映画『千年女優』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「千年女優」のネタバレあらすじ結末

千年女優の概要:長年人々に愛され続けた大女優、藤原千代子。そんな彼女には、誰も知らない過去があった。日本を代表するアニメーター、今敏が描き出す、圧倒的な美の世界へようこそ。

千年女優の作品概要

千年女優

製作年:2001年
上映時間:87分
ジャンル:アニメ、ファンタジー
監督:今敏
キャスト:折笠富美子、小山茉美、荘司美代子、飯塚昭三 etc

千年女優の登場人物(キャスト)

藤原千代子(荘司美代子)
長年人々に愛された大女優。今回、千代子のドキュメンタリーを作るため、彼女の過去に迫る。
大滝諄一(鈴置洋孝)
映画監督。千代子に想いを寄せており、長年のアプローチの末とうとう彼女と結ばれた。
画家の青年(山寺宏一)
戦時中、千代子と出会った追われる身である男性。千代子は長年この人物を追い続けてきた。
立花源也(飯塚昭三)
千代子の大ファン。撮影所のアニバーサリーイヤーに即して、千代子のドキュメンタリーを作ろうと思い立つ。

千年女優のネタバレあらすじ

映画『千年女優』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

千年女優のあらすじ【起】

女優、藤原千代子。彼女は長年多くのファンを魅了してきた大女優である。一方、銀映撮影所がその年、名誉ある70周年を迎えようとしていた。そして、立花はその映えある70周年を記念して、千代子のドキュメンタリーを作成しようと考えた。

立花は、千代子に話を聞くため彼女の自宅へと向かう。実は、立花は以前撮影所で千代子を見かけたことがあった。その際、千代子が落とした鍵を拾っていた立花は、話を聞く前に彼女にそれを返す。すると、千代子は自らの生涯、そして、その鍵にまつわる全てを語り出すのだった。

それは、千代子がまだ女学生の頃だった。類稀なる美貌を持つ千代子にはスカウトの声がかかっていたが、彼女の親は猛反対。悩む千代子は、追われる身である画家の青年と出会うのだった。成り行きから、千代子は青年を助けてしまう。そして、そこから青年と千代子の奇妙な縁が始まるのだった。青年は、千代子に一つの鍵を見せた。それは、彼の一番大切なものを開ける鍵だという。翌日、青年は安全な場所を求め旅立っていった。そして、千代子は彼の落とした鍵を拾うのだった。

千年女優のあらすじ【承】

共に過ごした時間こそ短かったものの、千代子はすっかりその青年に心惹かれていた。満州へと向かった青年を追いかけるため、千代子は女優の道を選ぶ。そして、とうとう満州に行くチャンスを手に入れたのだった。そして、千代子は青年が北にいることを知り列車に乗り込んだ。

とうとう千代子は青年と再会を果たす、しかし、彼は満州に渡っても尚追われる身だった。ようやく再会できた二人だったが、結局鍵は渡せないままに、二人は再び離れ離れとなってしまう。彼は、「いつか約束した場所で」と言い残しその場を去っていった。しかし、千代子にはそのメッセージの意味がわからない。

千代子は諦めることなく、青年の姿を追い続けた。しかし、運命が彼女を邪魔するかのように、中々彼女は青年に鍵を返せずに時間ばかりが過ぎるのだった。そして、とうとう長く日本を苦しめていた大戦も終わりを迎えた。千代子は久々に、青年を匿っていた蔵へと足を向けた。そこには、青年が書いたと思われる千代子の似顔絵と、メッセージが残されていたのだった。

千年女優のあらすじ【転】

千代子の大ファンである立花は、食い入るようにその話を聞いていた。しかし、途中千代子の体調が悪化し、千代子は倒れてしまう。立花は千代子に無理をせず安静にするように伝えるが、それでも千代子は話を止めようとはしないのだった。

長年青年を追っていた千代子だったが、戦後、とうとう彼に続く手がかりがなくなってしまう。彼女の唯一の希望といえば、自分が多くの映画に出演することで、青年が自分を見つけてくれることだった。一方、その頃千代子は映画監督である大滝という人物から熱烈なアプローチを受けていた。しかし、どうしても青年のことを忘れられない千代子は、中々結婚に踏み切ることができないのだった。
そんな千代子に対して、青年が迎えに来ることはない、と千代子の母親は千代子を叱る。それでも青年を追い求め続けていた千代子だったが、ある日、青年が落とし、それから自分が大切に持っていた鍵をなくしてしまう。唯一の青年との繋がりを失った千代子は、観念して大滝の妻になるのだった。

