映画『死ぬまでにしたい10のこと』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『死ぬまでにしたい10のこと』のネタバレあらすじ結末

死ぬまでにしたい10のことの概要:アンは仕事をしながら就職活動中の夫を助け、妻として、母として、何気ない日常を送っていたが、ある朝、突然の腹痛に襲われ倒れてしまう。病院で検査を行い余命2ヶ月の宣告を受ける。彼女は死ぬまでにする事を書き出し、誰にも伝えずに悔いのない人生を送ることを決める。

死ぬまでにしたい10のことの作品概要

死ぬまでにしたい10のこと

公開日:2003年
上映時間:106分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:イザベル・コヘット
キャスト:サラ・ポーリー、スコット・スピードマン、デボラ・ハリー、マーク・ラファロ etc

死ぬまでにしたい10のことの登場人物(キャスト)

アン・マトランド(サラ・ポーリー)
23歳と言う若さで余命2ヶ月の宣告を受ける。家族の事や自分のやり残したことを考え、最後まで懸命に生きようとする。
ドン・マトランド(スコット・スピードマン)
アンの夫。アンを愛し娘たちの事を大切に思っている心優しい男性。
ペニー・マトランド(ジェシカ・アムリー)
アンの娘。母親に対して口答えする等、生意気盛り。
パッツィー・マトランド(ケンヤ・ジョー・ケネディ)
アンの娘。まだ幼く、姉のペニーといつも一緒に居る。
リー(マーク・ラファロ)
アンと恋に落ちる不倫相手。
ローリー(アマンダ・プラマー)
アンの仕事仲間。常にダイエットの事を考えている。
トンプソン医師(ジュリアン・リッチングス)
アンの主治医で余命宣告をする。アンの願いを叶えようとする優しい一面もある。

死ぬまでにしたい10のことのネタバレあらすじ

映画『死ぬまでにしたい10のこと』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

死ぬまでにしたい10のことのあらすじ【起】

夕焼けを眺めたり、月を見上げたり、そんな感傷的な事を今まではしなかったが、アンは降りしきる雨の中で傘も差さずに佇んでいた。

アンは仲間と楽しく話をしながら清掃の仕事をし、帰る時には仕事が終わった母を近くの家まで車で送って行く。母との会話は職を探しているドンへの小言や、聞いている音楽への文句ばかりで少しうんざりする。

アンが家に帰りベッドに入ると先に寝ていたドンが、冷えた体をじゃれあいながら温めてくれるのが嬉しかった。

朝、娘二人を着替えさせドンと出かけるのを見送る。そして、アンは突然の腹痛に襲われ倒れてしまう。偶然訪ねてきた母に救われる。

病院で検査を行うことになるが、子供を迎えに行かないといけないのが気がかりだった。母へ代わりに迎えに行って欲しいことを伝えて、と言うが看護婦は真剣に取り合ってくれない。逸る気持ちのアンに医者が告げたのは、卵巣にできた腫瘍が体のあちこちに転移している話だった。しかも、若い為に進行が速く手術が出来ない。余命は約2ヶ月。アンは頑張って平静を保とうとするが、あまりの事に涙が勝手に流れてくる

母に電話をして子供達を迎えに行ってくれた事を知る。だが、倒れた理由を貧血だったと嘘をついた。お酒も飲まず薬もしないのに、何故と言う気持ちだった。

夜、子供達に絵本を読んでくれていたドンにも貧血だと嘘をついた。ドンはプールの建設業の仕事が決まり1年間働ける事になった。子供達を寝かしつける。ドンと来月、家族で海に行く予定を立てる。

死ぬまでにしたい10のことのあらすじ【承】

アンは夜に1人コーヒーショップでコーヒーとチーズケーキを頼み、〝私が死ぬまでにしておくこと“をノートに書き出す。それは、家族の事、自分の事を考えてのリストだった。

朝、家族にいつものように朝食を作り娘達を学校へ送り出す。

美容院に行き髪の毛を切ってつけ爪を付けようとするが、したくもないブレードを進められ、爪の担当もいないので逃げるように店を後にする。

夜、仕事帰りの母を送る。体調の事を聞かれるが、治ったと嘘をつく。来週の天気の話や母の仕事の話など何気ない会話をする。

家族が寝静まるとアンは、嘘をついている毎日に淋しさと孤独感が押し寄せてくるのを感じる。コインランドリーに行く、と置手紙をし、化粧をしてバーに出掛けた。バーでは昼間の美容師にばったり出会う。自由な人で、話している最中にDJが知り合いだからと踊りに行ってしまう。

