映画『セッション』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「セッション」のネタバレあらすじ結末

セッションの概要:名門音楽院でドラマーを目指す青年と、音楽院の伝説の鬼教師との対決を描くヒューマンドラマ。鬼教師を演じたJ・K・シモンズがアカデミー助演男優賞を受賞。音楽と表情だけですべてを語る、ラストの演奏シーンは圧巻だ。

セッションの作品概要

セッション

公開日:2014年
上映時間:107分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:デイミアン・チャゼル
キャスト:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノワ etc

セッションの登場人物(キャスト)

アンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)
名門のシェイファー音楽院でドラムを専攻している青年。名ドラマーのバディ・リッチのようになるのが小さいころからの夢。トップの座を獲るためなら厳しい練習もいとわない努力家だが、自分の才能を信じるあまり、周りの人を見下すことも多い。
フレッチャー(J・K・シモンズ)
シェイファー音楽院内でも有名な鬼教師。数々のコンテストで優勝している、学内トップのジャズバンドを指揮している。常に完ぺきを求め、名演奏家を育てるためならば生徒への罵倒・暴力もいとわない。
ジム・ニーマン(ポール・ライザー)
アンドリューの父。アンドリューはバディ・リッチ好きな父親の影響でドラマーを志した。アンドリューの夢を応援し、陰から支えている。教員をしており、妻には出ていかれている。
ニコル(メリッサ・ブノワ)
アンドリューと父が通う映画館の売店で働く女子大生。アンドリューにデートに誘われ、付き合うことになる。音楽とは無縁。
ライアン(オースティン・ストウェル)
アンドリューが元々所属していた学内バンドの主奏ドラマー。アンドリューは普段彼の楽譜めくりを担当していた。自信家でややチャラチャラしたところがある。
カール(ネイト・ラング)
フレッチャーが指揮する学内バンドの主奏ドラマー。アンドリューはこのバンドに移ってからも彼の楽譜めくりをさせられる。病気で記憶力が弱く、暗譜ができない。

セッションのネタバレあらすじ

映画『セッション』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

セッションのあらすじ【起】

国内でも屈指の名門音学校、シェイファー音楽院。ここに通うアンドリュー・ニーマンは、子どものころからの夢であるドラマーを目指し、スタジオでひとり猛練習をしていた。そこへ学内でも有名な鬼教師、フレッチャー教授が現れる。彼は学内トップのジャズバンドで指揮をしており、彼に見初められればプロにスカウトされる道がぐっと近づく。アンドリューは緊張するが、フレッチャーは少し彼の演奏を見て、何も言わず行ってしまった。

アンドリューは普段、学内で他の教授が指揮するバンドに所属している。そこでのドラムの主奏者はライアンだ。アンドリューは彼の楽譜めくりをさせられることが多かった。ふとアンドリューが気づくと、フレッチャーらしき人影が部屋を覗いている。

次の日、フレッチャーがアンドリューのバンドを訪れた。フレッチャーは1人ずつ演奏させていき、アンドリューにもドラムを叩かせる。去り際、フレッチャーはアンドリューに自分のバンドに移るよう命じる。フレッチャーに才能を認められたと、アンドリューはほくそ笑む。

アンドリューは父のジムとよく行く映画館のアルバイト・ニコルをデートに誘い、成功する。

セッションのあらすじ【承】

フレッチャーのバンドでの初日。バンドには元々主奏者のカールがおり、アンドリューはここでも楽譜めくりをすることに。曲はジャズの「ウィップラッシュ」。元いたバンドとはケタ違いのレベルの高さに、アンドリューは圧倒される。フレッチャーはとても厳しく、音程がずれているかわからなかった生徒をバンドから追い出してしまった。練習後、フレッチャーはアンドリューに親しげに話しかける。

次の日、アンドリューに演奏する機会が回ってきた。フレッチャーにべた褒めされてにやりとするアンドリューだったが、わずかにテンポがずれたことをきっかけに、フレッチャーに何度もやり直させられる。しまいにはイスを投げつけられ、罵倒され、ビンタまでされてしまう。アンドリューは泣き出してしまった。自分の未熟さを思い知らされ、アンドリューは悔しながらに自主練をする。そのスティックを握る指は血だらけになっていた。

ニコルとのデートの日。アンドリューとニコルは会話が弾む。ニコルは地方から出て来た大学生だった。2人の付き合いが始まった。

フレッチャーのバンドは、シェイファー音楽院の代表としてジャズコンテストに出場する。主奏者のカールに楽譜を預けられたアンドリューだったが、楽譜を失くしてしまった。病気の症状で譜面を覚えていないカールに代わり、急きょアンドリューがステージに立つことになる。練習の甲斐あって、フレッチャーを満足させる演奏をすることができた。シェイファー音楽院は優勝し、コンテスト翌日、フレッチャーはアンドリューを主奏者にする。

セッションのあらすじ【転】

バンドでは大会に向け、ジャズの名曲「キャラバン」の練習が始まった。非常に速いテンポでドラムを叩く必要がある。フレッチャーはライアンをスカウトして来た。彼をべた褒めするフレッチャーに、アンドリューは焦りを感じていた。練習に打ち込むために、アンドリューはニコルを一方的に振ってしまう。

フレッチャーは、自分が才能を見いだし育てたトランペット奏者のショーン・ケイシーが、事故で亡くなったと語る。練習が始まり、フレッチャーはカール・ライアン・アンドリューに順番に演奏させる。3人ともテンポが追いついていないと、猛烈なしごきが始まった。長時間のしごきの末、アンドリューが主奏者の地位を勝ち取る。

