映画『潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ』のネタバレあらすじ結末

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイの概要:1993年公開のアメリカ映画。元船乗りで粗暴な男とパズルとベーコンサンドが好きな寡黙な男性とが偶然知り合い、互いにいがみあいながら友情を育んでいくヒューマンストーリー。

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイの作品概要

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ

公開日:1993年
上映時間:123分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ランダ・ヘインズ
キャスト:ロバート・デュヴァル、リチャード・ハリス、シャーリー・マクレーン、サンドラ・ブロック etc

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイの登場人物(キャスト)

フランク(ロバート・デュバル)
最年少の船長だったことが自慢の75歳の男。口が悪く粗雑だが、寂しさも感じている。
ウォルター(リチャード・ハリス)
パズルとベーコンサンドが大好きな偏屈な初老の男。寡黙で冗談が通じない男。
エレーン(サンドラ・ブロック)
ウォルターが通うカフェのウェイトレスで、ウォルターの友人。ウォルターにも優しくしてくれる。

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイのネタバレあらすじ

映画『潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイのあらすじ【起】

フロリダ、海沿いの街。
元船乗り、しかも最年少で船長になったことが自慢のフランクは、海辺に経つアパートの一室で暮らしていた。
大家のヘレンには疎ましがられてはいるが、良い話し相手だった。
彼は船乗り時代にヘミングウェイと会ったことがあり、レスリングをしたことがあるというのも語りぐさになっている。
75歳の誕生日、花火を見に行く約束をしていた息子は仕事で来られずプレゼントだけ届いた。
それは前にも後ろにもつばがあるへんてこな帽子だった。
しかし息子からの贈り物に喜んだフランクは、喜んでその帽子を毎日かぶっている。
ある日、いつもの公園を散歩中、フランクは一人の初老の男を見つける。
彼はベンチに座り、難しい顔をしてパズルを説いている。
手にはベーコンサンド。
フランクは向かいのベンチに座り、自分の帽子の自慢を彼にしている。
しかし話したく無さそうな男は、フランクをまるで無視していた。

翌日もフランクはいつもの公園で、パズルをしている男に話しかける。
その男はまたベーコンサンドを食べている。
それは男が好きなダイナーのサンドイッチで、10時と14時半に食べるのだと言う。
暑い盛り、フランクはその男を残して涼しい店に行くと行った。
男を誘ったフランク。
暫く考えた後、男も一緒に行くと追いかけた。

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイのあらすじ【承】

男の名はウォルターと言った。
彼はお気に入りのダイナーの同じ席で、特注のベーコンサンドを頼むのが日課だ。
担当はエレーンという美しいウェイトレスで、彼女に会いに来ているといっても過言では無かった。
食事をとり、フランクと別れたウォルターはバスで帰るエレーンを待つため、バス停にいた。
ウォルターの自宅は反対方向だったが、エレーンと一緒にいることができる唯一の機会だったため一緒に乗っていき一周して戻ってくるのだった。

その日はダイナーも街の店もどこも休み。
エレーンが暮らすカーターベイで花火があるというのだ。
エレーンも見物に行くと知っているウォルターは、自分も見物したいと願っているがカーターベイまでは10キロ以上ある上、バスも運休しているのだった。
「連れて行ってやる」というフランク。

車だと思ったウォルターは拍子抜けした。
フランクは二人漕ぎの自転車で来たのだ。
10キロを二人で漕いで向かう老人達、しかし中々思うように進まない。
途中で休んでいる時、ウォルターが床屋だったと知った。
そんな話をしているうちに花火大会は始まってしまい、遠くで上がっているのが見えた。
文句を言うウォルターだったが、突然目の前で花火が上がり始めた。
これには喜びを隠せなかった。

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイのあらすじ【転】

ウォルターはフランクの髪をきってあげている。
髪と髭もきちんとしてもらい、見違えるほどこぎれいになった。
その間フランクは自分の人生観や、これまでにあった出来事などを赤裸々に話した。
ウォルターはただ黙って聞いていた。

ダイナーに二人で食事をとっている時のこと。
明日映画館に来るようにとフランクに言われたウォルター。
翌日行ってみると受付にフランクがスーツを着て立っていた。
就職したのだ。
その夜、大雨の中フランクはウォルターの自宅を訪れようとするが、窓から一人でダンスの練習をしている彼の姿を見て家に帰ることにする。

晴れたある日。
ウォルターはフランクの部屋を尋ねた。
ダイナーのエレーンが結婚して引っ越すことになったため、12番街のギフトショップに行きたいから自転車を貸してくれと言うのだ。
その申し出にスーパーに行こうと言うフランク。
結局スーパーでウォッカを買って店を尋ねた二人だったが、エレーンは「酒は飲まない」と礼だけ言って酒を返してきた。

店を出た後、ウォルターはフランクのせいで下品だと思われたと激怒する。
粗雑で息子からもらった帽子も変だと批判し、フランクの全てを否定したウォルターにさすがにフランクも言い返せなかった。

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイのあらすじ【結】

喧嘩別れしてから数日。
フランクは何事もなかったかのようにいつもの公園でウォルターを探す。
彼はベンチに座っていた。
きっかけを作り、再び話した二人。
ウォルターは言い過ぎたことを謝罪した。

エレーンが引っ越す日。
日曜だからバスが無くて別れを言えないというウォルターに、フランクは再び自転車で連れて行ってくれた。
しかし今回は途中で降りて、一人でウォルターを行かせる。
エレーンの自宅に着いて中で話をするウォルター。
別れを言う前に疲れて寝てしまった。
その姿に思わず微笑むエレーンだった。

その帰り、ダイナーでウォルターはフランクに「今夜開催するダンスパーティーに行かないか」と誘う。
女性も来るというウォルターに、フランクも乗り気だった。
しかし待ち合わせの時間になってもフランクは来る様子が無い。
ウォルターが部屋を尋ねると、寝ているようなフランクの姿が。
声をかけるが起きる気配が無い。
彼は眠るように死んでいたのだ。
ウォルターはフランクに別れを告げた後彼の自転車でダンスパーティーに向かったのだった。

Amazon 映画『潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ』の商品を見てみる