アンは眠たいのを我慢してコインランドリーへ向かう。すると、男性から声をかけられコーヒーを買ってきて貰う事になるが、待ちきれずに寝てしまう。男性はアンにそっと服を掛けてあげる

男性はアンの洗濯物まで畳み、アンの寝顔を見ながら起きるまで待っていた。男性は以前コーヒーショップで、アンがノートに何か書いているのを見ていたらしい。

男性はリーと名乗り、服を返す約束を交わす。アンの洗濯袋の中には見覚えのない本が入っており、電話番号が書かれていた。

死ぬまでにしたい10のことのあらすじ【転】

世の中にはたくさんの衣服や食料などがお店にたくさん溢れて並んでいるけれども、それらを見てもアンが死を忘れるのは一時だけだった。

家に帰ると母が子供達の世話をしてくれていたが、母親が犠牲になる映画の話をしており、そんな話はしないでくれと口喧嘩をしてしまう。

仕事から帰ってきたドンに食事を出し、入れ替わるように自分も仕事に向かう。仕事が決まってドンは嬉しそうだった。アンは車の中で、ペニーとパッツイーの誕生日の為に、色んな日の為に、泣くのを堪えながら録音テープにメッセージを吹き込む。アンは車から出ると夜景を見ながら堪えきれない涙を流す。

アンは仕事をしている最中に吐き出してしまう。同僚はダイエットのせいだと思っているが、アンは本当のことを言えず代わりに自分の人生のうっ憤を話す。

雨が降りしきる日、アンは本を返す為リーに電話する。リーの家は家具が無く、がらんとしていた。お互いの家族の事などを話している時、リーはアンへ気持ちを伝える。音楽を聞く為に車へと乗りこんだ二人はキスをする。

アンは病院へ足を運ぶ。検査はやっても無意味だと拒否し、代わりに18歳になるまでの娘達への誕生日テープをトンプソン医師に託す。ドンはきちんと渡してくれるか心配な為、トンプソン医師から渡して欲しいと言うのだ。トンプソン医師はそれを了承する代わり、病院に来ることを約束させる。アンは死ぬまでの時間がないと一人焦っていたのだ。

死ぬまでにしたい10のことのあらすじ【結】

ドンは今の生活が幸せだと言い眠りにつく。アンはその横でドンの寝顔を見ながら愛してると声をかける。

隣の家に女性が引っ越してきた。名前は同じくアンと言い、子供達もすぐに懐いて嫌がらずに遊んでくれていた。隣の家のアンにそのまま子供達を預かってもらい、リーの元へ会いに行く。車から流れるテープをBGMに、二人は幸せそうに踊りながらキスをする。

引っ越してきたアンと話すが、彼女は子供が好きだけど産む気はないと言う。それは、看護師の研修の時、赤ちゃんがシャム双生児で医師と父親が死なせる決断を下した経験からだった。それを聞いたアンは心優しい彼女を来週の夕食に誘う。

アンはリーとの逢瀬を重ねる。リーが読んでくれた小説が、今のアンの事を書いているような話だったので思わず本を掴み投げてしまう。リーは突然の出来事に戸惑い、アンの事が10%もわからないと言うが、アンはこのままが良いと言う。

アンはネイルをしてもらい刑務所にいる父親に会いに行く。娘の写真を見せ、ドンの話をし、父の刑務所での仕事の話を聞く。子供の頃の話をしても触れる事が出来ないガラス越しでの会話が悲しかった。

アンは次第にしんどくて動けない日が出てきた。それでも決して本当の事は言わなかった。ドンや母にも録音テープを残す。

リーとデートをし色んな所に連れて行きたいと言う彼の話を聞くが、途中で辛くなってしまう。リーは主人を良い仕事に就かし、子供達を見守り、アンの傍にずっといたいと言うが、アンは何も答えられない。二人はキスをして別れる。リーは迎えに来た夫がどんな人物なのか車から見守る。

夕食に隣の家のアンが来てくれていたが、アンは辛さからベッドから動けなかった。しかし、隣の家のアンが家族に溶け込んでいる様子を見て、静かに自分のいない未来を重ね合わせる。

アンは死ぬ頃を見計り、リーにもテープを送っていた。彼が、アンがいなくなっても生きていけるように、愛しさに溢れたテープだった。

Amazon 映画『死ぬまでにしたい10のこと』の商品を見てみる