映画『シービスケット』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「シービスケット」のネタバレあらすじ結末

シービスケットの概要:株の大暴落にて大不況時代のアメリカ。誰もが期待していなかった1頭の競走馬と共に、全米が立ち上がる様を描いたヒューマンドラマ。負傷しても尚、諦めずに復活を目指す姿に感動する。

シービスケットの作品概要

シービスケット

公開日:2003年
上映時間:141分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ゲイリー・ロス
キャスト:トビー・マグワイア、ジェフ・ブリッジス、クリス・クーパー、エリザベス・バンクス etc

シービスケットの登場人物(キャスト)

ジョニー・レッド・ポラード(トビー・マグワイア)
株の大暴落の煽りを受け幼い頃、両親に厩舎の世話係として置いて行かれる。短気で喧嘩早く、ストリートファイトで負った傷により、右目が見えない。全てにおいて中途半端。
チャールズ・ハワーズ(ジェフ・ブリッジス)
自転車工から自動車工へ転身後、一代で財を成す。心優しく穏やかな男性。ジョニーを息子のように温かく見守る。
トム・スミス(クリス・クーパー)
馬の調教師。命の大切さを知っており、どんな荒馬でも宥めることができる男性。
マーセラ・ハワーズ(エリザベス・バンクス)
ハワーズ夫人。夫とは再婚だが、傷を癒そうとする優しい心を持つ淑女。
ジョージ・アイスマン・ウルフ(ゲイリー・スティーヴンス)
ジョニーの親友で名を馳せるジョッキー。親友思い。

シービスケットのネタバレあらすじ

映画『シービスケット』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

シービスケットのあらすじ【起】

1910年、ニューヨーク市。自転車の修理工だったチャールズ・ハワーズは工場から独立後、サンフランシスコに自分の店を開店。だが、客は1人も来ない。それもそのはずで、大量生産された自動車が走る時代、自転車に乗る人が減少したためだ。
ある日、ひょんなきっかけで故障した自動車を修理することになったハワーズ。車の構造を理解し、更に改良を加えて持ち主へ返した。ハワーズはその後、自転車店から自動車店へ転身。

15年後には5社も支店を持つ会社の社長へと成り上がっていた。そして、広い土地と大きな厩舎を備えた土地と家を購入。そこに居を構える。その後、1人息子も産まれ仕事も家庭も順風満帆だった。

同じ頃、カナダのアルバータ州では、15歳になった少年が馬を獲得するため、父親の問題に答えていた。愛情深い両親と4人の兄弟に囲まれて育った少年ジョニー・レッド・ポラード。少し間の抜けた少年だったが、馬のことに関しては誰にも負けなかった。

やがて迎える株の大暴落。この大暴落はアメリカ中に大打撃を与え、人々は家を失い貧困に喘いだ。ハワーズは会社の存続に走り回り、ジョニー・レッドも家を失った。
6年後、ハワーズが家を留守にしている間、1人で車を運転した幼い息子が事故で亡くなる。
一方、21歳となったジョニー・レッドは、両親と離れ競走馬を育てる厩舎に下働きとして入っていた。競馬のレースにジョッキーとして出場したが、レースには勝てず雇い主に叱られる日々を送っている。

1933年、メキシコのティファナ。アメリカでは禁酒令が発布。娯楽も気晴らしもできない時代ゆえに、国境では歓楽街が生まれた。
息子の死がきっかけとなり、離婚したハワーズは競馬の観戦に来ていた。そして、ジョニーはジョッキーとして参戦。だが、レースには負けてしまう。彼は小遣い稼ぎでストリートファイトにも出ていたが、その時の怪我で右目を負傷し、見えなくなっていた。ジョッキーとしては致命傷である。

シービスケットのあらすじ【承】

会場でマーセラと出会ったハワーズ。彼女とデートを重ねて結婚。その後、馬を見に来たハワーズははぐれ者のトム・スミスとの出会いを果たす。トムは馬の調教師だった。

3か月後、ニューヨーク州サラトガ。朝もやの中、トムは小柄で怪我をした馬シービスケットと初めて会う。彼は強気な態度の馬を見て、シービスケットに高い潜在能力を見出した。

シービスケットは名馬の血統であったが、小柄であるがゆえに厩舎から見捨てられた馬だった。当時は穏やかな性格だったシービスケット。1日の大半を寝て過ごし、他の馬と比べて2倍の餌を食べる。調教師は根性を叩き直すことにしたが、シービスケットの性格は治らなかった。その後は調教パートナーとして走らされ、3歳になる頃には週2回も売却競馬を走った。鬱積の溜まったシービスケットはやがて気の荒い馬に。そして、ついには安価な値段で売りに出される。

トムは荒れ狂うシービスケットを選び、ハワーズが購入。一向に落ち着かない様子の馬。ふと見ると反対側ではジョニーが暴れている。トムはシービスケットとジョニーを見て、似た者同士と判断。ジョニーを馬の元へ連れて行った。案の定、シービスケットとジョニーは気が合う様子。
シービスケットは無理な走りのせいでくたびれ過ぎており、本来の能力が発揮できずにいた。トムは馬に走りたいだけ走らせ、方向感覚の回復を図る。シービスケットはジョニーを乗せて、いくらでも走るのであった。

