映画『スパイダーマン3』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「スパイダーマン3」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン3の概要:長年根強い人気を誇ってきた『スパイダーマン』シリーズの最終章にして第三弾。ピーターのスパイダーマンとしての最後の戦いがここに始まる。ピーターとハリーの友情の行方は如何に。

スパイダーマン3の作品概要

スパイダーマン3

公開日:2007年
上映時間:139分
ジャンル:アクション、アドベンチャー
監督:サム・ライミ
キャスト:トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、トーマス・ヘイデン・チャーチ etc

スパイダーマン3の登場人物(キャスト)

ピーター・パーカー / スパイダーマン(トビー・マグワイア)
遺伝子組み換えをした蜘蛛に刺されてからというものの、特殊な力を手にした青年。スーパーヒーローとして活躍している。
メリー・ジェーン・ワトソン(キルスティン・ダンスト)
長年ピーターが想いを寄せている女性。女優として活動している。
ハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)
ピーターの親友。父親をスパイダーマンに殺されたと考え憎しみを抱いている。
フリント・マルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)
ピーターの叔父を殺した張本人。
エディ・ブロック / ヴェノム(トファー・グレイス)
ピーターに憎しみを抱いているカメラマン。

スパイダーマン3のネタバレあらすじ

映画『スパイダーマン3』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スパイダーマン3のあらすじ【起】

平凡な学生であったピーターの人生は、ある日遺伝子組み換えをした特殊な蜘蛛に刺されたことで一変する。彼は体から糸を出すといった、さながら蜘蛛のような能力を手に入れたのだ。それからというもの、彼は日夜正義のヒーロースパイダーマンとして町の平和を守り続けてきた。

特殊なスーツに身を包み正体を隠してきたピーターだったが、前作でのドック・オクとの戦いの中、民衆に自分の正体がバレてしまう。しかし、今まで自分達を守ってきたピーターのことを、民衆は受け入れた。そして、ピーターが長年想いを寄せ続きてきたメリーもまた、側でピーターを支えてくれるようになったのだ。

しかし、一方でピーターのスパイダーマンとしての力が弱まり始めていた。ピーターはこれを機にスパイダーマンの活動から足を洗おうと考えていた、その時だった。ピーターはある日突然何者かに襲撃を受けた。その敵の名前はニュー・ゴブリン。そしてその正体はピーターの長年の親友、ハリーだったのだ。

スパイダーマン3のあらすじ【承】

ハリーの父親は、以前グリーンゴブリンとしてスパイダーマンと対峙したヴィランだった。その戦いの最中、ハリーの父親は命を落とすのだが、ハリーはその死がスパイダーマンのせいだと思い込んでいたのだった。ピーターは迷いながらもニュー・ゴブリンと戦い、そして辛くも勝利を収めた。

すると何と、その戦いの最中でハリーが頭を強打し、記憶喪失になってしまったのだった。父親が亡くなる直前からの記憶を失ったハリーには、最早ピーターに対する憎しみの記憶も消え去っていた。ピーターはハリーを心配しながらも、心の何処かで安堵するのだった。

一方その頃、刑務所からマルコという男が脱走した。砂を自在に操るその男は、かつてピーターの叔父を殺した張本人だった。そのことを知ったピーターは怒りに震える。すると何と、ピーターの体がシンビオートという謎の物質に包まれ、ブラック・スパイダーマンとして生まれ変わったのだ。今まで以上の力を手に入れたピーターは、その力で見事マルコを下すのであった。

スパイダーマン3のあらすじ【転】

一度は力を失いつつあったピーターだが、そのシンビオートのお陰で再びスパイダーマンとして世間の注目を浴びるようになる。しかし一方で、ピーターの恋人で女優をしているメリーは順風満帆とはいかなかった。彼女は以前出演した舞台でいい結果を残せず、役を降ろされてしまったのだ。注目を浴びるピーターと停滞気味のメリーの間には、次第に溝が出来始める。

