映画『ソラニン』のネタバレあらすじ結末

ソラニンの概要:しがないOLの芽衣子と、音楽で成功を目指す種田。大学の軽音サークルで知り合った2人は恋人同士。しかし、種田はバイクの事故で死んでしまった。音楽と青春を切なく描いたラブストーリー。

ソラニンの作品概要

ソラニン

公開日:2010年
上映時間:126分
ジャンル:ラブストーリー、青春、音楽
監督:三木孝浩
キャスト:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一 etc

ソラニンの登場人物(キャスト)

芽衣子(宮﨑あおい)
OLの仕事をしていたが、勢いで辞めてしまう。たいした夢もなくゆるゆると暮らす。種田と同棲していた。種田を亡くして「ソラニン」をステージの上で歌う。
種田(高良健吾)
芽衣子の恋人。大学の軽音サークルでギターボーカルを担当。卒業後またメンバーを集めて音楽活動をはじめるが、うまくいかない。バイクの事故で命を落とす。
ビリー(桐谷健太)
実家の薬局を継ぐ。種田のバンドのドラム。体が大きくコワモテだが、肝心なときに適切なアドバイスをくれる。種田を亡くした芽衣子をしっかり支えた。

ソラニンのネタバレあらすじ

映画『ソラニン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ソラニンのあらすじ【起】

種田(高良健吾)が完徹で帰って来た。ソファーの上で寝てしまう。

お前の代わりなんていくらでもいるんだよ!上司から怒鳴られた。芽衣子(宮﨑あおい)は気分が悪いから早退する。種田が仕事辞めちゃえよと言ってくれた。辞表を提出して、昼からビールを飲む。

種田は荒れていた。まさか本当に辞表を提出するとは。今日は魂で演奏しろ!私たちは大学の軽音サークルで出会った。居酒屋でビールを飲んでつまみをつつく。

母親がマンションに押し掛けて来た。実家に帰って来いと怒鳴られる。自分たちの事は自分で決める!そういって部屋を飛び出した。

薬局で働いているビリー(桐谷健太)のところに相談に行った。わざわざ頭痛薬を買いに来た。実家を継いだビリーに意見を聞きに来たのだ。種田としっかり話をしろとアドバイスをくれた。

種田がソファーの上でギターを弾いている。芽衣子は種田に言葉をぶつけた。ちゃんと音楽をやってほしかったからだ。仕事中種田は音楽を聞いていた。上司がうしろから話しかけるが聞こえない。芽衣子が言った事が頭から離れない。減給を言い渡されてしまった。川から夕日を見つめてため息をつく。

ソラニンのあらすじ【承】

バイトを辞めた種田は本格的にバンドに取り組み始めた。CDを作って、ライブハウスや音楽事務所に送りつける。それをポストに入れて、全員で手を合わせた。ビリーは一緒に1000円札を入れた。いい結果が来ますように。

大きいレコード会社から連絡が入った。しかし、水着を着た女の子のバックバンドをやってほしいと言われる。黙っている種田の代わりに芽衣子が断った。それを言ったレコード会社の社員は元有名バンドのメンバーだった。種田を音楽の道に導いてくれた人。そのひとから現実的な話をされた。

芽衣子と種田はボートに乗っていた。別れようと言われる。芽衣子の言動がプレッシャーだという。強い風が吹いて、種田の帽子が飛んだ。つかまえようとした芽衣子がボートから落ちる。びしょびしょになりながら種田に怒った。種田もボートから落とす。

ちょっと出かけて来る。そう言って種田は戻ってこなかった。種田が消えて、5日が過ぎた。CDを聞くと別れの歌だった。寝込んだ芽衣子を友達がお見舞いに来た。料理を作ってくれるらしい。種田がいなくて苦しい。

ソラニンのあらすじ【転】

種田から電話がかかってきた。種田の名前を久しぶり呼んだ。携帯の充電が切れて、愛してるという言葉が届かなかった。種田は幸せを噛み締めながらバイクに乗っていた。走りながら涙が出て来る。自然とスピードが出ていた。

就職が決まったとき、種田は喜んでくれなかった。卒業ライブで歌いだしつまずいた。種田は自分の気持ちを吐き出す。答えが見つかるまで時間をください。僕は僕の道を行く。帰りぎわ種田は芽衣子に告白した。僕は君が好きなんだ。うちに帰ろ。

