映画『SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道』のネタバレあらすじ結末

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道の概要:決勝リーグを戦う湘北高校に緑風高校が練習試合を申し込んでくる。新設校でありながら、マイケル沖田といったアメリカ帰りの選手といった実力派が揃う緑風高校を相手に、大黒柱である赤木を欠く湘北高校は大苦戦してしまう。

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道の作品概要

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道

公開日:1995年
上映時間:40分
ジャンル:青春、スポーツ、アニメ
監督:有迫俊彦
キャスト:草尾毅、平松晶子、梁田清之、緑川光 etc

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道の登場人物(キャスト)

桜木花道(草尾毅)
中学時代は相当な不良だった湘北高校バスケ部1年生。初心者でありながらも高い身体能力を武器に試合で大活躍する。インターハイ出場をかけた決勝リーグの海南戦の勝敗を決める大事な場面でパスミスをし、それを責任に感じて坊主頭となる。
赤木晴子(平松晶子)
桜木をバスケ部へ勧誘した湘北高校1年生。キャプテン赤木の妹で桜木の憧れの存在。湘北の試合がある時には必ず応援に駆け付ける。
赤木剛憲(梁田清之)
湘北バスケ部キャプテン。湘北の問題児をまとめる。今回の緑風高校との練習試合は海南戦で痛めた脚を庇いベンチから見守る。
流川楓(緑川光)
湘北高校バスケ部の1年生エース。アメリカ留学に憧れ、今回のマイケル沖田との対戦に執念を燃やす。
三井寿(置鮎龍太郎)
元中学MVPシューターの湘北バスケ部3年生。高いシュートセンスを誇り、精密機械のようなシュートでゴールを射抜く。緑風高校との練習試合で中学時代の後輩シューターと対戦する。
宮城リョータ(塩屋翼)
湘北バスケ部の2年生ガード。スピードを生かしたプレーで相手ディフェンスを切り裂く。マイケル沖田が彩子にちょっかいを出した事に腹を立てて、何かと意識する。
木暮公延(田中秀幸)
湘北バスケ部の副キャプテン。今回の試合では赤木の代わりにスタメンで出場する。地味な選手だが、チームメイトからの信頼が厚く陰ながらにみんなを支える。
安西光義(西村知道)
湘北バスケ部の監督。選手全員に自信を取り戻させる為に今回の練習試合を計画する。
彩子(原えりこ)
湘北バスケ部マネージャー。湘北の問題児軍団も恐れる男勝りの性格で試合中はベンチから声援を送る。
桜木軍団<水戸(森川智之)、大楠(林延年)、野間(幹本雄之)、高宮(塩屋浩三)>
桜木の中学時代のワル仲間。湘北の応援には必ず駆けつける。
マイケル沖田(古川登志夫)
緑風高校バスケ部のメンバーでアメリカに留学していた選手。アメリカではNBAからも注目されており、抜群のテクニックとセンスを持っている。
藤沢恵里(冬馬由美)
緑風高校のマネージャーで理事長の娘でお嬢様気質。バスケ部を創設させて全国制覇を目指す。ベンチではマネージャーでありながら、交代や作戦の指示を出すなど監督の様な振る舞いをする事もある。
大船監督
緑風高校バスケ部監督。ベンチでの全権を藤沢に握られており、彼女に逆らえない。試合終盤で木暮のメンバーを鼓舞する才能を見出す。

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道のネタバレあらすじ

映画『SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道のあらすじ【起】

インターハイを掛けた決勝リーグ海南戦。湘北は敗戦を喫してしまう。その試合の大事な局面でパスミスを犯した桜木はその責任を感じ、トレードマークだった赤い髪をバッサリと切り、赤坊主となった。以前よりも更に凄みを増した桜木に他校の不良も震え上がり、電車で席を譲る。そんな中、桜木は車内で金髪の外国人に出会う。電車を降りた後、階段で桜木を飛び越えた彼は迎えに来た車に乗って去って行ってしまう。

桜木が学校に着くと彼の坊主頭に桜木軍団や晴子の友人達が大笑いしていた。部活でも三井や宮城が笑いを止めることが出来ずに悶えている。海南に負けた理由が自分にあるからと言って坊主にすることはないのにと呆れる赤木や木暮。そこへ先ほど桜木が電車で会った外国人、マイケル沖田が体育館に入って来る。ボールを持つなり駆け出し、宮城を除く2年生の3人をあっさりと抜きバックダンクを決める。何者かと全員が驚く。そして後から安西監督に連れられて緑風高校の大船監督とマネージャーの藤沢が入って来る。安西は緑風との練習試合をする旨を部員に伝えに来たのだ。決勝リーグの最中にも拘らず練習試合を受けるというその知らせに驚く面々。彩子は選手が怪我でもしたらと心配するが、藤沢に負けるのが怖いのかと挑発される。その申し出を赤木は引き受ける事にした。そして緑風の面々が去る際に、藤沢は流川を睨む。全く心当たりのない流川だが、彼は入学前に藤沢から緑風に来てほしいとスカウトを受けていたのだ。その申し出を断った流川を藤沢は恨んでいた。

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道のあらすじ【承】

緑風高校に到着した湘北バスケ部。緑風高校バスケ部は昨年創設されたばかりのチームだが情報によると藤沢が全国から選りすぐりのメンバーをスカウトして集めていたのだ。バスケ専用の体育館に案内された湘北メンバー。体育館は緑風高校の生徒で溢れており面を食らうのであった。