そして、ハリーも全ての記憶を取り戻した。記憶と共にピーターへの憎しみを思い出したハリーは、メリーに言い寄りピーターとメリーを破局に追いやるのだった。また、ピーターも自らの変化に気がついていた。実は最近ピーターが身にまとっているシンビオートは、宿主を攻撃的にさせる副作用があったのだ。

それを自覚したピーターはスパイダーマンを辞める決意を固め、シンビオートがまとわりつくスーツを破り捨てた。しかし、シンビオートは諦めず次の宿主を探し始めた。そして目をつけたのが、ピーターに恨みを持っているカメラマン、エディだった。

スパイダーマン3のあらすじ【結】

エディはシンビオートに飲み込まれ、ヴィラン”ヴェノム”へと姿を変えた。以前スパイダーマンに取りついていたシンビオートには、スパイダーマンの能力がインプットされていた。つまり、ヴェノムはスパイダーマンの弱点を含む全てを知ったのである。そしてヴェノムはスパイダーマンに復讐を誓ったマルコと手を組んだ。

スパイダーマンの弱点、それは彼の最愛の存在メリーだった。メリーを人質にとられ、また全ての能力が露見しているスパイダーマンは圧倒的不利の状況だった。しかし、そんな時スパイダーマンを助ける存在が現れた。ニュー・ゴブリンである。ハリーは父親の死の真相を知り、ピーターに対する憎しみから解き放たれたのだ。

そして強力な敵相手に、ピーターとハリーは協力して立ち向かう。最後、ハリーは何と自らの命を犠牲にしてピーターを助けたのだった。そして敵に打ち勝ったスパイダーマンは、ハリーの葬式を開き永遠の友情を彼に誓う。そして、再びメリーに想いを伝えるのであった。

Amazon 映画『スパイダーマン3』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    べノムという存在は人気キャラクターであるが、今作のべノムの使い方が俊逸であった。このスパイダーマンという映画を通して、スパイダーマンは自分自身の心の持ち用で能力のみならず何でも変化をもたらすというテーマが今作のようなおもしろさを生んだのだと思う。

  2. 匿名 より:

    スパイダーマンの三部作として、率直な感想は、スパイダーマン2が一番面白いと思いました。今作は、ピーター、MJ、ハリーの関係の終焉ですが、人間関係なんていくらでも続きが描けますしね。2の状態で終わらせても良かったと思いますが。
     
    今作の良かった点はやはり、「べノム」の登場だと思います。キャラクターのインパクトも濃いですし、登場理由も前作とリンクしていて非常に楽しめました。しかし、個人的に思い入れがないとそこまで実際に「べノム」に対して感動できるかと言われるとそうとも言えません。
    私自身、「スパイダーマン3」を見るまで、べノムという存在を知りませんでしたし、マーベルコミック自体に詳しいというわけでもないですしね。

  3. 匿名 より:

    「サンドマン」という存在。べノムやニューゴブリンの存在だけで事は足りそうであったが、ピーターの私怨が絡んでいる重要な存在。スパイダーマンとしての力が人間としてのピーターに及ぼす力は大きいという事が三部作に渡って伝わる立ち位置にいる。
    そこから、「べノム」の生誕に繋がる以上、スパイダーマンの力自体は大きいという事を示している。

  4. 匿名 より:

    今作でこの三人の関係も終焉を迎えるわけですが、スパイダーマンというストーリーがドロドロしている中、ピーターは頑張ったと思う。ハリーとの友情関係も最終的には修復するが、スパイダーマンという超能力が人間関係をドロドロさせていった中でピーターは良い事も悪い事も踏まえて、正義の重さを知っていった。結局、強い力を持つ事は周囲の人間を巻き込むという事も作品は伝えていたのだと思う。
    毎作、ハッピーエンドでは済んでいない分、今作もハッピーエンドを崩して先への伏線を張るのも期待していたがその点に欠けていたのが残念。