映画『シャークネード4』のネタバレあらすじ結末

シャークネード4の概要:サメを巻き込んだトルネード、「シャークネード」シリーズ4作目。B級パニック映画で、コアなファンを獲得している。5年ぶりに発生したシャークネードと戦うフィンとエイプリルたちの姿を描いた。

シャークネード4の作品概要

シャークネード4

公開日:2016年
上映時間:85分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:アンソニー・C・フェランテ
キャスト:アイアン・ジーリング、タラ・リード、マシエラ・ルーシャ、コディ・リンリー etc

シャークネード4の登場人物(キャスト)

フィン・シェパード(アイアン・ジーリング)
過去3回、シャークネードからアメリカを救った元サーファー。3人の子持ち。今はカンザスの「エイプリルの牧場」で、母と息子ギルと3人で暮らしている。
エイプリル(タラ・リード)
フィンの妻。前作でサメの中で息子ギルを産み、4年間昏睡状態だった。死んだと思われていたが、科学者である父ウィルフォードの技術によって半分ロボットの状態で生き返っていた。2作目でサメに片手を食べられ、そこから武器を出せるようになった。
マット(コディ・リンリー)
フィンとエイプリルの息子で軍人。同じ軍人のガビーと結婚したばかり。
クラウディア(ライアン・ニューマン)
フィンとエイプリルの娘。祖父であるシェパード大佐のサポート役として働いている。
シェパード大佐(デヴィッド・ハッセルホフ)
フィンの父。前回のシャークネードを消滅させるために宇宙に残ったが、アストロX社に助けられた。

シャークネード4のネタバレあらすじ

映画『シャークネード4』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

シャークネード4のあらすじ【起】

前回のシャークネードから5年。
アストロX社は、シャークネードを予防する気候安定システムを作った。
そして、シャークネードを破壊するために宇宙に残ったフィンの父も無事保護された。

フィンは、カンザスに「エイプリルの牧場」を作り、エイプリルの忘れ形見の息子ギルと暮らしていた。
軍人になったマットと会い、ラスベガスを満喫することになる。

フィンは姪のジェムと一緒に、マットとの待ち合わせ場所に向かう。
マットはヘリの中で結婚式を済ませ、同じ軍人のガビーを妻にした。
パラシュートで地上に降りようとした時、5年ぶりのシャークネードに巻き込まれる。
気候安定システムは効果がなかった。

風で上空に巻き上げられた車に、ガビーを連れて乗り込んだフィン。
初対面の挨拶もそこそこに、サーフィンの要領で地上に降り立った。
そしてジェムとも合流しマットを探す。

アトラクションにあった船を使って移動し、マットと合流したものの、ベガスは壊滅状態になった。

そしてフィンたち一行はカンザスに戻るため、列車に乗り込んだ。
しかしシャークネードが再び発生し、砂を巻き込んでサンドネードに変化する。

シャークネード4のあらすじ【承】

信用を失ったアストロ社長は、フィンの父のシェパード大佐が考案した計画を実行しようとしていた。
大佐のサポートをしているウィルフォード博士の元には、死んだはずのエイプリルがいた。
エイプリルの体には機械が組み込まれていて、超人的な力を手に入れていた。

間一髪で、サンドネードから列車を守ったフィン。
アストロ社長に呼び出され、会見に出るよう頼まれるがフィンは拒否。

そのままギルが待つカンザスに向かうが、テキサスで再びシャークネードが発生。
チェーンソーを手に入れたフィンだったが、シャークネードは油田を直撃しオイルネードに変化する。
引火してファイアネードになり、再びフィンたちに襲い掛かる。
消火器で火を消しながら、武器を使ってファイアネードの進路を変えるフィン。
しかし発電所に直撃し、雷を伴うライトニングネードへと変化してしまう。

そのニュースを見たエイプリルは激怒する。
これまでフィンも家族も死んだと聞かされていたのだ。
外に出たところで、大佐と娘クラウディアと再会したエイプリル。

シャークネード4のあらすじ【転】

カンザスの牧場へ急ぐフィンたちだったが、車がパンクしてしまう。
近くに住んでいた友人コルトンに頼み、勝手に動く車クリスティーンを借りる。

牧場に着いたフィンたち。
武器を手に、マットとガビーはギルと祖母がいるシェルターへ向かう。
しかしガビーはサメに襲われ命を落としてしまった。

フィンに会いたい一心で外に出たギルは、フィンと一緒に小屋の中に逃げ込む。
小屋と一緒にシャークネードの中に入り込んでしまったフィンとギル、そしてジェム。
持っていた武器でサメを倒すが、小屋の中で動けなくなる。
そこに助けに現れたのは、死んだはずのエイプリル。

フィンとギル、ジェム、マットはエイプリルとクラウディア、シェパード大佐が乗ってきたヘリに乗り込む。
だが、体のほとんどが機械になったエイプリルは、いつ死んでもおかしくなかった。
それでもエイプリルとの再会を喜ぶフィン。
ギルはエイプリルを受け入れられず、自分のママはサメなのだと言い張る。

そこに現れたアストロ社長は、ライトニングネードが原子力発電所を巻き込んだと話す。
そして、シェパード家に力を貸してほしいと頼む。

シャークネード4のあらすじ【結】

原子力発電所で核を取り込んだヌークリアネードを止めるため、ウィルフォード博士の知恵を借りる。
そして社長は特性スーツを身にまといヘリから降り立つと、量子箱を作動させる。
しかし威力が足りず社長は死んでしまう。

シェパード家はチェーンソーや武器を手にし、大佐とフィンとエイプリルを残してシェルターに向かう。
しかし、襲ってきたサメに食べられてしまう大佐。
逃げる途中、クラウディアとマットもサメに食べられてしまった。

大佐が着るはずだったメカスーツを着たフィンと、超人的な力を持つエイプリルは、なんとか普通のシャークネードに変えることに成功。
しかしギルがナイアガラの滝に落ちてしまう。
エイプリルはギルを助ける。

サメと戦っていたフィンはサメに食べられてしまい、そのサメをクジラが飲み込んだ。
ギルがチェーンソー片手にクジラの中に入り、サメのお腹を割くと、クラウディア、マット、大佐が出てきた。
フィンは死にかけていたが、サメを使った蘇生術によって救われた。

だが彼らの前に、パリにいるはずの友人ノヴァらしき人影と建物が降ってくる。

Amazon 映画『シャークネード4』の商品を見てみる

関連作品

前作 シャークネード エクストリーム・ミッション