映画『シャドウハンター』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「シャドウハンター」のネタバレあらすじ結末

シャドウハンターの概要:ある日突然、妖魔との戦いに身を投じる事になったヒロイン。聖杯を巡り、熾烈な戦いへと踏み出して行く。吸血鬼や人狼が現れるダークファンタジー。作品の半分は、ほぼ戦闘シーンだが、様々な技が駆使されており飽きさせない。

シャドウハンターの作品概要

シャドウハンター

公開日:2013年
上映時間:130分
ジャンル:アクション、ファンタジー
監督:ハラルド・ズワルト
キャスト:リリー・コリンズ、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ロバート・シーアン、ケヴィン・ゼガーズ etc

シャドウハンターの登場人物(キャスト)

クラリー・フレイ(リリー・コリンズ)
15歳の少女。母親はシャドウハンター。記憶に聖杯の行方が隠されているが、封印されている。絵に物質を隠す能力を持っている。
ジェイス・ウェイランド(ジェイミー・キャンベル・バウアー)
秀でたデーモンハンター。金髪で痩身。クラリーに惹かれる。
サイモン・ルイス(ロバート・シーアン)
クラリーの親友で、彼女に好意を寄せている。クラリーについて行く内に、戦いへと巻き込まれる。
ルーク・ギャロウェイ(エイダン・ターナー)
クラリーの母親の親友で人狼。ずっとクラリーを見守って来た父親のような存在。
ヴァレンタイン・モーゲンスターン(ジョナサン・リス・マイヤーズ)
元ハンター。聖杯を利用し妖魔を制御する力を得た。聖杯を探している。クラリーの父親。

シャドウハンターのネタバレあらすじ

映画『シャドウハンター』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

シャドウハンターのあらすじ【起】

15歳のクラリーは心配性の母親を持つ少女。彼女は友人のサイモンと、気になるマークを記したクラブへ入る。
店内で目配せをする男女を目にし、そこで人を殺す青年を目撃。サイモンにその事を話すも、彼女にしか見えていないようだった。

翌日、母親の制止をよそに、サイモンとカフェへ向かいマークの話をしていると昨夜、クラブで人を刺した青年を見る。サイモンには何も見えていないらしい。

一方、自宅へは男達が押し入り母親を襲う。男達は聖杯を探しているらしい。彼女は娘へ帰って来るなと電話した。
クラリーは急いで自宅へ戻るも、荒らされた室内に母親の姿は見えず、犬の姿をしたモンスターが待っていた。そこへ例の青年が現れ助けられたクラリー。

青年ジェイスが言うには、モンスターは妖魔らしい。クラリーと青年は、1階に住む魔女の部屋へ。クラリーの記憶が魔法使いにより、封印されている事が分かる。それは、彼女を守る為のものだと言う。

2階の自宅で物音がして向かうと、サイモンが来ていた。室内からジェイスが見慣れない小瓶を発見。クラリーは2人と一緒にルークの元へ向かった。
母親の親友ルークは2人の男に拘束され、聖杯の行方を問われていた。奴らは反乱軍の残党だと言うジェイス。見つかったクラリーはジェイスの助けを借りて、店から逃げ出した。

ジェイスはマークが記された研究所へ、クラリーとサイモンを連れて行く。中へ入ると突如、クラリーが倒れる。妖魔に腕を噛まれていた。噛まれた場所に傷を癒すルーン文字を刻む事で、事なきを得たクラリー。

ジェイス曰く、ルーン文字の効果を得られるのは、この世界の人間ではないらしい。普通の人間ならば、効果が強過ぎて耐えられないと言う。彼女をシャドウハンターだと断言するジェイス。そう言えば、母親の事もシャドウハンターだと言っていた。

シャドウハンターのあらすじ【承】

この研究所はハンターの避難所兼、宿泊所だった。だが、聖杯を失ったハンターは激減。ハンターの数を増やすには、天賜の杯が要るらしい。彼らはクラリーを自分達の先生の元へ連れて行く。最高のシャドウハンターだという先生から話を聞いた。

その昔、十字軍兵士が大天使ラジエルを召喚。ラジエルは聖杯に血を注ぎ人々に与えた。それを飲んだ者は特別な力を得て、シャドウハンターとなった。血は親から子へと継承され、妖魔との終わりなき戦いを繰り広げた。

かつてハンターだったヴァレンタインは、聖杯を守る集団クレイヴに反乱し、それを奪った。だが、彼はハンターの進化を実現すべく強大な力を求め、自身の体で実験を開始。妖魔から汚れた血を取り込み、制御する力を得る。誰もが彼を恐れた。故に、クラリーの母親はヴァレンタインから聖杯を奪い去り、姿を消したのだった。恐らく、聖杯の行方を知るのは、記憶を封印された娘のクラリーだけ。

