映画『シークレット・ロード』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「シークレット・ロード」のネタバレあらすじ結末

シークレット・ロードの概要:ノーランは銀行に26年勤めており、妻との仲も良好で、平穏で幸せな毎日を送っていた。そんなある日、車で男娼の青年を轢きそうになる。ノーランはこの青年を気に入り、金を支払う代わりに会って会話をしてもらうようになる。

シークレット・ロードの作品概要

シークレット・ロード

公開日:2014年
上映時間:89分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ディート・モンティエル
キャスト:ロビン・ウィリアムズ、ボブ・オデンカーク、キャシー・ベイカー、ロベルト・アギーレ etc

シークレット・ロードの登場人物(キャスト)

ノーラン・マック(ロビン・ウィリアムズ)
銀行に26年勤めている。真面目で実直な性格。同性愛者であることをずっと隠し続けていた。偶然出会った男娼のレオに恋をする。
ジョイ・マック(キャシー・ベイカー)
ノーランの妻。薄々ノーランの秘密に気づきながらも、愛しているため深く追求しようとはしなかった。
レオ(ロバート・アギーレ)
母の恋人と折り合いが悪く、故郷を飛び出して男娼としてお金を稼ぐようになった。ノーランには客以上の気持ちを抱けず、セックスをせずにお金を貰うことに後ろめたさを感じる。
ウィンストン(ボブ・オデンカーク)
大学教授。ノーランの友人。付き合って4ヶ月の若い恋人がいる。

シークレット・ロードのネタバレあらすじ

映画『シークレット・ロード』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

シークレット・ロードのあらすじ【起】

ノーランは銀行に26年勤めており、妻のジョイとも仲が良く、平穏で幸せな毎日を送っていた。そんな時、支店長の話を打診される。

ノーランは友人のウィンストンと恋人を家に招き、一緒にディナーを楽しんだ。ジョイはウィンストン達の話を聞いて、旅行に行きたいと言い出した。ノーランはジョイの誘いに頷いたが、仕事を休んだことなど一度もなく、少し強張った表情をした。そんな時、ウィンストンに昇進の話を持ち出される。ジョイにはまだ話していなかったため、少し怒った顔をされた。

父が脳卒中後の心不全で倒れたと連絡を受け、ノーランは介護施設を訪ねた。とりあえず命には別状がなく父も眠っていたため、ノーランは面会をせずに帰宅した。ノーランが車を走らせていると、突然目の目を男性(レオ)が横切った。車が少し当たってしまったので、窓を開けて怪我の有無を確認した。

レオはノーランに車に乗せて欲しいと頼んだ。ノーランは謝罪の意味を込めて指定の場所まで送ろうとするが、レオは男娼でノーランのことを客だと思っており、人がいない場所まで連れて行って欲しいと頼んだ。

シークレット・ロードのあらすじ【承】

ノーランはレオを連れてモーテルを訪れた。特に性的なことはせず、子供の頃のことや半年前に亡くなった母のことなど、身の上話をした。そして、要求された金額よりも多くのお金を渡した。ノーランは連絡先を教え、再び会うことを約束して路地まで送った。

ノーランはウィンストンと昼食を食べに出かけ、色々な話をした。ウィンストンの恋人はとても若い女性で、学校を卒業後はニューヨーク行を希望していた。付き合って4ヶ月だったが、ウィンストンは捨てられるかもしれないと明るい表情で話した。

ノーランはジョイに残業をするから遅くなると嘘を吐き、レオに会いにいった。レオと直接連絡が取りたいため、プリペイド携帯を渡した。レオは戸惑いながらも携帯を受け取った。2人は再びモーテルに行った。レオは服を脱ぎ全裸になるが、ノーランは見ているだけで触れようとはしなかった。レオは全裸のままベッドに座り、ノーランの父の話を聞いた。ノーランは率直にレオに会いたかったことを告白した。

ノーランが家に帰ると、ジョイが旅行ツアーについて調べていた。ジョイはとても楽しそうだった。就寝間際、ジョイは銀行に何度も連絡したのに、繋がらなかったことをノーランに話した。ノーランは気分転換に終夜営業の店(「サブストップ」)で仕事をしていたと嘘を吐いた。ジョイは訝しみながらも、ノーランの話を受け入れた。

シークレット・ロードのあらすじ【転】

ノーランは父に会いにいき、飲み物を飲ませてお世話をした。帰宅途中、車を走らせていると、サブストップが改装工事しているのが見えた。その夜、レオから電話で話せるかメールが届くが、妻と一緒だったため無理だと断りのメールを返した。その後、ノーランは約束もないのに夜遅くまでレオからの電話を待ってしまい、次の日寝坊してしまう。

