映画『世界中がアイ・ラヴ・ユー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のネタバレあらすじ結末

世界中がアイ・ラヴ・ユーの概要:DJの家族関係は少し複雑だった。実の両親の他に継父や義理の兄弟・姉妹がいた。そんな家族の元に、春の訪れと共に恋が訪れていた。DJの義理の姉妹であるスカイラーは恋人と婚約をし、異父姉妹は名前も知らない人物に恋をしていた。

世界中がアイ・ラヴ・ユーの作品概要

世界中がアイ・ラヴ・ユー

公開日:1996年
上映時間:102分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ミュージカル
監督:ウディ・アレン
キャスト:アラン・アルダ、ウディ・アレン、ドリュー・バリモア、ルーカス・ハース etc

世界中がアイ・ラヴ・ユーの登場人物(キャスト)

ジョー・バーリン(ウディ・アレン)
元妻であるステフィのことを未だに引き摺っている。ボブと親友。
ボブ・ダンドリッジ(アラン・アルダ)
弁護士をしている。ステフィの再婚相手。ステフィと再婚後も、ジョーとの友情を大切にしている。
ステフィ・ダンドリッジ(ゴールディ・ホーン)
ジョーの元妻。資産家の生まれで、ボランティア活動に熱心。
スカイラー・ダンドリッジ(ドリュー・バリモア)
ボブと前妻の子供。ホールデンと付き合っており、結婚することになる。
ジューナ・バーリン(ナターシャ・リオン)
ジョーとステフィの子供。DJと呼ばれている。惚れっぽく飽きっぽい。
ホールデン・スペンス(エドワード・ノートン)
スカイラーの恋人。抜けているところがあり、度々スカイラーの意見に流される。スカイラーを一途に愛している。
ローラ・ダンドリッジ(ナタリー・ポートマン)
ボブとステフィの娘。レインといつも一緒にいる。レインと同じ人を好きになるが、振られてしまう。
レイン・ダンドリッジ(ギャビー・ホフマン)
ボブとステフィの娘。ローラといつも一緒にいる。
ヴァン・シデール(ジュリア・ロバーツ)
夫との生活に不満を抱いており、分析医の元に通って悩みを打ち明けている。ジョーと出会い恋に落ちる。
スコット・ダンドリッジ(ルーカス・ハース)
ボブと前妻の子供。利口な人物。家族が民主党を支持する中、共和党を支持する。

世界中がアイ・ラヴ・ユーのネタバレあらすじ

映画『世界中がアイ・ラヴ・ユー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

世界中がアイ・ラヴ・ユーのあらすじ【起】

春のニューヨークは恋人達にとって最高の場所だった。スカイラーも恋人のホールデンとデートを楽しんでいた。

ジューナは通称DJと呼ばれており、リッチな生活を送っているが、家族関係はかなり複雑だった。継父であるボブは弁護士で、前妻との間にスコットとスカイラーという名前の2人の子供がいる。DJは異父姉妹のレインとローラと仲が良かったが、スコットは家族の中でも浮いている状態だった。家族が全員民主党支持の中で、スコットだけが保守的な共和党派だったからだ。そのため、スコットとボブは度々口論を起こしていた。

DJの母であるステフィは資産家の生まれで富を罪悪視しており、ボランティア活動に日々大忙しだった。レインとローラは名門女子高に通学しており、通りで見かける名前も知らない男性に恋をしていた。そして、レイン達は放課後、親友であるクレールの母親の職場を訪ねる。クレールの母は分析医をしており、レイン達とDJは診察室を覗いて楽しんでいた。今回の患者は男性の夢を見て罪悪感を抱いている女性だった。

