映画『ソナチネ(1993)』あらすじネタバレ結末と感想

ソナチネ(1993)の概要:1993年製作の日本映画。暴力団同士の抗争で沖縄に援軍として派遣された村川が、実は裏切られ命を狙われていたという物語。沖縄の美しい自然を舞台に、死へと続く展開が緊張感のある作品である。

ソナチネ あらすじネタバレ

ソナチネ
映画『ソナチネ(1993)』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ソナチネ あらすじ【起・承】

村川(北野武)は暴力団北島組の傘下・村川組の組長だった。
北島組からの扱いも悪く、幹部の高橋とは犬猿の間柄ということもあり2組はうまくいっていない。
しかし逆らうことが出来ず、村川は従う毎日だった。

ある日、北島組の友好組の中松組が沖縄で抗争となる。
相手は阿南組といいなかなかのやり手。
そのため北島組は村川に組員を連れて援軍として行ってくれないかと頼まれる。
このとき村川は即決出来なかった。
なぜなら最近抗争で組員を亡くしたばかりであり、抵抗があったからである。
しかし北島組はどうしても援軍に送りたいとしつこいため渋々重い腰をあげる村川。

村川たちが沖縄の中松組についたとたん、オフィスが狙われた。
銃弾が撃ち込まれ、爆弾を仕掛けられた。
この事件で2組は壊滅的な危機に陥る。
何とか残った5人で事務所を後にし、海沿いの空き地に身を隠すことにした。
ここでの生活は非常にのんびりしていた。
抗争中ということも忘れ、子供のように無邪気にはしゃぐ男たち。
仲間には幸という若い女も加わり楽しいと思えるほどの時間を過ごしている。

ソナチネ あらすじ【転・結】

村川はもう少ししたら市内に戻るか、東京に帰るかしようとしていた。
その時だった。
阿南組の組員が村川の仲間を一人殺害した。
村川は中松組の組長が手打ちにすると聞いていたため待っていたのだが、組長はそんな意思はすでに無かった。
組長はこの件から離れるからあとは任せるという態度だったため、村川の仲間に殺害される。
村川は何かおかしいと感じていた。
この援軍は北島組に仕組まれた罠だったのである。
元々村川組をつぶそうとしていた北島組が、友好組だった阿南組に頼んだというのだ。
村川を殺したらシマをくれるという取り決めだったらしい。

村川はその後阿南組長を殺害。
村川は事実の真相を確かめるべく北島組の幹部・高橋を拉致。
そして事実を再確認する。
村川達は車内で高橋を殺害し、阿南組が集合するホテルまで出向き停電にした隙に銃を乱射した。
阿南組を皆殺しにした村川。
帰りを待つ幸に会うこと無く、車の中で銃口をこめかみにあてるのだった。

ソナチネ 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1993年
  • 上映時間:93分
  • ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ
  • 監督:北野武
  • キャスト:ビートたけし、国舞亜矢、渡辺哲、勝村政信 etc

ソナチネ 批評・レビュー

映画『ソナチネ(1993)』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

純粋な男達の映画

北野武映画の多くはヤクザ、所謂任侠物である。
ほとんどの作品はバイオレンス描写が多く、内容も単純だがシビアなものが多い。
しかし本作品はそれらとはひと味違う。
冒頭からラストまでドンパチやるヤクザ同士の抗争を描いているだけではなく、途中の沖縄ではちゃんとゆったりした南国感を演出しているのだ。

沖縄について事務所が狙われ海岸沿いの空き地に逃げる一行。
そこでは今まで人が殺し合っていたことなど忘れさせられる。
紙相撲をしたり、はしゃいだりと大の男達がリゾートを満喫する。
それは抗争の合間の休息のようなものなのだろう。

この男達が無邪気で子供のよう。
ストレートに物を言い、ヤクザとはとても思えないのだ。
そこに突然再び攻撃が開始。
一人ずつ銃殺されていく。
ここで思い出すのだ、これはヤクザ同士の抗争映画だったのだということを。

北野映画にしては一貫してぶれない男を演じさせるわけではなく、ヤクザでも心は普通の人間と変わらないのだという、ある意味で理想的な演出が面白い。
まだ芸人としてのユーモアが映画に反映されているかのような印象をうける。

ラストシーンのいきなりさ

北野武の映画は最後に主人公が死ぬことが多い。
それはまるで死に場所を探しているかのような死に方である。
本作品も主人公の死は突然訪れる。
しかも何のためらいも無く死んでいく姿は、爽快感さえ感じさせる。
しかしこれが無いとやはり盛り上がらないのだ。
武はこのスタイルを初期作品から時間をかけて確立させたかったのかもしれない。

ソナチネ 感想まとめ

北野武監督の初期作品の代表格が今作品だ。
ラストシーンで、銃口を自分のこめかみに向けるシーンはあまりに有名である。
彼がやりたいことはおそらく男の生き様を演出すること。
きっと自分なりの理想の生き方があるのかもしれない。
それは任侠であるということより、自分の思う道を貫き、後悔しないということ近いのかもしれない。

若い頃に観た印象と、大人になって観た印象はまるで違う。
昔わからなかった哀愁やポリシー、意地のようなものを作品からひしひしと感じるのだ。
北野武の映画は人生経験をある程度積んでから鑑賞すると、より説得力が増すのだろう。

Amazon 映画『ソナチネ(1993)』の商品を見てみる