映画『スパイダーウィックの謎』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「スパイダーウィックの謎」のネタバレあらすじ結末

スパイダーウィックの謎の概要:かつてアーサー・スパイダーウィックが残した妖精の全てについて記した図鑑を求めて、世界を征服しようと企むゴブリンととある家族の戦いを描いた、ファンタジー作品。

スパイダーウィックの謎の作品概要

スパイダーウィックの謎

公開日:2008年
上映時間:96分
ジャンル:ファンタジー、アクション
監督:マーク・ウォーターズ
キャスト:フレディ・ハイモア、サラ・ボルジャー、メアリー=ルイーズ・パーカー、ニック・ノルティ etc

スパイダーウィックの謎の登場人物(キャスト)

ジャレッド(フレディ・ハイモア)
主人公。父親が女を作って家族を捨てた事を聞かされておらず、父親と離れて暮らす現状に不満を持っている。
サイモン(フレディ・ハイモア)
ジャレッドの双子の兄弟。ジャレッドと比べて大人しく、読書が好きな秀才。
マロリー(サラ・ボルジャー)
反抗期のジャレッドに厳しい姉。フェンシングの名手。
マルガラス(ニック・ノルティ)
スパイダーウィックが残した図鑑を使い、妖精達を支配しようと企む悪者。
アーサー・スパイダーウィック(デヴィッド・ストラザーン)
80年前、妖精についてまとめた図鑑を残した張本人。妖精によって軟禁状態にある。

スパイダーウィックの謎のネタバレあらすじ

映画『スパイダーウィックの謎』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スパイダーウィックの謎のあらすじ【起】

長年妖精についての研究を行っていたアーサー・スパイダーウィックは、あまりに莫大な情報量を得てしまった事により、いずれ自分の記した図鑑を手にした誰かが悪用しないようにと封印を施します。しかし、その80年後、マロリー、ジャレッド、サイモンが母親ヘレンに連れられその屋敷へと越してきました。

ヘレンの夫は他に女性を作って家族を捨てたのですが、ヘレンは父親の口から説明をしてほしい、とまだ子供達にそのことを伝えていませんでした。父親っ子であったジャレッドは、父親と離れて暮らす事になった現状に憤り、家族に当たり散らします。家族仲が最悪な状態の中、子供達が屋敷で動き回る何かに気がつきます。

そして音がした壁を叩くと、なんとそこに秘密の通路が現れたのです。ジャレッドがその通路を通ってみると、そこには隠し部屋がありました。そしてそこには鍵のかけられた一冊の分厚い本が開けてはならないという警告のメモと共に置いてあったのでした。

スパイダーウィックの謎のあらすじ【承】

そしてジャレッドが開いたこの本こそが、かつてスパイダーウィックが隠した妖精の秘密を書いた図鑑でした。ジャレッドは、家の中を動き回っていた何かが妖精であると思い、この本について尋ねようと思います。

本の、その妖精はハチミツが大好物という記述に従いジャレッドはハチミツを用意します。すると小さなシンブルタックという妖精がジャレッドの目の前に現れました。そして今迄図鑑は保護サークルの中にあり悪者、マルガラスの目から隠されていたにも関わらず、ジャレッドが持ち出しその存在を敵に諭されてしまった事に対して怒り出します。

一方その頃、既にマルガラスの手が伸びていました。ジャレッドの双子の兄弟、サイモンはジャレッドと勘違いされ、図鑑を渡せとマルガラスとその手下に拉致されてしまいます。何のことか分からず恐怖に震えるサイモンでしたが、咄嗟に「家にあるからとってくる」と伝え、一時的にその場から逃げる事に成功しました。

スパイダーウィックの謎のあらすじ【転】

窓の外から、ゴブリンに連れ去られたサイモンを見たジャレッドは慌ててその後を追いかけますが、途中命辛々逃げ帰ったサイモンと鉢合わせます。しかしその際ジャレッドは図鑑を持ったまま、家を囲む保護サークルをでてしまった為、再び図鑑の存在が悪に勘付かれてしまいます。

一斉に家を取り囲むゴブリン達のところに、全くその存在に気付かない姉マロリーが通りかかります。妖精達は基本、魔法の石を通して出ないと見ることが出来ないのです。そこでジャレッドはマロリーに魔法の石を渡し、フェンシングの名手である彼女は何とかゴブリン達を追い払います。危険な本を燃やしてしまおうとする一行でしたが、不思議な力が働いており燃やすことはできませんでした。

そこで、以前この屋敷に住んでいたルシンダ叔母さんに助けを求めようと3人は家を出ますが、途中ゴブリン達に襲われ、ページの一部を奪われてしまいます。そしてその奪われたページには、ジャレッド達を守っていた保護サークルを消滅する方法が書かれていたのです。

スパイダーウィックの謎のあらすじ【結】

ジャレッドはこの図鑑を書いた張本人であるアーサーに話を聞く事にします。アーサーは遠い昔から妖精達の住む国に軟禁状態に置かれており、その不思議な時間の歪みから、80年もの時が経過したことを知らなかったのです。図鑑に書かれた方法でグリフィンを呼び出したジャレッド達は、とうとうアーサーに出会います。

自分の生涯をかけての仕事である図鑑を燃やすことはできないと拒否するアーサーでしたが、奪われたページについて知ると、すぐに家に戻りゴブリン達を倒さなければいけないといいます。その言葉通り家に戻った子供達は母親に事の顛末を話します。最初は信じようとしないヘレンでしたが、魔法の石を通して見た家を囲むゴブリン達の姿に、一緒に打倒マルガラスを誓います。

そして、他の妖精達の助けも借り何とか勝利を収めるジャレッド達でした。そしてジャレッドは自分の父親がいなくなった本当の理由を受け止め、ヘレンや兄弟達と共にいることを選ぶのでした。

Amazon 映画『スパイダーウィックの謎』の商品を見てみる