クラリーはジェイスと共に記憶の封印を解く為、サイレントブラザーズの元へ向かった。だが、封印は強固で解放出来なかった。しかし、彼女の記憶を封印した魔法使いが判明する。
一行は魔法使いのいる店へ。魔法使いの封印は完璧だったが、時を経て効力が弱まっているらしい。魔法使いは母親の支援者だった。ハンターに気を付けろと言う魔法使い。
その時、吸血鬼にサイモンが攫われたと知らせが入る。クラリー達は急いで、その後を追った。

教会の祭壇から武器を調達し、吸血鬼の根城である寂れたホテルへ。捕らわれたサイモンを救出して逃げ出すも、大広間で奴らに囲まれてしまう。戦闘開始。3人の若いハンター達は悪戦苦闘。クラリーもそれへ参加するが、数が多く劣勢となる。その時、狼の来襲があり、隙を見て逃げ出した彼らは外へ。一行は無事に研究所へ戻った。

シャドウハンターのあらすじ【転】

ピアノを弾いているジェイスを見つけたクラリー。音楽にも妖魔を退ける力がある事を知る。彼と時を過ごし、距離を縮めた2人は熱烈なキスを交わした。
部屋へ戻るとサイモンがいた。ジェイスと口論になるクラリー。サイモンはジェイスに嫉妬して研究所を去った。

深夜、ルーン文字を調べていたクラリーは、自分の能力に目覚める。絵の中に物を隠す能力は母親も持っていたという。
翌日、自宅へ戻ったクラリーとジェイスは、魔女の部屋を訪ねる。クラリーがタロットカードを見ている間、ジェイスは部屋にあったピアノを奏でた。すると、魔女が苦しみ出す。
聖杯の絵が描かれたカードから、聖杯を取り出したクラリー。魔女は突如、本性を現しクラリーを拘束する。魔女は妖魔となり、聖杯を手にして外へ出る。
そこへ、たまたまやって来たサイモンが、クラリーを助けるべく妖魔へと攻撃し、ハンター達は無事に聖杯を取り戻した。

クラリーは先生へと聖杯を渡す。しかし彼は聖杯を、次元の扉であるポータルから現れたヴァレンタインへと渡してしまった。ヴァレンタインはクラリーの父親だった。彼は聖杯に自らの血を入れて飲めと娘に強要。だが、クラリーは聖杯を絵に戻し、ポータルへと逃げ込んだ。

シャドウハンターのあらすじ【結】

クラリーはポータルから夜の街へ出た。そこへ、狼が現れる。ルークだった。ルークは母親と協力して、娘のクラリーをずっと見守っていたと言う。そこで彼女は、ルークからジョナサンという兄がいた事を知らされる。
しばらくして、クラリーの母親が研究所で発見されたと電話があり、クラリーは人狼族と急いで向かった。

クラリーを逃がしたヴァレンタインは、先生と共謀して施設内へ妖魔を召喚。娘を誘き出し、ジェイスと反目させようとする。ヴァレンタインの計画を阻止しようとしたジェイスは、彼から本名を呼ばれる。ジェイスの本名はジョナサン。ヴァレンタインは彼を自分の息子だと語った。愕然とするジェイス。

研究所へ侵入したクラリー達は、サイモン達と合流。妖魔に追い詰められたクラリーは、自らの手の平にルーンを刻み、妖魔の動きを止めた。ルークが残り、クラリー達を先に行かせる。母親を見つけたクラリーはヴァレンタインを拘束するも、ジェイスに武器を奪われる。そこで初めて、彼が兄だと知らされる。
ヴァレンタインは、娘に聖杯を取り出せと暴行。ジョナスはそれに抵抗を示し、2人は戦い始めた。その隙に、カードを持ってクラリーが逃げる。

ジョナスとヴァレンタインは戦い続ける。屋上では妖魔駆除が必死に行われていた。
ジョナスがヴァレンタインにやられそうになった時、聖杯を取り出したクラリーが父を脅す。交渉の結果、娘は彼へ聖杯を渡してしまうが、背後に回ったクラリーは父親をポータルへと突き落した。もがくヴァレンタイン。クラリーはジョナスのナイフでヴァレンタイン共々、ポータルを破壊した。クラリーは聖杯のレプリカを渡し、ヴァレンタインを倒したと種を明かす。

聖杯はクラリーが守る事になった。母親は未だ昏睡状態だが、ルークが付き添っているので、心配ないだろう。
サイモンはクラリーに気持ちが無い事を知っていた。和解した2人は親友に戻る。
自宅へ戻り、片づけをしていたクラリーの元へ、ジェイスがやって来る。2人は互いが必要だと言い合い、共にハンターとして旅に出た。

Amazon 映画『シャドウハンター』の商品を見てみる