千年女優のあらすじ【結】

しかし、結婚して暫くした頃、千代子が大滝の部屋を掃除している時のことだった。なんと、彼女は大滝の部屋でその鍵を見つけてしまったのだ。実は、千代子とどうしても結婚したい大滝は、彼女に内緒で鍵を隠していたのだ。

ショックを受ける千代子。そして、そんな彼女の耳に思いがけずとある情報が入ってくる。それは、青年の故郷が北海道であるというものだった。その情報を頼りに、千代子は北海道へと旅立った。しかし、結局千代子と青年が一緒になることはなかったのである。それから暫くして、千代子はスクリーンから姿を消した。青年に、老いた自分を見せたくなかったためである。

そこまで話し終え、千代子は病院に運ばれることになった。立花は、真実を知っていた。実は、青年はまだ戦時中に、敵に捕まり拷問を受けた際に死亡していたのである。千代子と青年が会える道理はなかったのだ。しかし、千代子は若き日の憧れの人を追っている自分が、どの自分よりも好きだったのである。

Amazon 映画『千年女優』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    日本のアニメは、ジブリや押井守監督作品だけじゃない!という、プライドを見せてくれる今敏監督作品です!

    「千年女優」の面白さは、絵のクオリティの高さはもちろんのこと、女優藤原千代子の人生を多元的に魅せたところ。女優魂や鍵の君への執着心など、人間のドロドロした心の裏側さえもスケール感大きく描いている点ではないでしょうか。

    実写にはできない、アニメーションだからこそ出来る表現を駆使した作品であり、大人が楽しめるものです!これまで、名前は知っていたけど観そびれていたというあなたにぜひ、おすすめします!

  2. 匿名 より:

    ①人生を賭けた愛の物語~「千年女優」の女優魂を見よ!

    「千年女優」のモデルは、きっと原節子さんだと思う。女優として、1番美しい時に引退されたのだからいつまでも記憶に美しいままだ。

    現実と幻想が交差する刹那、女優藤原千代子は、生き生きと輝いています。昭和の香りや彼女の内的世界が見事に表現されていて素晴らしい。

    これがもし実写だったら?やはり、アニメだからこそ、上手く描けているのだと思います。
    またハスの花が象徴的に描かれていることで、輪廻を想像させ、千年の呪いをかけられた女性の人生が色鮮やかに甦ります。

    女優藤原千代子が生涯思い続ける、鍵の君が一体どんな感じの男性かあまり語られていないのですが、そこも想像力を掻き立てる魅力だと思います。

    また3世代に渡って、3人の声優が演じる点にも注目して下さい。
    個人的には、“鍵の君”を想い続ける千代子に共感はしなかったが、女優という生き物の想像力にヤラレてしまいました。

    ②もっと今敏(こんさとし)の作品が観たい!

    「千年女優」や「東京ゴッドファーザーズ」などを製作した今敏監督は、惜しまれつつ2010年に病気で亡くなられています。

    今敏監督ははじめ、漫画家デビューをし、その後「AKIRA」を作った大友克洋監督に師事しています。

    「機動戦士ガンダム」シリーズや「童夢」、テリー・ギリアム作品などに影響を受け、“幻想と現実の狭間”を常に描き続けたのです。

    それでは、今敏監督作品でおすすめ2作品をみてゆきましょう。まず、1作目は、「PERFECT BLUE」(98)。「千年女優」とイメージが少し被るのですが、アイドルが主人公のサイコ・ホラーです!

    2作目は、「MEMORIES」(95)。大友克洋監督、今敏脚本の作品。3編のオムニバス形式の作品で、第1編目の「彼女のおもいで」という作品が素晴らしい!
    ブラックな作品ばかりですが、大人にこそ観てほしい。

    このように今敏作品は、観終わった後にじわじわと来るものが多く、時に幻想と現実の境目が分からなくなるほどの破壊力があります!