「草原の実験」のネタバレあらすじ結末

草原の実験の概要:1950年代、ソ連に属するある国の辺境。美しい少女は、父親と共に草原の中の一軒家で暮らしている。少女の心が緩やかに成長すると共に、家の周囲では不穏な空気が漂い始める。実際に起きた恐ろしい事件を、壮大な自然と共に淡々と描く。

草原の実験の作品概要

草原の実験

製作年:2014年
上映時間:97分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:クサンドル・コット
キャスト:エレーナ・アン、ダニーラ・ラッソマーヒン、カリーム・パカチャコフ etc

草原の実験の登場人物(キャスト)

ジーナ(エレナ・アン)
ソ連のとある国の草原地帯の一軒家で暮らしている美少女。家事と父親の世話をこなしながら、美しい自然に囲まれて穏やかな日々を送っている。世界に興味を持ち始めており、自分が住んでいる環境以外の場所に想いを馳せる。
タルガート(カリム・パカチャコフ)
ジーナの父親。元戦闘機パイロット。パイロットゴーグルを愛用し、現在でも軍部関係者の知人の好意で、時々飛行機を操縦している。一人娘のジーナを、何よりも大切に想っている。
マクス(ダニラ・ラスマキン)
ジーナの暮らす地域一帯を調査する一団のロシア人青年。ジーナに一目惚れし、気を引くために様々な方法でジーナを笑わせる。
カイスゥィン(ナリンマン・ベクルラトフ・アレシェフ)
ジーナが暮らす地域の原住民の青年。勇敢で誠実。ジーナに想いを寄せており、妻に迎えたいと考えている。

草原の実験のネタバレあらすじ

映画『草原の実験』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

草原の実験のあらすじ【起】

1950年代。ソ連のとある国の辺境。美しい少女ジーナは、伝統的な一軒家で、父親タルガートと二人で暮らしている。家の周辺にはジーナ達以外は住んでおらず、見渡す限り草原が続いている。ジーナは家事をこなし、父親の世話をしながら平穏な日々を送っている。

元パイロットのタルガートは、今でも飛行機への愛着を持っている。タルガートは軍部関係者の友人に頼み、時々小型飛行機を操縦している。普段は無表情のタルガートだが、飛行機に乗るときは満面の笑みを見せる。

ジーナは、寝室に貼った世界地図を眺め、ラジオで外国の音楽を聴いて、まだ見ぬ世界に想いを馳せる。ジーナは父親をよく労わり、細かいところにまで気配りしている。

タルガートは、毎朝トラックに乗り込み、仕事で何処かへ出かけていく。通勤時、タルガートはジーナにトラックの運転を教えている。家から伸びた道の分岐点までジーナが運転し、その先はタルガートが一人で車に乗って仕事へ向かう。ジーナは、分岐点から徒歩で帰宅する。

原住民の青年カイスゥィンは、毎朝馬に乗ってジーナを迎えに行き、後ろに乗せて家へと送る。その度にジーナはカイスゥィンに水を振る舞い、飲み干したカイスゥィンは帰っていく。

草原の実験のあらすじ【承】

ジーナの家の近くで、ロシア人の一団が乗った車が故障する。ロシア人青年マクスは、水を求めてジーナの家を訪れるが、ジーナは家の中に姿を隠している。マクスは自分で井戸から水を組もうとするが、井戸の蓋には鍵が掛けられている。ジーナは家から出て井戸を開放し、マクスに水を与える。ジーナとマクスは、お互いに一目で惹かれ合う。マクスはジーナの写真を撮り、車へ戻っていく。

タルガートは、毎日日没前に帰宅する。その夜、眠っているジーナのもとへ、マクスがやってくる。マクスはジーナを家の外に呼び出し、昼間に撮ったジーナの写真を映写機で外壁に投影する。マクスはジーナに写真を贈り、闇の中をライターの灯りを頼りに帰っていく。