祖父は88歳で監視が必要だった。昨年、タオル1枚でチケット売り場に並んでおり、メイドのフリーダが迎えに行った。フリーダはヒトラーもきっと恐れるであろう強烈なメイドで、祖父を唯一扱える人物だった。DJの実の父であるジョーは、パリに住んでいるがよくニューヨークに帰国する。ジョーはボブと親友だが、未だにステフィのことを引き摺っていた。それでも3人は仲が良く、何でも話し合った。ジョーは新しい恋人を親友に取られて落ち込んでいたが、ステフィとボブが話を聞いて慰めた。

世界中がアイ・ラヴ・ユーのあらすじ【承】

ホールデンに頼まれて、DJはスカイラーに贈る婚約指輪を一緒に見に行った。だが、指輪の値段が高く、ホールデンは尻込みする。

家の中は騒々しかった。ローラとボブはスカイラーの婚約の件で浮かれていたし、スコットは新聞記事を見ながら、犯罪者が釈放になった件で喚いていた。祖父は野球観戦に行くと騒いでいたため、フリーダに散歩へ連れて行ってもらった。祖父は痴呆が進んでおり、野球場が無くなったことを覚えていなかった。

ホールデンはスカイラーとディナーに出掛けた。店に指輪を渡す演出を頼んでいたのだ。ホールデンが指輪を置いたデザートが運ばれてくるが、スカイラーは指輪に気付かず飲み込んでしまう。その後、ホールデン達は病院に駆け込んだ。レントゲンに指輪が写っており、取り出すことが可能だった。婚約の話を聞いた医師や看護婦達にホールデン達は祝福される。

レインとローラは美術館で夏のバイトを行い、週末は海水浴を楽しんだ。ステフィは芸術家を集めて凶悪犯の仮釈申請運動を行った。刑務所の悪条件に心を痛めたのだ。DJは7月は母とニューヨークで過ごし、8月は実の父とヨーロッパで合流した。

DJはヴェニスでハンサムな男性と出会い、最初の1週間は幸せだった。だが、父が失恋を引き摺っていたため、DJは父とディナーに出掛けた。そこで父から恋のアドバイスとして、人に去られるのは辛いから去る方を選びなさいと言われる。その時、ジョーは美しい女性に心を奪われるが、彼女は結婚指輪をしており既婚者だった。DJはその女性がクレールの患者だと気付き、彼女が不幸な結婚生活を送っていることを父に教えてあげる。そして、DJは父とその女性をくっつける策略を練る。

世界中がアイ・ラヴ・ユーのあらすじ【転】

女性は朝早く町をランニングしており、ジョーも走って声を掛けようとするが見失ってしまう。ジョーが探していると、曲がり角で女性とぶつかってしまう。ジョーは咄嗟に道を聞いて誤魔化すが、久しぶりのランニングで息切れを起こしてしまう。女性が心配そうに見ていると、女性の旦那が現れたので2人は一緒に去っていってしまう。

DJは女性の情報を集めており、サン・ロッコ美術館に行くことを突き止めていた。そのため、DJはジョーに美術書を渡し、美術の知識で女性の気を惹くようにアドバイスを送る。ジョーは美術館に行き、女性に声を掛けて自己紹介をした。女性はヴァンという名前だった。ジョーはしどろもどろになりながらも、覚えた美術の知識を披露した。ヴァンは作品への知識が深いジョーに興味を持つ。2人は外に出て他愛のない話をした。ヴァンは自分の好みを的確についてくるジョーに感動するが、実はその知識はDJの入れ知恵だった。

ジョーはヴァンに対して嘘を吐いていることに罪悪感を抱くが、DJはそれでも気にせず父の恋を応援した。その夜、DJに誘われるままジョーがパーティーに行くと、アルベルトという男性を紹介される。DJは彼と結婚する気でいた。ジョーは激しく動揺して、DJに止めるよう説得する。

ジョーが会場を後にすると、ヴァンと夫のグレッグとばったり出くわす。グレッグが先にパーティー会場に行ったため、ジョーはヴァンと2人きりで会話を楽しんだ。そして、DJから聞いた情報を元にヴァンの苦悩を言い当てると、ヴァンから突然キスをされる。

