映画『セブンティーン・アゲイン』あらすじネタバレ結末と感想

セブンティーン・アゲインの概要:2009年公開のアメリカ映画。離婚協議を持ち出されたダメな30代の男が、17歳の格好良いバスケマンだった頃に戻り、もう1度自分の人生を見つめ直していく青春コメディ。

セブンティーン・アゲイン あらすじネタバレ

セブンティーン・アゲイン
映画『セブンティーン・アゲイン』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

セブンティーン・アゲイン あらすじ【起・承】

37歳のマイク(ザック・エフロン)は、愛妻のスカーレットから離婚を切り出されている。
彼には娘のマギーと息子のアレックスがいる。
バスケに一生懸命だった学生時代、スカーレットの妊娠が判明し進学してバスケをすることを諦め結婚したマイク。
当時は格好良く、好青年だった。
しかし今は家庭を顧みず無関心なマイクは妻どころか、子供達からも軽蔑されていた。

ある日、不思議な出来事がマイクの身に起こる。
何と17歳の姿に戻ってしまったのだ。
驚き戸惑うマイクだったが、学生時代からの親友ネッドに相談しに行く。
発明好きで映画オタクのネッドに真実を説明するが、当然最初は信じてもらえない。
しかし二人だけの思い出を語ると、目の前にいる17歳の青年がマイクだと信用してくれた。
せっかく17歳に戻ったのだから、人生をもう1度やり直してみようと思いつくマイク。
通っていた高校に編入するため、ネッドを父親代わりにして校長に会いに行くことにする。

この学校にはアレックスとマギーも通っていた。
食堂でお昼をとろうと思った時、アレックスが虐めにあっている現場を見つける。
虐めている相手はスタン。
彼は体が大きく、口だけの男でマギーのボーイフレンドだった。
アレックスに素知らぬ同級生の振りをして事情を聞くと、頭にきたマイクはスタンを懲らしめる。
その説教は誰が聞いてももっともな内容で、スタンを良しとしない周囲の人間もスッキリさせた。

このことで友人関係になったアレックスとマイク。
ある日マイクはアレックスの自宅に招待される。
当然アレックスの母親はスカーレット。
久しぶりに見た妻の姿に愛を再確認した。
スカーレットもまた、昔の夫にそっくりのマイクに動揺する。

セブンティーン・アゲイン あらすじ【転・結】

スタンとマギーが付き合っていることにも難色を示すマイクは、マギーに「スタンは止めた方が良い」と何度も忠告する。
最初は嫌悪感を露わにしていたマギーだったが、スタンの裏切りに合いマイクが正しかったと認める。
そして、マイクは自分に好意があるから忠告したのだと勘違いしてしまう。
強引に誘われるマイクは、冗談じゃないとマギーを拒んだ。
「僕には昔から愛している1人の女性がいる」と。
もちろんそれはスカーレットだった。

学生パーティーの夜。
子供達を心配して会場に現れたスカーレットを見つけたマイク。
スカーレットは「虐めにあっていたアレックスが明るくなったのは、マイクのおかげ」と感謝する。
良い雰囲気になった二人。
思わずマイクはキスをしてしまった。
事態が飲み込めないスカーレットは急いで帰る。

遂に離婚調停の日。
17歳になった姿ではもちろん出廷は出来ない。
しかし離婚したくない気持ちは伝えたいと、マイクから手紙を預かっていると嘘をつき証人として裁判に参加する。
そしてスカーレットに手紙を読むマイク。
その内容は彼女とマイクしか知らないことばかりだった。
「離婚したくないが、君を縛りたくはない」と告げる。
そして読んでいた手紙を落としたことに気がつかず、その場を去った。

スカーレットは裁判長に判決の延長を申し出、落とした手紙を拾いに行く。
するとその手紙には何も書いてない。
「もしかしたらマイク本人なのかもしれない」と思うスカーレットだった。
17歳の高校生として再びバスケに熱中するマイク。
かつてプロになれると言われていたがスカーレットを選んだマイクは、今回はもうバスケしかないと将来が決まる試合に懸けることにした。

試合の日。
同じバスケ部に入っていたアレックスを見に来たスカーレットを探し、観客席に向かって
二人にしかわからない合図を送るマイク。
「彼がマイクだ」と確信に変わったスカーレットは思わずその場から逃げだす。
それを見たマイクはボールをアレックスに託し、もう1度スカーレットを選んだ。
試合を放棄し彼女を追ったのだ。
再会したスカーレットとマイク。
もうマイクの姿は37歳に戻っている。
やり直そうと決めた二人だった。

セブンティーン・アゲイン 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:コメディ、ラブストーリー
  • 監督:バー・スティアーズ
  • キャスト:ザック・エフロン、レスリー・マン、トーマス・レノン、ミシェル・トラクテンバーグ etc

セブンティーン・アゲイン 批評・レビュー

映画『セブンティーン・アゲイン』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

アイデア勝ちの淡い恋愛ドラマ

本作品は脚本の内容の良さが見所である。
37歳の冴えない離婚目前の男が、17歳の一番良い時代に戻ってしまう。
通う学校には娘と息子、そして妻とも息子の友人として再会するという、簡単そうでいながら非常に良くできたわかりやすい物語なのだ。

しかも20年前にタイムスリップするわけではないから、また良い。
17歳の姿になるのは自分だけで、周囲はそのまま。
だからこそ子供たちの今の生活を助けることが出来たし、妻ともやり直せたのだろう。

ザック・エフロンの新魅力

ハイスクール・ミュージカルシリーズで、一躍人気を博したザック。
彼の主演映画とあって、女子は黙ってはいなかった。
どうせアイドル出身のコテコテ演技なのだろうと期待せず見たが、中々上手くて良い。
しかも娘のボーイフレンド・スタンを打ち負かす時の、バスケのバールさばき。
ザックファンでも無いのに、「おぉ!」と思ってしまった。
笑顔もキュートで嫌味を感じさせないので、これからも俳優として活躍できるだろう。

わかりやすくて感動のオチ

誰にでも想像できるオチが用意されている。
途中から「そうなるだろう」と思って見てはいるが、やはり幸せな気分になる。
人はやり直しが効かないもの、だからこそきちんとその日を生きなくてはいけないのだと痛感させられもする。

裁判に出廷し、あるがままの自分の気持ちを妻に伝えたマイク。
ありふれた演出シーンではあったが、この手の映画はこのくらいわかりやすいのが魅力だ。

セブンティーン・アゲイン 感想まとめ

ザックがただのアイドル俳優ではないということを決定づけた作品である。
演技も良かったし、何より出演した内容が良い。
アイドル卒業するには丁度よい塩梅であろう。

過去に戻るという物語は数多くあるが、自分だけ戻ってやり直すというのは新鮮である。
娘や息子をドラえもんのように導き、妻とも愛を再確認する。
出来すぎたシナリオだがこの完璧さが心地よい。
癒し系とも言える、大人になって疲れた人に見てほしい作品である。

Amazon 映画『セブンティーン・アゲイン』の商品を見てみる