翌朝、ジーナはにこやかな表情を浮かべている。いつものように、ジーナはタルガートを助手席に乗せてトラックを運転する。いつのまにか荷台に乗っていたマクスは、ミラー越しにジーナに合図を送る。分岐点でジーナが下車した後、マクスはタルガートが運転するトラックに乗ってそのまま運ばれていく。マクスは楽しげにジーナを眺めている。

徒歩で家へと向かうジーナを迎えに、カイスゥィンがやってくる。ジーナはいつも通りにカイスゥィンに水を振る舞い、カイスゥィンは去っていく。

草原の実験のあらすじ【転】

ジーナの家の近くを、何十台ものトラックが通過する。ある日の夕刻、タルガートは普段よりも遅く帰宅する。タルガートは謎の病に冒されており、高熱を発して錯乱している。ジーナはタルガートを着替えさせ、寝台に寝かせる。

その夜、一帯は暴風雨に襲われ、ジーナは不安なまま眠れず過ごしている。突如、防護服に身を包んだ一団の乗った車が家の前に停まる。防護服の男達は、タルガートを家の外に連れ出し、トラックや家畜、庭の物全てに検知器を近づけ、放射線量を測定する。

タルガートのトラックの積荷から、高度の放射能が検出される。男達はタルガートに裸になるよう指示し、検知器を近づける。タルガートの体から、高濃度の放射線が感知される。男達は家の中に入り、検査を続ける。ジーナは布団に隠れてその様子を見ている。家の中からは放射能は検知されず、男達は、豪雨の中に裸のタルガートを残したまま去っていく。

翌日、タルガートの容体が悪化する。ジーナはカイスゥィンに助けを求めるため、空に向けてライフルを撃つ。事態を把握したカイスゥィンは、ロシア人の軍医と軍人を連れて戻ってくる。診察後、軍医達は重症のタルガートを車に乗せて何処かへと連れていく。

草原の実験のあらすじ【結】

カイスゥィンは、一人家に取り残されたジーナに愛を告げる。ちょうど、マクスがその場にやってくる。カイスゥィンとマクスは、ジーナを巡って殴り合いを始めるが、ジーナは二人に水を浴びせかけて喧嘩を終わらせる。

ある夜明け前、タルガートが帰宅する。タルガートは体を清めて正装し、家の外に出した寝台に腰掛け、日の出を眺めながら絶命する。

ジーナは一人でタルガートの遺体を埋葬した後、荷物を纏めてトラックに乗って家を出る。途中でガソリンが切れたため、ジーナは徒歩で進み続ける。突如、広範囲にわたって張り巡らされた有刺鉄線が目の前に現れ、ジーナは行く手を阻まれる。

ジーナが自宅に戻ると、カイスゥィンとその家族によって、家中にタルガートへの弔いの装飾が施されている。カイスゥィンは、伝統に則って家族の前でジーナに求婚し、二人の結婚は認められる。

ジーナは、長く美しい髪を自分で短く切り、結婚への抵抗を示す。偶然、その場にやってきたマクスは、カイスゥィンに決闘を申し込む。カイスゥィンは、ジーナの家から離れた野原にバイクでマクスを連れて行き、二人はジーナへの愛を懸けて戦う。

マクスが本気であることを知ったカイスゥィンは、負けを認めて去っていく。マクスは何時間もかけて草原を歩き、ジーナの家に戻る。ジーナは家の前で倒れたマクスを助け、自宅に招き入れる。嵐が吹きすさぶ中、二人は一夜を共にする。

翌朝、青空の下、二人は家の外の寝台に腰掛け、たわいもなくあやとりで遊んでいる。突如、轟音が響き、閃光と共に巨大なキノコ雲が沸き起こる。地面が割れて爆風が巻き起こり、一帯は瞬く間に吹き飛んでいく。カイスゥィンは、雄叫びを上げながらバイクでキノコ雲に突進する。砂塵に巻き込まれ、ジーナとマクスは手を繋いで死を迎える。

Amazon 映画『草原の実験』の商品を見てみる