翌朝、ジョーはパリに、DJはニューヨークに帰国した。DJが空港で荷物を探していると、ケンという素敵な男性に出会う。2人はタクシーに一緒に乗り込むと、うっとりと見つめ合った。

DJが旅行中、家族には様々な出来事があった。スカイラーはウェディングドレスを決め、競馬の趣味が一致した花婿の父と継父は友達になった。レイン達はお店で、以前から気になっていた男性に声を掛け仲良くなった。彼はジェフリーという名前で大富豪の跡取り息子だった。

世界中がアイ・ラヴ・ユーのあらすじ【結】

秋になり、10月にはステフィの誕生会が開かれた。ステフィはそこに、出所したばかりのフェリーという人物を呼んだ。フェリーは殺人も起こしたことがあり、粗野で傍若無人な人物だった。そこに、ホールデンの両親が訪ねてきて、フェリーの振る舞いを見て唖然とする。スカイラーは慌ててフェリーをテラスに連れて行った。

ボブがステフィのために歌を歌い、皆素晴らしい歌声に聞き惚れた。テラスでは、スカイラーがフェリーに口説かれて、押し切られるままキスをしていた。結婚するのにダメだという気持ちはあったが、スカイラーはフェリーの手を振り払えなかった。

分析医の元にヴァンが訪れたため、DJ達は話を聞いていた。ヴァンはジョーとベッドを共にする夢を見たと話していた。DJはこのことを父に伝えようとして、必死にメモを取った。そして、突然何の予告もなく祖父が他界した。家族は皆自分の人生を大切にすることを心に誓う。

ジョーはヴァンとベッドを共にすると、パリで一緒に住もうと誘った。その頃、家ではスカイラーが婚約を解消したことを両親に打ち明けていた。スカイラーはフェリーに本気で惚れてしまったのだ。両親はスカイラーを説得するが、スカイラーは話を聞き入れなかった。キッチンではローラが泣いていた。ジェフリーがレインとデートに出掛け、ローラは振られてしまったのだ。

DJもケンとは別れ、次はラップ歌手に恋をしていた。スカイラーはフェリーと山にドライブに出掛け、散歩を楽しんでいた。その時、山から2人組の男が現れる。彼らは銃を所持しており、フェリー達はスカイラーを連れて町に強盗に出掛け、パトカーに追いかけられる。

ヴァンはグレッグの元を去り、パリへと飛び立った。ジョーはヴァンが好きそうなアパートに引っ越して家財を揃えた。ハローウィンの季節になり、ニューヨークでは子供達が仮装をしてお菓子を貰いに来た。ホールデンも子供の振りをして訪れ、スカイラーを抱きしめた。2人は寄りを戻すことになり、ボブ達も大喜びした。ホールデンはお菓子の箱に指輪を入れて渡したが、スカイラーがまた指輪を飲み込んでしまう。

今年も秋が訪れたが、感謝祭の日にスコットが倒れてしまう。動脈障害だったが、医師からもう心配はないと言われる。その日からスコットは共和党ではなく、家族と同じ民主党を支持した。この1年の振る舞いは、動脈障害で脳の酸素が欠乏していたせいだった。ボブは大喜びした。

ニューヨークに冬が訪れ、クリスマスは家族でパリに出掛けた。家族でホテルに居ると、落ち込んだ様子のジョーが現れる。ヴァンがグレッグの元に戻ってしまったのだ。ジョーは出掛けたくないと拗ねるが、ボブが風邪をひいたため、皆に押し切られる形でステフィと出掛けた。ステフィ達は過去のデート話に花を咲かせた。ジョーは昔のデート場所である橋の下にステフィを連れていった。ステフィは夫を愛しているが、笑いを届けてくれるのはジョーだけだと告げた。だが、2人は夫婦よりも友情として上手くいっていた。ジョー達は優しくキスをすると、家族の元に帰っていった。

Amazon 映画『世界中がアイ・ラヴ・ユー』の商品を見てみる