『スパイダーマン3』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2007年の作品。有名なマーベルコミックのアメコミヒーロー・スパイダーマンの三作目。今回のキャッチフレーズは誰にでもある(悪)と闘う自分(悪)に染まる自分。前作では能力の失ったスパイダーマン自身。今作では悪の自分自身と向き合う。

あらすじ

スパイダーマン3』のあらすじを紹介します。

「スパイダーマン2」から時が経ち、市民に愛される存在となっていたパイダーマン。その正体であるピーター・パーカーも学業の傍らMJとの交際も順調であった。MJは女優としての活動を続け、ブロードウェイ・デビューを果たした。ピーターは遂にMJへのプロポーズを決意し、メイおばさんにその事を打ち明けた。ピーターの言葉を聞いたおばさんは亡きベンおじさんがくれた婚約指輪を託す。
その後、メイおばさんの家から帰路についた途端、「ニュー・ゴブリン」こと親友ハリー・オズボーンの襲撃を受ける。前作でスパイダーマンに敵意を向いていたハリーはついに自らが行動に出た。ハリーはピーターが父ノーマンの仇だと密かに攻撃の機会を窺っていた表れである。執拗に攻撃を仕掛けるハリーと、おばさんのくれた指輪を守りながら攻撃をかわすピーター。しかし闘いの末、ハリーは頭部を強打し、病院に運ばれ意識を取り戻したハリーは父が死ぬ以前から最近までの記憶と、ピーターへの憎悪を失っていた。
その頃、警察が郊外でひとりの男を追いかけていた。その男の名はフリント・マルコ。男はとっさに物理研究所の構内に逃げ込むが、そこで偶然行われていた分子分解の実験に巻き込まれてしまう。実験の結果、砂状の体を持つ「サンドマン」と化してしまった。その男は、ベンおじさんを殺した真犯人として警察に追われていたのだった。私怨にかられるピーター。すると謎の液状生命体「シンビオート」がピーターの体を黒く染め、気がつけばピーターは今まで以上のパワーを持った「ブラック・スパイダーマン」となっていた。
ブラック・スパイダーマンという「べノム」の存在と「ニューゴブリン」ことハリー、そして「サンドマン」
果たして、ニューヨークに平和は訪れるのか…。

評価

  • 点数:55点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★☆☆☆
  • 映像技術:★☆☆☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2007年5月1日
  • 上映時間:140分
  • ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ
  • 監督:サム・ライミ
  • キャスト:トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、トファー・グレイス etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『スパイダーマン3』について、3つ考察・解説します。※ネタバレあり

ピーターとハリーとMJ

今作でこの三人の関係も終焉を迎えるわけですが、スパイダーマンというストーリーがドロドロしている中、ピーターは頑張ったと思う。ハリーとの友情関係も最終的には修復するが、スパイダーマンという超能力が人間関係をドロドロさせていった中でピーターは良い事も悪い事も踏まえて、正義の重さを知っていった。結局、強い力を持つ事は周囲の人間を巻き込むという事も作品は伝えていたのだと思う。
毎作、ハッピーエンドでは済んでいない分、今作もハッピーエンドを崩して先への伏線を張るのも期待していたがその点に欠けていたのが残念。

べノム

べノムという存在は人気キャラクターであるが、今作のべノムの使い方が俊逸であった。このスパイダーマンという映画を通して、スパイダーマンは自分自身の心の持ち用で能力のみならず何でも変化をもたらすというテーマが今作のようなおもしろさを生んだのだと思う。

なぜ?

「サンドマン」という存在。べノムやニューゴブリンの存在だけで事は足りそうであったが、ピーターの私怨が絡んでいる重要な存在。スパイダーマンとしての力が人間としてのピーターに及ぼす力は大きいという事が三部作に渡って伝わる立ち位置にいる。
そこから、「べノム」の生誕に繋がる以上、スパイダーマンの力自体は大きいという事を示している。

まとめ

スパイダーマンの三部作として、率直な感想は、スパイダーマン2が一番面白いと思いました。今作は、ピーター、MJ、ハリーの関係の終焉ですが、人間関係なんていくらでも続きが描けますしね。2の状態で終わらせても良かったと思いますが。

今作の良かった点はやはり、「べノム」の登場だと思います。キャラクターのインパクトも濃いですし、登場理由も前作とリンクしていて非常に楽しめました。しかし、個人的に思い入れがないとそこまで実際に「べノム」に対して感動できるかと言われるとそうとも言えません。
私自身、「スパイダーマン3」を見るまで、べノムという存在を知りませんでしたし、マーベルコミック自体に詳しいというわけでもないですしね。

まとめとしては、スパイダーマンは三部作を通してヒーローとして、斬新な立ち位置に合ったと思います。日本人感覚のヒーローといえば、人間には絶対に知られない存在。それを伏線にして、終盤にかけて知られるというものですが、今作では、もう一歩踏み込んだ領域にスパイダーマンというヒーローが存在していたと思います。特に、人間状態においても二歩は踏み込んだ距離感を保っていたと思います。それゆえに、私怨が深くなっていた内容であり、ストーリーは三部作を通じて大人向けであったと言えます。

Amazon 映画『スパイダーマン3』の商品を見てみる

関連作品