映画『紳士は金髪がお好き(1953)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「紳士は金髪がお好き(1953)」のネタバレあらすじ結末

紳士は金髪がお好き(1953)の概要:金持ちが大好きなブロンド美女と、イケメンに目が無いブルネット美女が、女の幸せを探し求めるラブコメディ。アメリカが誇る二大セックスシンボルの競演が目にも楽しい。劇中歌「ダイヤモンドは女の親友」は、その後多くのアーティストにオマージュされる。

紳士は金髪がお好きの作品概要

紳士は金髪がお好き

公開日:1953年
上映時間:92分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ミュージカル
監督:ハワード・ホークス
キャスト:マリリン・モンロー、ジェーン・ラッセル、チャールズ・コバーン、トミー・ヌーナン etc

紳士は金髪がお好きの登場人物(キャスト)

ドロシー・ショー(ジェーン・ラッセル)
NYの歌手。ブルネットの美女で、冷静だが大胆な姉御肌。男の好みは見た目重視で、恋に手慣れていればなお良い。相方のローレライを心配しつつ、彼女の人の良さを愛おしく思っている。
ローレライ・リー(マリリン・モンロー)
NYの歌手。ブロンドで、誰もが振り返るほどの美女。ドロシーとは幼馴染で、コンビを組んでいる。お金や宝石が何より好き。金持ちでなければ、愛することも出来ないと豪語する。教養も知識も無いが、頭の回転が速く、ウィットに富んだ会話は得意。
ガス・エズモンド(トミー・ヌーナン)
ローレライの恋人。資産家の御曹司。金はあるが、容姿は冴えなく、気も弱い。ローレライに甘えられると、何でも買い与えてしまう。
アーニー・マローン(エリオット・リード)
私立探偵。ガスの父に雇われ、ローレライの不貞の証拠を探す。ハンサムで、会話もうまいが、金持ちではない。
ビークマン卿(チャールズ・コバーン)
通称ピギー。アフリカのダイヤモンド鉱山を所有する、初老の大富豪。ブロンド美女のローレライに惚れ込むが、妻の尻に敷かれている。

紳士は金髪がお好きのネタバレあらすじ

映画『紳士は金髪がお好き(1953)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

紳士は金髪がお好きのあらすじ【起】

ローレライとドロシーは、田舎町から出て来た幼馴染の二人組だ。若く美人な二人はNYで歌手として成功し、ローレライは熱心な客の金持ち、ガス・エズモンドと結婚間近。しかし、ガスの父親は息子の相手として金髪のショーガールを認めず、ガスとローレライはフランスに渡り結婚式を挙げることにした。

フランスへの船が出る日。結局、ガスは父親の邪魔が入り、NYに残ることに。ローレライはフランスで彼を待つと決め、お目付け役としてドロシーが同行した。乗客のオリンピック選手たちは早速この美女二人組に夢中になり、心配顔で船を見送るガス。さらに、船にはローレライを見張る怪しげな男・アーニーも乗っていた。

ローレライは、乗船リストの中から金持ちの名前をピックアップし始める。金持ちとの結婚こそが女の幸せだと信じ、まだ相手のいないドロシーにふさわしい男を見つけるためだ。しかし、ドロシーは金に興味が無かった。彼女にとっては、背が高くハンサムで、おもしろい男にこそ価値がある。ドロシーはオリンピック選手たちにちょっかいを出すが、厳しい体調管理が必要な彼らは、夜9時就寝で話にならない。

紳士は金髪がお好きのあらすじ【承】

ディナーを待つラウンジで、ドロシーはダイヤモンド鉱山王のピギーと知り合った。ダイヤに目が無い友人からピギーを隠そうとするが、目ざといローレライはすぐにこの話を聞きつけ、ピギーをダンスに誘う。

そこへアーニーが現れ、一人になったドロシーに話しかける。積極的に彼女を口説きながら、ローレライのことも聞き出すアーニー。ダンスが終わり、すっかり骨抜きになったピギーが戻って来るが、彼の老妻もやって来た。彼女が身に纏うダイヤ、特にブルーダイヤのティアラに目を輝かせるローレライ。

そしてディナーの時間になる。ドレスアップしたローレライとドロシーに、乗客たちの目はくぎ付けだ。しかしローレライは、ドロシーのために狙いを定めていた男性が幼い少年だったとわかり、落胆を隠せない。

がっかりし、バーで飲み直す二人の元に、アーニーがやって来た。ローレライは彼を金持ちだと踏み、ドロシーと二人にさせる。ドロシーもまた彼に惹かれ、甲板に上がった二人は、満月の下でキスをした。