ノーランは仕事の休憩時間にレオに電話をして、会う約束を取り付ける。その夜、ディナーを食べながら、ノーランはレオの話を聞いた。レオは母の恋人と折り合いが悪く、故郷から出てきたことを話した。ノーランはレストランで上司に会ってしまい、レオのことを咄嗟に甥っ子だと紹介した。

ノーランはレオをマンションまで送り、家の中に入るまで確認しようとした。すると、男がレオの服を掴み上げ、取り分を寄越せと迫っているのが見えた。レオが仕事をしていないというと、男はレオを殴りつけた。ノーランは車を降りて、お金を渡すからレオに構うなと男に迫った。男はノーランの態度に腹を立て、顔を殴りつけた。

ノーランは家に上がり、レオの怪我を手当てした。ノーランも顔を殴られたので、頬が赤くなっていた。これから青くなるのが予想できたが、60歳にして初めてのことで、なんだか嬉しくなった。レオが眠っているのを見て、ノーランもつい横で眠ってしまう。目を覚ますと、朝の4時だった。ノーランは急いで家に帰った。ジョイは夫の隣の部屋で、夫が帰宅する気配を感じていた。

ノーランはジョイに、棚が倒れて顔に痣ができたと嘘を吐いた。ジョイはノーランが嘘を吐くのに耐えられず、遠回しに嫌味を言って、不機嫌そうに顔を強張らせた。その夜、ノーランはジョイの部屋を訪ねた。ジョイは「男性・女性」という映画を見ていた。ノーラン達は映画を見ながら、昔のデートの思い出を楽しそうに語り合った。だが、無言になった瞬間にジョイは悲しそうに顔を曇らせ、ノーランは嘘を吐いたことを謝罪した。ジョイは謝罪を受け入れ、それ以上詳しく聞こうとはしなかった。そして、「男性・女性」という映画がノーランに似ているから好きだと呟いた。

シークレット・ロードのあらすじ【結】

レオはセックスをせずに、ノーランからお金を貰うことに心苦しさを感じていた。だが、ノーランは妻を裏切るのが嫌で、レオに触れようとはしなかった。レオは代わりにノーランが好きだと言っていた、西部劇のビデオをプレゼントした。

ノーランはウィンストンの恋人に頼み、レオのためにカフェのアルバイトを紹介してもらう。だが、ウィンストンの恋人から、レオが面接に来なかったと教えられる。ノーランがレオの部屋に行くと、客の男が傍にいた。ノーランは嫉妬を滲ませながら、面接に行かなかったレオを非難した。レオはノーランには何の権利もないと怒り、家から追い出した。

ノーランは父を訪ね、自身が同性愛者であることを打ち明けた。12歳で初めて気づいたときから、ずっと秘めていたことだった。ノーランは父に飲み物を飲まそうとするが、父は顔を背けて拒否した。その夜、ジョイはノーランの背中に抱きつき、一緒に眠って欲しいと頼んだ。愛していると囁き、ノーランも同じ言葉を返すが表情は曇っていた。

ノーランを心配して銀行までウィンストンが訪ねてくる。しかもそこに、レオまで現れる。元締めの男が脅迫してノーランから金を奪うよう、レオに指示したのだ。ノーランは銀行を出て、レオと一緒に元締めの男の元まで向かった。ノーランは金を支払わないと強硬な姿勢を見せた。その時、ウィストンが呼んだ警官が現れ、騒動に発展してしまう。ウィンストンはノーランとレオを怪訝な表情で眺めた。

支部長との食事会当日。ノーランの携帯に連絡が入ったため、ジョイに1人で食事会に行ってもらった。レオが薬物の過剰摂取で路上に倒れていたところを、救急車で運ばれたのだ。だが、病室に行くとレオの姿は既になく、プリペイド携帯が置かれていた。ノーランがレオの部屋に行くと、荷物が全て無くなっていた。

ノーランが家に帰宅すると、ジョイが不機嫌な顔で待っていた。ジョイはノーランが男と会っているのを知っていたが、離婚するのは嫌がった。だが、ノーランはこれ以上偽りの結婚生活を続けることに耐えられなかった。後日、ノーランはウィンストンに離婚したことを話した。ウィンストンはノーランを励まし、恋人とニューヨークに旅立った。

ノーランは銀行を退職した後、カフェで男性と握手を交わした。ジョイは1人で旅行に出かけた。

Amazon 映画『シークレット・ロード』の商品を見てみる