大会当日、アンドリューの乗るバスが故障、彼はレンタカーで会場へ急ぐ。何とか間に合ったがライアンに主奏者の座を奪われていた。しかもスティックをレンタカー店に置き忘れてしまった。アンドリューは退学覚悟で主奏者の約束を取り付け、スティックを取りに戻るが、車が事故に遭ってしまった。

全身血だらけで、アンドリューはドラムの前に座る。演奏が始まったが、血でスティックが滑り落ちてしまう。ドラムの音が消え、演奏を中止せざるを得なくなったフレッチャーは、その場でアンドリューに「お前は終わりだ」と告げる。アンドリューは逆上してフレッチャーにつかみかかり、退学に追い込まれてしまった。

ジムは息子のために、フレッチャーのいきすぎた教育法を学校に訴えることにする。弁護士によると、フレッチャーの教え子・ショーン・ケイシーは、彼のせいでうつ病になり自殺したのだそうだ。匿名は守られると知り、アンドリューはフレッチャーから受けた教育について告白することにする。

セッションのあらすじ【結】

音楽院を退学になり、アンドリューはドラムをやめた。ふとアンドリューは、フレッチャーがジャズバーでピアノを弾いているのを発見する。アンドリューの告げ口が原因で、フレッチャーは音楽院をクビになっていたのだ。アンドリューに気づいたフレッチャーは、彼を飲みに誘う。

誰かの告げ口で音楽院をクビになったこと、偉大な音楽家を育てることへの情熱などを語ったフレッチャーは、アンドリューを自分のアマチュアバンドに誘う。今度開かれるジャズ・フェスティバルに一緒に出てほしいと言うのだ。曲はアンドリューが叩ける「ウィップラッシュ」と「キャラバン」。アンドリューは、再びドラムへの情熱を取り戻した。

自分の態度を悔いたアンドリューは、ニコルに電話する。しかし彼女はもう別の男性と付き合っていた。

ジャズ・フェスティバル当日。プロのスカウトも来ている。バンドの演奏が始まった。しかし演奏曲は、アンドリューの知らない難解な変拍子のものだった。アンドリューは楽譜もなく必死に食らいつくが、大失敗してしまう。そう、これはアンドリューの告げ口に気づいていたフレッチャーの罠だったのだ。

プロへの道を絶望的にされたアンドリューは、舞台袖にひっこみ父に抱きしめられる。しかし負けたままでは終われない。アンドリューはもう一度舞台に上がる。そして曲紹介を無視し、「キャラバン」を叩き始める。他の奏者もそれに合わせ始め、演奏を続けざるを得なくなったフレッチャーは仕方なく指揮をする。アンドリューは長いドラムソロを叩き始めた。最初は怒り心頭だったフレッチャーも、彼のソロを聴くうちに真剣に指揮をし始め、倒れかけたシンバルを元に戻す。ついにドラムソロは最高潮を迎えた。その瞬間、フレッチャーの口元に満足げな笑みが浮かぶのだった。

Amazon 映画『セッション』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    音楽を扱った映画でありながら、本作はアクション映画でもある。本心をお互いにぶつけあうという意味では、ある意味殴り合いなのだ。

    時にそういった本気の殴り合いは、第三者から見れば滑稽である。本気で取り組むということは独善的なことなのかもしれない。本作ではラストの演奏シーンで引きのロングショットが効果的に多用される。あの世界の高次に達しているのはネイマンとフレッチャーだけで、観客もほかのバンドメンバーも置いてけぼりなのだ。

    しかし格闘技と唯一異なるのは、勝敗がすべてではないということである。自分が真に納得できるものを実現できればそれで良いのだ。それを他者がどう言おうと関係ない。自分の人生は他でもない、自分のものなのだから。

  2. 匿名 より:

    物語ラストのドラムの熱演は圧巻である。単純な物語のカタルシスがここにあるのはもちろんのこと、演出も冴えている。ネイマンは誰とも目を合わせず、目の前のドラムをひたすら叩くのだ。彼はようやく、他者の視点という呪縛から脱却したのだ。そしてこれがフレッチャーと分かり合えた初めての瞬間でもある。他者と真に交流するということは、心でお互いに語り合うことなのだ。

  3. 匿名 より:

    終盤、ネイマンは幼いころの自分がドラムを叩く姿をホームビデオで見て涙を流す。ネイマンは、もはや自分の中に純粋な初期衝動がないことに気づいてしまったのだ。他者からどう見られるかを意識しすぎたあまり、音楽に向き合う姿勢を欠いていたということに気付かされる訳だ。

    ネイマンはフレッチャーと揉め、音楽学校を退学となりドラマーの道を諦めるが、ドラムを壊したり捨てたりせず自宅のクローゼットに仕舞ってあることからも、未だどこかで夢を諦めきれていないことが伺える。一度、夢も愛する人をも捨てたことで、失うものがなくなったネイマンは音楽そのものに向き合うこととなる。

  4. 匿名 より:

    ネイマンはフレッチャーから指導を受ける際、相手の目を見るよう教育される。ネイマンは相手の目を見ない人物だったのだ。相手の目を見ることで自分の感情をむき出しにして伝えるということを体得したネイマンであったが、これと同時に彼が得たものがもうひとつある。「相手の目を見る」という行為は、同時に「相手から見られる」ということでもある。そう、彼は同時に「他人の目」という新たな概念を意識上に表面化させることとなるのだ。実際、これ以降、ネイマンはフレッチャーに気に入られることだけを求めるようになっていく。