紳士は金髪がお好きのあらすじ【転】

翌日。ドロシーは、アーニーが窓から自分たちの部屋を盗撮している現場を見てしまう。彼は、ガスの父親エズモンド氏に雇われた私立探偵だったのだ。狙いは、ローレライの浮気現場。ちょうど部屋では、彼女がピギーと二人きりになっているところだった。アフリカに鉱山を持つピギーが、大蛇を説明するためローレライに襲い掛かる真似をする姿を写真に撮られてしまった。

ドロシーはローレライを叱り、写真を取り戻そうと持ち掛けた。早速アーニーをバーに誘い出し、その隙に、ローレライが彼の部屋を探りに行く。しかし、部屋にはネガが無い。

次の狙いは、上着のポケットだ。暑くした部屋に彼を呼び、睡眠薬入りの強い酒を飲ませてジャケットを奪い取った。それでも見つからず、今度はズボン。水浸しにして二人がかりで脱がせると、ようやくネガを発見した。

ローレライは、すぐに船の写真屋に現像を頼む。確かに、その写真は浮気を疑われても仕方のないものだった。彼女はその写真をピギーに見せ、恩を売る。その見返りとして、彼の妻のティアラを譲るよう迫った。

二人がティアラを取りに部屋を出ると、入れ替わりにアーニーがやって来た。ボーイを買収し、仕掛けておいた盗聴器とネガを回収する。そこへドロシーが現れると、アーニーは開き直り、ローレライの不貞を責めた。しかし、ドロシーへの恋心だけは否定せず、去り際にキスをする。ティアラを手に入れて戻ったローレライは、これでもまだアーニーに惹かれているドロシーに呆れ顔だ。

パリに着いた二人は、高級ブランドを次々回り、ショッピングを楽しんだ。そしてガスの用意したホテルへ行くが、待っていたのはアーニーとピギーの妻、そして保険会社の男。彼らは、ローレライをティアラ泥棒として追って来たのだ。しかし、ローレライは頑としてティアラを返さなかった。

ピギーの妻を追い出すが、ローレライとドロシーもホテルから追い出されてしまう。アーニーは既に写真をガスに送っており、彼の名での支払いが全てキャンセルされてしまったのだ。二人は夜の町に放り出されるが、得意の歌とダンスで気分を盛り上げる。

紳士は金髪がお好きのあらすじ【結】

しばらくして、ガスもまた、パリへ駆けつけた。その頃には、ローレライとドロシーはキャバレーで人気の歌手となっていた。ガスはローレライが浮気を反省していると期待するが、彼女が舞台で歌うのは、「ダイヤモンドは女の親友」だ。

歌い終わったローレライの元に、警察がやって来た。ティアラを巡る裁判への出頭命令だ。ローレライはようやくティアラを返す気になるが、肝心のティアラが荷物から消えていた。ガスに代金を弁償してもらうため、ローレライは別れ話に来た彼を誘惑し始める。

その頃、ガスの父も息子を追ってパリにやって来た。空港で、アーニーが出迎える。するとその待合室に、ピギーの姿を見かけた。彼はアフリカへ逃げたと聞いていたアーニーは、不審に思い声をかける。ピギーは、ローレライに対し「こうするしかなかった。いつか埋め合わせをする」と不審な伝言を残した。

一方、裁判での時間稼ぎには、ドロシーが一肌脱いだ。ローレライそっくりのブロンドのウィッグとホクロを着け、舞台衣装で踊り法廷の男たちを魅了する。

この変装作戦を邪魔する者が現れた。アーニーだ。アーニーはすぐに変装を見破り、裁判長に告発しようとする。しかし、ドロシー扮するローレライが“私の親友は、ある男をまだ愛している”と語ると、告発を取りやめた。

アーニーは事件を解決できると宣言し、空港へ向かう。そしてピギーを法廷に引っ立ててくると、彼の鞄からティアラを取り出して見せた。こうして偽ローレライはティアラの返却に成功した。

一連の裁判を見ていたガスの父は、これが息子の選んだ女かと不機嫌だ。しかし、いざキャバレーで息子に会うと、違う美人を連れている。この娘なら良しと思ったら、彼女もまたローレライだと名乗りだす。すると、ローレライは巧みな話術で彼の結婚観を論破し、あっという間にガスの父を魅了した。

フランスから、アメリカ行きの船が出航する。船内では、二組のカップルの合同結婚式だ。花婿はガスとアーニー、花嫁はローレライとドロシーだ。こうして、田舎町から出て来た幼馴染の二人組は、それぞれ理想の男を手に入れた。

Amazon 映画『紳士は金髪がお好き(1953)』の商品を見てみる