映画『スリザー』あらすじネタバレ結末と感想

スリザーの概要:2006年のアメリカの映画。宇宙から飛来した未知の卵によってグラント・グラント(マイケル・ルーカー)が感染し、それにより寄生されゾンビ化した人々の様子を描いたSFパニック。

スリザー あらすじネタバレ

スリザー
映画『スリザー』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

スリザー あらすじ【起・承】

グラント・グラント(マイケル・ルーカー)は森へ入ると怪しい卵の様な物を見つける。
棒でつついて調べていると、針の様な物が飛び出てきて刺されてしまった。
その卵の様な物は、ある日宇宙から落下してきた物体だったのだ。
刺されたグラントは倒れこむが、少し経って立ち上がり帰宅。
その日を境に、食欲旺盛となり、肉を大量に摂取していくと言う様な行動が出てくる様になった。

妻のスターラ・グラント(エリザベス・バンクス)は、夫の行動に不信感を抱き始める。
部屋に鍵をかけたり、顔に吹き出物が出来たりなど様子が変わってきた事から、幼馴染の警察署長であるビル・パーディ(ネイサン・フィリオン)と話す。
すると、妹のブレンダ・グティエレス(ブレンダ・ジェームズ)が行方不明で、その直前にグラントと会っていたらしいと言うのだ。

夫にさらに不信感を抱いたスターラは、鍵のかかった部屋をこじ開ける。
そこには最近話題になっていた「ペットの行方不明事件」で消えたはずの動物達の死骸があった。
恐ろしくなったスターラは、ビルへと連絡すると、グラントが帰ってきてしまい怒り狂いスターラを襲ってきた。ビルが訪れた事で、グラントは逃亡。

その後に牛が殺される事件が起こり、グラントが犯人だと睨んだビルは、ハンターのチームを組織する。
牧場でグラントを待ち構えると、犯人に睨んだ通りグラントがやってきたが、容貌が異形に変化していた。牛と警察官を殺して森へ逃亡したグラントを追い、ビル達は追った先で異臭のする山小屋を見つける。

スリザー あらすじ【転・結】

中へ入ってみると、そこには行方不明であったブレンダの姿が。しかし異常に太っている状態で、空腹を訴えるも体が破裂。その破裂した中からナメクジの様な集団が出て来て襲って来た。
襲われた警官達の内、何名かはこのナメクジ状の生き物が口の中に入られてしまう。
ビルはこの事態を知らせる為に牧場へと戻ったが、既に少女のカイリー以外は、このナメクジに襲われてしまっていた。襲われた事で、ゾンビの様に変貌してしまっていた。

山小屋に残っていたスターラと町長は、ナメクジに感染した警察官から逃げ、牧場の外へ。
ビルとカイリー、ステーラと町長は、車で町へと逃げる。
しかし、町も既に多くの住民が襲われており、寄生されゾンビ化していた。
しかもグラントの操り人形状態となっていた。ビル達も襲われ、町長とステーラはゾンビのよって誘拐されてしまう。

カイリーとビルは、逃げ延び警察署で手榴弾を調達する。そして、グラントの潜むゾンビ達の巣窟へと向かう。
グラントは姿こそ変貌していたが、ステーラへの気持ちはかわらず彼女を求めていた。
ステーラはグラントを刺して殺そうとするが、失敗、逆上したグラントに襲い掛かられる。

ビルが侵入し、助けようとした矢先に手榴弾と一緒に飛ばされ、グラントの触手の攻撃を受けてしまう。ビルは触手にガスを送り込む事に成功し、そのガスをステーラが銃で発火、グラントは爆死したのだった。

ビルとカイリー、ステーラは隣町の病院へと向かうが、その背後では宇宙からの謎の生物が今度は猫へと寄生する様子が描かれていた。

スリザー 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:96分
  • ジャンル:SF、ホラー
  • 監督:ジェームズ・ガン
  • キャスト:ネイサン・フィリオン、エリザベス・バンクス、マイケル・ルーカー、グレッグ・ヘンリー etc

スリザー 批評・レビュー

映画『スリザー』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

変貌した姿が醜悪

夫である、グラントのささいな卵をつついた行為から始まったこのパニック。
すっかり変貌してしまい、最後には妻に撃たれてしまうグラントは何とも哀れだが、その分思い切りゾンビ化したモンスターとして暴れ切ってくれた爽快感はある。
皮肉ではあるが、醜悪さを増した変貌後の姿のグラントは行動的で開放感があるので観ていてせいせいする部分もあるのである。
お構い無しにブレンダをいけにえ状態の寄生主として扱い、町民を操り人形の様にするなどすき放題で、逆にここまで変貌してくれると気持ち良ささえある。
行動の大胆さと、姿の醜悪さのバランスが見ものである。
出来れば変貌前の、夫婦としての仲睦まじさをもう少しだけ描いていた方が、その後の結末までドラマチックに繋がったと思う。

逃げ惑う臨場感

ハンターチームでさえ、一瞬で寄生されてしまったり、誰が頼りになるかわからないパニックの中、どうにか逃げていくステーラがある意味頼もしい。
そして、危ないシーンできちんと相談に乗りつつ、時によっては助けに来てくれる幼馴染のビルとの関係性も距離感が丁度良い。
寄生され、ゾンビ化した町民達も混乱した姿が、のどかな景色とミスマッチな分、異常な雰囲気を醸し出している。
また、最後の最後、エンドロールの時に、次は猫に寄生、と言うエンドレスな終わり方がまだまだこんな物じゃないと言う粘着さをかもし出していて良い。
寄生生物の、しつこさがうまく出ていると思う。
研究者などが特別出て来ない為、この生物の詳細はあまり触れられていない為曖昧さは残るが、謎なままでもそこまで心残り感のない作品である。

スリザー 感想まとめ

生理的に肉質の表現がグロテスクな部分もある為、苦手な人や気分が悪くなる人もいるかもしれないので要注意である。
容姿が変化して醜悪になるグラントや、行方不明だったブレンダの破裂など、あまり気持ちよい表現ではない。
ただ、寄生されパニックになって行く、登場人物や、町民達の様子がうまく描かれているので、見ている側もパニックになりそうな臨場感が出ている。
生理的表現がまあ観られると言う人なら終始飽きずに観られる映画である。
結局、宇宙の未知の生物が、どんなものと言う詳しい解説は無いが、パニック物としては一応ハッピーエンドで観やすいと思う。

Amazon 映画『スリザー』の商品を見てみる