ハワーズ邸へやって来たトムとジョニー。シービスケットは連日、暴れ続けた。寂しいのだろうとヤギを入れてみたが、失敗。次に同じ馬を入れてみると、ようやく落ち着きを見せた。
回復の機を見て、走りを見ることにした一行。単騎で走らせるも、シービスケットの闘争に火はつかない。だが、競う相手を発見した馬は途端にスピードを上げ、馬場のレコードタイムを軽く書き換えてしまった。

カリフォルニア州、サンタアニタ競馬場。いよいよ、シービスケットをレースに出す。ジョッキーはジョニーだ。しかし、シービスケットは良い走りを見せていたが、ジョッキーのジョニーが作戦を無視してしまい、レースには負けてしまう。

シービスケットのあらすじ【転】

シービスケットと同じように鬱積を抱えていたジョニー。自分のせいでレースに負けたことを悔やんで以降、作戦通りに馬と二人三脚でレースに勝利する。
大暴落の不況から抜け出そうと人々が立ち上がり始めた、そんな時代だった。

シービスケットは一躍スターダムへとのし上がる。馬を見るために、レース場は人々で溢れた。
その後も好調に勝利を収めるシービスケットとジョニー。人気はうなぎ登り。だが、それへ歯止めをかけようとトムが調教師を辞めると言い出した。シービスケットは見世物ではなく、競走馬である。調教には時間がかかる。一流になるには程遠いと言う。

ウォーアドミラルは、シービスケットと同じように体格の小さい馬であったが、一流の競走馬だった。ハワーズはウォーアドミラルとシービスケットを対戦させようとするも、相手の雇用主は乗って来ない。次のレースに参戦する馬は、どの馬も名を馳せる競走馬ばかりだった。

2週間後、いよいよレース開始。順調に先頭へ躍り出たシービスケットだったが、右側から追い込みをかけて来た馬に鼻差で負けてしまう。
右側はジョニーに見えない。そのせいで負けたのだ。トムは嘘を吐いていたと激怒するも、ハワーズはそれを許し今後もジョニーをジョッキーとして雇用することを宣言した。

ハワーズはウォーアドミラルとの対戦が叶うまで、レースに参戦し続ける。各地で演説を繰り返し、新聞とラジオで世間に訴えかけた結果、とうとうウォーアドミラルのオーナーが応えた。

2週間後の世紀のマッチレースにあたり、ウォーアドミラルの偵察をした一行。トムは今までやったことのない作戦の決行を決意。そのため、シービスケットにはベルの音で走り出すことを覚えさせる。夜間に馬場へ入り訓練。昼間はゆっくりと休ませた。

そんなある日、ジョニーに昔の雇用主が訪ねて来る。馬を走らせて欲しいと言われ快く走らせたが、その際に馬場を整えるトラクターのエンジン音に馬が驚いてしまう。立ち足になった馬はジョニーを振り落とし、鞍に引っ掛けたまま引き摺って走り回った。そして、ジョニーは厩舎へと全身を強く打ち付けて意識不明へと陥るのである。

シービスケットのあらすじ【結】

病院に駆け付けたハワーズ達。ハワーズはジョニーの手術が終わるまで、病院で夜を明かす。手術は無事に成功。歩けるようにはなるが、乗馬はもう難しいとのことだった。
ハワーズはレースを取り消そうとまで言ってくれたが、ジョニーはそれを許さず、友人のウルフを呼んでくれと言った。

ジョージ・アイスマン・ウルフは、ジョニーの友人で名を馳せるジョッキーだった。ジョニーはウルフにシービスケットのことを全て託す。一蓮托生でやって来たジョニーの言葉はとても大切なものだった。

1938年11月1日、ピムリコ競馬場。世紀のタックレースは、全米のビジネスが半日で営業を終わらせる程に期待されるものだった。
そうして、いよいよレース開始。全米の誰もがラジオの前に噛り付いて中継に聞き入った。先行はシービスケット。ウルフはジョニーの言う通り、シービスケットとウォーアドミラルの目が合うよう操作。そして、最終コーナーでシービスケットを解放。馬は驚異的な速さでゴールした。

その後、ジョニーは車いすでサンタアニタへと帰郷。
シービスケットはウルフと共にレースへと参戦し続けた。しかし、レース中に右前脚を負傷。医師はじん帯断裂と診断。競走馬は負傷すると大抵は安楽死させるが、ハワーズはそうしなかった。そうして、シービスケットはサンタアニタへと帰郷したのである。

ジョニーとシービスケットは共にリハビリを行う。10月にはジョニーを乗せて走れるまでに回復。トムはその姿を見て、馬場で走らせてみることにした。ジョッキーはウルフ。シービスケットは好調な走りを見せた。

1940年、サンタアニタ・ハンデ戦。シービスケットの復帰戦が迫っていた。ジョニーは再びシービスケットに騎乗したいと望む。ハワーズは彼の足を心配していたが、ウルフの後押しもあり熱意に負けて、ジョニーをシービスケットに乗せることにした。

ジョッキー共に復帰戦開幕。誰もが心配する中、シービスケットはジョニーを乗せて走り出す。序盤遅れていたが、ウルフの助けもありシービスケットは驚異的な追い上げを見せた。そして、見事に勝利を収めたのであった。

Amazon 映画『シービスケット』の商品を見てみる