映画『その男、凶暴につき』あらすじネタバレ結末と感想

その男、凶暴につきの概要:1989年製作の日本映画。北野武の映画初監督作品であり、北野武自身、思い入れがあると語る映画である。暴力的な刑事がヤクザ相手に引き起こす悲劇の顛末を描いた物語。

その男、凶暴につき あらすじネタバレ

その男、凶暴につき
映画『その男、凶暴につき』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

その男、凶暴につき あらすじ【起・承】

我妻諒介(ビートたけし)は刑事である。
しかし暴力には暴力で返すのがポリシーである彼はその凶暴性から仲間からはうまくいかず、一匹狼だった。
ある日浮浪者へ暴漢した少年の自宅へ令状なしに我妻が乗り込み、暴力を振るい自白を強要するという事件が起こった。
このことで署から厳重注意された我妻だった。
彼には知的障害の妹がいた。
普段の我妻とは違い、妹に接するその姿は優しい普通の兄の顔である。

ある時、麻薬密売人の柄本が惨殺死体で発見された。
我妻はあくまで自分のポリシー通り、柄本から薬を買っていた常連に暴力を振るいながら捜査を進めていく。
我妻と相棒を組んだ若い刑事の菊池(遠藤憲一)は良く思わないが制止は出来ない。
事態は深刻だった。
我妻は親友・防犯課の岩城が麻薬を横流ししているという悪い噂を聞く。
その後岩城は自殺に見せかけられ死亡。
これはその噂が真実であったことを語っていた。
捜査の結果、岩城を殺させたのは実業家の仁藤が清弘という男を使ったということが判明する。

その男、凶暴につき あらすじ【転・結】

このことで我妻は清弘を麻薬密売容疑で逮捕。
その暴力的な取り締まりはすさまじかった。
最後には銃を取り出して脅した我妻のいきすぎた行動は署で問題視され、退職するよう勧告された。
結果的に刑事を退職した我妻だったが、捜査をやめること無く独自に進める。
拳銃を手に入れた我妻は、岩城の復讐を誓う。

一方で清弘の仲間は我妻の妹を拉致。
しかし彼らは我妻の妹だと知っていたわけではない。
全くの偶然だった。
彼らは妹を薬漬けにし、襲っていた。

復讐の鬼と化した我妻は銃を片手に仁藤のあじとへ向かう。
そしてすぐさま仁藤を射殺した。
その後清弘が仲間を殺そうとしているアジトへ向かった我妻はそこに妹がいることを知る。
我妻は清弘を殺すが、その遺体から必死で何かを探している妹の姿を見て全てがわかった我妻。
やむおえず妹までもを手にかけた。

そして我妻に銃口が向けられた。
仁藤の部下だった。
この部下は自分が仁藤の跡を継ごうと思い、菊池刑事を横流しに命じる。
こうして麻薬組織の壊滅は毛頭無くならないのだった。

その男、凶暴につき 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1989年
  • 上映時間:103分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:北野武
  • キャスト:ビートたけし、白竜、川上麻衣子、佐野史郎 etc

その男、凶暴につき 批評・レビュー

映画『その男、凶暴につき』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

武の俳優としての才能

この映画は北野武が監督するということで話題になった。
もちろん興行成績も良く、自作も期待された。
初めての監督作品にしては魅力的な演出も多く、よくここまで撮れたものだという感想を持つ。

だが本当に凄いのは武の演技力だ。
彼のこの映画での存在感は凄い。
これ以降のヤクザ映画で武は主演でありながら、他の役者たちより抜きに出ない位置や演技に身を置いているように感じる。
北野武の特別感は消されているのだ。
しかし本作品はそれとは異なり、武ありきの映画となっている。

武の演技の魅力とは何か。
きっとありのままであるということではないだろうか。
演技しているように見えないのである。
上手く演じよう、難しい顔をしようという雰囲気は一切無く、鑑賞者側も力を抜いて観ることが出来る。
計算された演出なのかそうでないのかは定かでは無いが、この演技が彼の魅力であることは間違い無いだろう。

北野映画のタイトル

北野映画のタイトルはキャッチコピーも含め、天才的である。
「その男、凶暴につき」「全員悪人」など誰が考えられるのか。
内容は好みがあるがタイトルは映画の顔である。
普段興味が無くてもタイトルで観たいと思うこともある。
そういう意味ではタイトルセンスは非常に重要であると言っても良い。

その男、凶暴につき 感想まとめ

北野武監督の処女作である。
初めてにしてはあまりにも大胆で衝撃的な作品であった。
それと共に今後の監督としての期待も大きくなった。
普段は芸人として笑わせる立場にいる彼が、真剣な顔で任侠映画や刑事映画にでる。
それはとても非日常的であり、魅力的である。

また主人公が死んでしまうスタイルも本作からきちんと出ている。
この映画を観ると北野映画は方向性を見失わず、全くぶれていないのだと嬉しくなってしまう。
まさに彼こそ男臭い男であるのだろう

Amazon 映画『その男、凶暴につき』の商品を見てみる