種田は空を見ていた。早くうちに帰らなきゃ。

もしあのとき別れていれば、もしあのとき会社を辞めていなければ、もし最初から付き合っていなければ。

ビリーが肉まんを買って様子を見に来たら、部屋の中で大きな音がした。テレビが壊れている。その姿を見て悲しくなる。

種田のお父さんが荷物を取りに来た。整理していると、種田の日記を見つけた。お父さんは東京で大切なものが見つかったと息子から聞いていたらしい。ギターを捨てようとしたのを必死に止めた。

ソラニンのあらすじ【結】

芽衣子に呼び出された。なぜかギターを担いでいる。芽衣子は種田に替わってバンドをやるらしい。後輩の女の子から対バンの誘いを受けた。レコード会社の人間も聞きに来るらしい。

芽衣子はそのライブに出たいという。「ソラニン」を歌いたい。その気持ちが彼女を突き動かしていたのだ。「ソラニン」は過去の自分との別れの曲だ。

スポットライトが眩しい。何も考えず歌えばいい。 観客が芽衣子に圧倒されていた。種田が音楽を始めたきっかけ。好きだったバンドのギターと同じギターを買った。音楽で世界が変えられると信じていた。空に向かって種田に話しかけた。「ソラニン」間違えずに歌えたよ。

あのライブが終わって、いつのまにか春が来ていた。川縁の道にはサクラが咲き誇っている。種田のギターとアンプが部屋にぽつんと立っていた。この部屋とも今日でお別れだ。

たとえいつかこの景色が見られなくなったとしても、みんなといられたらいいや。今日はそう思った。

ソラニンの解説・レビュー

泣ける作品。けれど、全体的に暗い印象

種田の夢が叶わないとわかり、不慮のバイク事故で死んでしまうあたりが何とも切ない。悲痛の叫びでアクセルを握り、赤信号に突っ込む種田の気持ちは計りしれないが、それほどまでに今回の挑戦がラストチャンスであり、夢を諦めるか追い続けるか決意する瀬戸際だったのであろう。
きっと、芽衣子は「自分がバンド活動を提案しなければよかった」となんども悔やんだはずである。
いつもどおり、何事もなく過ごしていれば、変化を与えなければ種田は死ぬことはなかったのだから。

その思いを胸に、種田のギターを握り種田が作った歌を歌う決意をした芽衣子。
この「ソラニン」という歌の歌詞がまた、なんとも言い難いほど世相を切るものである。
懐古する自分、前を向く自分、次へ踏み出そうとする自分。
昔を忘れることが良いことなのか、自分が望む幸せはなんなのか。
この歌には、そんな人生に対する疑問や問いかけがたくさん含まれており、劇中でも芽衣子が歌うシーンを見ていて胸がぎゅっと締め付けられてしまう。
映画のイメージとして、全体的に見ている者への「人生って何?」という問いかけが感じられ、見終わったあとも胸がざわつく作品である。

また、演出自体も暗い室内やパッとしないライブハウスや居酒屋など、言うなれば、庶民の平凡でありきたりな生活の断片を描いているため、華やかさはなく見ていても元気はもらえない。

全体的な暗さを「加藤」や「ビリー」といったユーモアのあるキャラクターがカバーして持ち上げてくれているようにも見えるが、重暗い印象の方が強く残ってしまう。
私が思うに、元気な時には見ても良い作品であるが、たとえば落ち込んでいたり気分が沈んでいる時に見るべき作品ではない。

ソラニンの感想まとめ

主題歌がアジアンカンフージェネレーションの楽曲なので、アジカンファンは一見ものであろう。
しかし、映画としてみた時に、作品のテーマもストーリーも夢を追う者を叩き切るような暗い印象が強く、なかなか心に重く突き刺さる作品であると思う。
果たして、この作品が言いたいことは「現実はそんなに甘くないよ!」ということなのだろうか。
その趣旨のような部分がいまいちわからなくて、見終わった後に気分が少し沈んだまま終わるような印象である。
この映画をお勧めするとしたら、アジカンファンか原作のファンか、もしくは世相をブッタ切りたいという気持ちがある人に勧めるといったところだろうか。とても、元気になりたいときにはみるべきではない。

Amazon 映画『ソラニン』の商品を見てみる