『恋におちたシェイクスピア』あらすじとネタバレ映画批評・評価

恋におちたシェイクスピアの概要:「恋におちたシェイクスピア」(原題:Shakespeare in Love)は、1998年のアメリカ映画。監督は「Queen Victoria 至上の恋」のジョン・マッデン。主演は 「スライディング・ドア」のグウィネス・パルトロー。「エリザベス」のジョセフ・ファインズ。本作はアカデミー賞の作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、音楽賞、美術賞、衣装デザイン賞の7部門を受賞。

恋におちたシェイクスピア

恋におちたシェイクスピア あらすじ

映画『恋におちたシェイクスピア』のあらすじを紹介します。

エリザベス王朝のロンドン。芝居熱が過熱する中で、二つの芝居小屋が鎬を削っていた。カーテン座はイギリス1の人気役者リチャード・バーベッジを擁し、一方のローズ座は客が全く入らず資金難が続く中、経営者のベンズローが借金取りに追い込まれる日々が続いており、劇作家のウィリアム・シェイクスピア(ジョゼフ・ファインズ)のコメディが頼みの綱だったが彼はスランプに陥っていた。宮殿ではエリザベス女王の前で繰り広げられる三文芝居の喜劇に聴衆が歓喜していたが、シェイクスピアは至って思い詰めている表情を隠せない。どうにか書き上げた新作コメディのオーディションにトマス・ケントと名乗る青年がやってくるが、彼は裕福な商人の娘ヴァイオラ(グウィネス・パルトロウ)の男装した姿だった。ステージの上で一人芝居を演じ始めたトマスは、審査をする本物のシェイクスピアに驚き逃げ出してしまうが、その演技力を見初めたシェイクスピアはトマスの後を追う。商人の館に入り込んだシェイクスピアは、舞踏会でヴァイオラとの運命的な恋に落ちる。彼はその日から水を得た魚のように劇作を書き始めたが、親が決めた結婚のため会うことが出来ないというヴァイオラからの別れの手紙を受け取り、納得できず再び商人の館へ向かう。そこで彼はトマスがヴァイオラの仮の姿だと知る。結ばれたふたりはその後も忍び逢いを続け、この恋が次第に運命の悲恋物語「ロミオとジュリエット」を形成してゆく。ヴァイオラはトマスとして劇場の一同を欺き芝居の稽古を続けていた。初公演を待ちわびるある日、トマスが女性であることが発覚してしまいローズ座は閉鎖を言い渡される。そこには女性が役者として舞台に立つことが許されない時代背景があった。ライバルであるカーテン座の協力で初公演を迎えたが、その裏でヴァイオラは不本意ながら結婚式の壇上に立っていた。その後、劇場に駆けつけたヴァイオラは、突然声変わりを起こし出演不可能になった少年の代役で、ジュリエット役を演じることになる。ロミオ役はシェイクスピア本人が務める。詩に溢れた悲恋劇は大喝采のもとに幕を閉じ、芝居好きのエリザベス女王の許しで劇場閉鎖は免れるが、ヴァイオラの結婚は解消に至らず、二人の愛は実らない結果となる。結婚しアメリカへ向かったヴァイオラを想いながら、シェイクスピアは新たに「十二夜」を綴り始める。

恋におちたシェイクスピア 評価

  • 点数:100点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1998年
  • 上映時間:123分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:ジョン・マッデン
  • キャスト:グウィネス・パルトロー、ジョセフ・ファインズ、ジェフリー・ラッシュ、コリン・ファース etc

恋におちたシェイクスピア 批評 ※ネタバレ

映画『恋におちたシェイクスピア』について、2つ批評します。※ネタバレあり

シェイクスピアという作家視点でなく、映画視点から作家を描いた秀作

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」は現代を舞台にしたり、ミュージカルとして上演されたりと、様々な形で映画や舞台で採り上げられてきた。本作はこの舞台劇を執筆した作者自身の恋物語を重ねるというひねりの利いた作品である。作品を書いた元ネタが自らの恋愛体験によるものだったという設定が新鮮である。ヴァイオラがいるバルコニーへの愛の呼びかけなども、シェイクスピア本人が演じているというのもどこか滑稽に見えるのだが、この辺りはコメディタッチで描かれているので、以外とこんな話だったのかなぁと納得させられてしまう。恋をした勢いで乗りにのって戯曲を書き上げるという描写も、ロマンスとして王道的な展開であり、果たしてそこまでの必然性があるのかという感じさえする際どいベッドシーンなどは、この手の作品をあまり積極的に見に来ることのない、男性の観客を増やすためのサービスとしか思えないようなシチュエーションである。多分これを悲劇的に描いたとしたら冗長な作品になってしまったかも知れない。コメディとシリアスのギリギリのラインを上手くキープしながら、ハリウッド作品と思わせないような展開で見せる心憎い演出が光っている。

あらゆるエンターテインメントが凝縮された作品

当時のイギリスの時代背景が見事に再現されており、エリザベス女王などの描写や各登場人物の衣装に、ディティールに細かくこだわったリアリティが窺える。セリフ自体がそのまま舞台で使う台本のような描写であり、全くアレンジ無しで舞台に持って行ってもいいような感じである。映画という大がかりな仕掛けの中に、そのまま放り込んだ舞台公演という言い方が当てはまるのだろうか。音楽の使い方もさりげなく効果的に用いられて、作風を損なわないバランスとして緻密に練り上げられ、自然なオーケストレーションにも作品へのこだわりが見えてくる。

まとめ

長尺作品ではあるもののテンポが良く上映時間があまり気にならない。シェイクスピアを主人公にしているだけあって、セリフの端々まで配慮が行き届いたシナリオが、コメディとシリアスの境界線を巧みに描き分け、作品のダイナミズムにもつながっている。アカデミー賞7部門獲得、その他ゴールデングローブ賞などの映画賞で高い評価を受けたことは納得できる。ユーモアのセンスも持ち合わせ、感動的なシーンがこれほどまでに折り重なって展開するという作品は、そう目にかかれるものではない。

Amazon 映画『恋におちたシェイクスピア』の商品を見てみる