刺して逃げた。

スケア・キャンペーンのあらすじ【転】

マーカスたちスタッフ全員は生きていて、殺人鬼ローハン役を演じていたトレントは、雇われた役者だった。
すべて、エマへのドッキリだったのだ。

怪我をさせられた事に怒ったトレントは、車に仕掛けられていた監視カメラを閉じる。
すると、そこに「マスクフリークス」のメンバーが現れ、トレントは本当に殺されてしまった。

何も知らないマーカスたちは、エマへのドッキリを続けていた。
しかし、ディックの姿が、JDのパソコン通話画面に映ってしまう。
慌てて消したディックは、背後にマスクフリークスのメンバーがいると気付かず、殺されてしまった。

JDのパソコンを見て、自分が騙されていたと知ったエマは激怒。

一方、連絡が途絶えたトレントの様子を見に行ったマーカスは、車の中でトレントの遺体を発見。
更に、マスクフリークスの殺人鬼たちの存在を知る。

車のそばにいたマーカスと、不気味な仮面をかぶったマスクフリークスの殺人鬼に会ったエマは、それもドッキリだと思っていた。
しかし、殺人鬼たちは本物だった。
なぜか殺されずに済んだマーカスとエマは、仲間を助けるために、建物内に戻る。

スケア・キャンペーンのあらすじ【結】

マーカスは、仲間の中にスパイがいると考えていた。
しかし、ディック、JD、トニー、スージーの惨殺死体を見つけてしまう。
アビーは連れ去られ、箱の中に閉じ込められて、地中に埋められてしまった。
酸素が無くなり、苦しむアビーの様子を中継しながら、エマとマーカスに助けてみればいいとあざ笑う殺人鬼たち。
それが、視聴者たちが求めるものらしい。

マスクフリークスのメンバーの1人を、偶然刺し殺してしまったエマ。
マスクの下は、幼さが残る少年だった。

埋められたアビーを助け出した、エマとマーカス。
しかし、マスクを被った殺人鬼集団は、3人を助けるつもりはなかった。
進行役のエマだけは助けると言い、マーカスかアビー、どちらか1人を連れて逃げていいと告げた殺人鬼たち。

エマはアビーを連れて、その場から逃げた。
エマとアビーを助けるために残ったマーカスは、アビーが閉じ込められた映像のリテイクを見せられる。
アビーは、マスクフリークスの仲間だったのだ。
そしてマーカスは殺された。

Amazon 映画『スケア・キャンペーン』の商品を見てみる