試合開始直前に晴子が到着しマイケルがNBAにも注目されていた選手である事を聞く一方で、三井がある事に気付く。緑風メンバーの中に中学時代の後輩である克美一郎がおり、彼も三井同様のバスケセンスとシュート力を持っているのだ。今回の練習試合では赤木抜きの状態で戦う事になった湘北。試合開始早々、早いパスワークで仕掛けて先取点を奪うのに成功する。

外では桜木軍団が体育館に向かっていた。桜木はもう退場しているのではないかと冗談を言ったり、新設校であるから海南と違い楽勝だと話したりしていた。しかし会場に入ると彼らの表情は一変した。湘北が8対16とダブルスコアで負けているのだ。晴子に状況を聞くとマイケルを止められないらしいのだ。何度もアリウープを決めて湘北を苦しめるのだ。そして三井の後輩である克美も3ポイントで更に加点をするのであった。個人個人が勝手に動きチームワークの欠片も見られない湘北を大したことないという藤沢。湘北ベンチでは赤木がイライラしており、我慢が出来なくなりチームに喝を入れた。それが効いたのか、流川が調子を上げてくる。多種多様なシュートで加点し、湘北は何とか踏みとどまって後半を迎える事になった。一方の緑風は終了間際にガードを1人交代し、静かに前半戦を終えた。ロッカールームではそれぞれのチームが勝つ理由を明確にし、気合いを入れ直す。

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道のあらすじ【転】

後半開始早々、速い展開で試合が行われる。緑風のフォワードである戸塚はマッチアップしている桜木に負けまいと走るが、桜木はスピードが全く落ちず、常に全速力で走り回っていた。そして戸塚はガス欠になってしまい交代する事となってしまった。その様子を見てマイケルは、湘北は赤木や流川だけではなく桜木も曲者であるとチームメイトに話す。交代で出てきた選手は先ほど前半終了間際に出てきた選手とほとんど同じ顔をしている。彼らは鶴見兄弟で緑風の秘密兵器として起用されたのだ。ガードの強化によって緑風のオフェンス力は格段に上がり、ディフェンスもより堅くなった。湘北は再び窮地に追い込まれてしまう。

そんな時、木暮がシュート時に跳ね飛ばされてしまう。心配する湘北の面々だが木暮はフリースローの準備へと向かう。いつもは控え選手としてベンチから声を出す彼は、何とかチームメイトに海南戦での敗北から自信を取り戻してほしいと考えた。木暮が放ったフリースローは外れ桜木に当たりコート外へ出そうになってしまう。しかし木暮が体を張ったダイブでボールを戻し得点に繋げた。木暮はダイブした際に眼鏡が割れており、更に頭を軽く打ってしまっていた。そしてその場に崩れ倒れてしまう。
医務室に運ばれた木暮を見ている彩子。やがて目を覚ました木暮に彼のお陰で全員が海南戦の敗北を乗り切ったと告げる。コートでは木暮の交代で入った赤木が攻守両面で活躍していた。その様子を悔しそうに見つめる藤沢だが、大船監督は赤木のお陰で湘北が盛り返したのではなく、体を張った木暮によって選手が目を覚ましたと説く。

SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道のあらすじ【結】

たまらなくタイムアウトを取る緑風。三井を止められなくなってきている克美を変えると話す藤沢に対し、その命令にマイケルが異を唱える。あくまで選手交代の指示をだすのは監督だからである。それでも食い下がる藤沢にマイケルがこれは自分達のゲームであり楽しませてほしいと叱咤する。最終的に緑風は鶴見兄弟を下げてスタメンで試合を最後まめ楽しむ方向にまとまる。そして湘北ベンチには医務室から木暮も戻ってきて追い上げムードとなる。

試合が再開されお互いに一歩も譲らずに時間が進んでいく。それぞれが自分の持ち味を発揮し、試合を楽しむように全員がプレーをしている。そしてその様子を観て会場もより一層盛り上がる。速攻で流川が強烈なダンクを決めれば、マイケルがアリウープからの赤木を空中でかわしてのダブルクラッチでダンクを決める。しかし残り数分の所で三井が3ポイントを決めて1点差と湘北が詰め寄った。そして桜木がリバウンドで掴み取り、ゴール下の赤木へアシストし、赤木のダンクで湘北は逆転に成功する。海南戦の最後にパスミスをした桜木は「今回は相手を間違えなかった」と安堵する。

湘北が逆転に成功して気が緩んだ隙を突いて緑風が速攻を仕掛ける。いち早く戻った桜木が戸塚をブロックし、そのまま逆サイドへダッシュしてゴールへと向かう。桜木はジャンプシュートをするがいつもの事ながら入らない。その間にマイケルが戻り、桜木をマークする。桜木はマイケルを抜く為にシュートフェイクをかけてマイケルの横を抜く。高く跳び上がりスラムダンクを決める。ところが、残念な事にその前に終了ブザーが鳴ってしまい、結果ダンクはノーカウントとなってしまったのだった。

試合終了後、お互いの健闘を称えあう両監督と選手達。赤木や木暮は夏で引退する為、公式戦で緑風の面々と当たる事はないがまた遊びに来ることを約束する。克美は先輩の三井と対戦できた事に感謝し、三井にエールを送った。桜木はすっかりと自信を取り戻し上機嫌で帰っていく。そしてマイケルは再びアメリカへ留学する事を決意し、メンバーにその旨を伝える。自信回復の為に設けられた練習試合であったが、お互いの選手にとってそれ以上の価値を持ったものとなったのだった。

Amazon 映画『SLAM DUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道』の商品を見てみる

関連作品

次作 SLAM DUNK 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏
前作 SLAM DUNK 全国制覇だ!桜木花道