映画『シークレット・アイズ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「シークレット・アイズ」のネタバレあらすじ結末

シークレット・アイズの概要:2015年製作のアメリカ映画。「瞳の奥の秘密」という映画をモチーフに制作された作品で、13年前起こった未解決であるレイプ殺人事件の真実のその後を描いているサスペンス・スリラー。

シークレット・アイズの作品概要

シークレット・アイズ

公開日:2015年
上映時間:111分
ジャンル:サスペンス
監督:ビリー・レイ
キャスト:キウェテル・イジョフォー、ニコール・キッドマン、ジュリア・ロバーツ、アルフレッド・モリナ etc

シークレット・アイズの登場人物(キャスト)

レイ(キウェテル・イジョホー)
元FBI捜査官で、現在は私立探偵。同僚の娘が死んだ殺人事件を未だ追い、逃がした犯人を追い続けている。
ジェス(ジュリア・ロバーツ)
レイの同僚の女性捜査官。実の娘が殺人事件に巻き込まれたことで人生が変わっていってしまう。
クレア(ニコール・キッドマン)
レイ達と知り合った時は検事補佐官だったが、13年後は検事に昇進。久しぶりにレイ達と再会し事件を解決しようと苦悩する。

シークレット・アイズのネタバレあらすじ

映画『シークレット・アイズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

シークレット・アイズのあらすじ【起】

13年前の事件。
当時FBIのテロ対策捜査本部にいたレイは、同僚のジェスと共に2011年の9.11事件依頼強固したテロ対策について日々追われていた。
しかしそんな多忙な中で、レイは一人の検察補佐官・クレアに恋をしていく。

ある日、一件の殺人事件が飛び込んで来た。
テロの疑いがあると推測したレイとジェスは現場に直行、ゴミ箱に捨てられているという女性の遺体を見て愕然とするレイ。
遺体はジェスの愛娘、キャロリンだったのである。
遺体を見て号泣するジェスには、かける言葉も無かった。

それ以降、テロ事件に身が入らなくなったレイは、ジェスのためにもキャロリンをレイプしたあげく殺害した犯人を探すことに没頭する。
レイは調べていくうちに、ある1枚の不可解な写真を手にする。
それはFBIのピクニック時の写真で、母に薦められ参加したキャロリンをじっと見つめる不気味な男が写っているのだ。
すぐさま殺人科に写真に写っている人物を知っているかと問いただすが、全員「知らない」と答える。
ごく身内のピクニックに来ていた男を何故誰も覚えていないのか。
レスは何かあると睨んだ。

シークレット・アイズのあらすじ【承】

レイはテロ対策用の犯人データを使って照合すると、マージンという男が浮かび上がった。
彼が何か知っていると確信したレイは調べ上げるが、その事実を上司が消そうとする。
不審に思った上司を半ば脅して問いただすと、彼はFBIの情報屋であると白状した。
彼を失うことはデメリットしか無いと言うのである。

キャロリン殺害を知っていた上層部だったが、今はテロの情報の方が最優先だと泳がせていると知ったレイは、誰にも頼らず自分で犯人の居場所を探し出した。
そして何とか逮捕出来たレイとクレアは、取調室でシラをきり続けるマージンを挑発し自白させることに成功。
しかしまたもや上層部の権力で、「証拠不十分」として釈放されてしまった。

しかも唯一の証拠であったマージンが乗っていたバンも、証拠隠滅の為にFBI上層部とみられる物に事故を装い爆破されてしまう。
こうして全ての証拠を消されてしまったレイとジェスは、もはやキャロリンを殺した犯人を立件することなど出来なくなってしまったのだった。

シークレット・アイズのあらすじ【転】

13年経った今。
FBIに絶望したレイはその後退職し、現在は私立探偵になっている。
そこで検事に昇進したクレアに久しぶりに面会予約をした彼は、自分が知った新事実を持ってくる。
そこにジェスも登場、久しぶりに3人が顔を合わせた。

レイはFBIを辞めた後も、ずっと取り逃がしたマージンを探していた。
そして最近になって彼はベック・ウィズと名乗る男を発見、多少整形はしているものの間違い無くマージンだと言い切った。
しかしその話を聞いてジェスは喜ぶどころか、何故か神妙な面持ちである。

ベックという男が高級車の窃盗犯であることを突き止め、あじとを発見。
そこに乗り込んだレイだったが、逆にベックに捕まり暴行をうける。
だが事前にFBIに連絡していたことで、ピンチを逃れたレイ。
しかしこの一件で同僚を死なせてしまう。
レイは何としても犯人を逮捕したい一心であったが結果的に同僚を死なせたのはレイだと、ジェスはレイに対し、無関係な人間を死なせてしまったことを責めた。

シークレット・アイズのあらすじ【結】

だが、レイはようやくマージンを捕まえたという思いの方が強かった。
そんなレイを自宅に呼んだジェス。
クレアも同行した。

ジェスは静かに語り始める。
13年前、キャロリンの無念を晴らしたかったジェスは、レイが去った後も毎日マージンの行方を追った。
そしてようやく行動範囲が掴めマージンを見つけた時、ジェスは後ろから彼の頭を殴打し車に乗せ河原で銃殺したと言う。
だからその逮捕したベックは人違いだと話した。

しかし、納得がいかないレイは、彼女が何か他にも隠していると確信する。
そして彼女の後を追うことにした。
ジェスが向かったのは、人が誰も近寄らないような田舎の家畜小屋。
そこで餌を作っているジェスを覗いたレイは、次の瞬間信じられない光景を目にした。
何と厳重な家畜の檻に入れられていたのは紛れもなく変わり果てたマージンの姿だったのだ。

檻に近づくレイに必死に助けを求めたマージン。それに銃を向けたレイだったが思い直す。
そしてドアの近くに銃を置き、小屋を後にしたレイだった。
彼はジェスに判断を任せたのである。
暫くすると家畜小屋から銃声が聞こえた。
レイは暫くしてスコップを持ち出し、庭に穴を掘り始めるのだった。

一方で、殺害し庭に埋めたというジェスの供述を聞いたクレアは、彼女を立件せずキャロリンの事件の書類箱を未解決事件に再び戻す。
こうして長い闘いは終わった。

Amazon 映画『シークレット・アイズ』の商品を見てみる