映画『スポンジ・ボブ スクエアパンツ』あらすじネタバレ結末と感想

スポンジ・ボブ スクエアパンツの概要:日本でも放送がされており、アメリカの子供達に大人気のスポンジ・ボブ。2004年のアニメ映画で、おなじみビキニタウンを舞台に上司のカーニさんを助ける為、親友パトリックと旅に出る。

スポンジ・ボブ スクエアパンツ あらすじネタバレ

スポンジ・ボブ スクエアパンツ
映画『スポンジ・ボブ スクエアパンツ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

スポンジ・ボブ スクエアパンツ あらすじ【起・承】

ある日スポンジ・ボブは勤務先である、カニカーニの2号店の店長になる事を夢見ていた。
新店舗の店長紹介セレモニーに沸き立つスポンジ・ボブだが、「まだ子供だから」と言う理由で店長選考から外れてしまう。新店長に選ばれたのは、同僚で隣人のイカルドだった。
夢に見るほどまで店長を夢見ていたスポンジ・ボブだが、一気に消沈。

ヤケになりお祝いの席で行く予定であった「グービー・グーバー」の店で親友のパトリックと合流する。
時を同じくして、日常的にカーニバーガーの秘密のレシピを狙っていたプランクトンは、今迄試した事のないレシピの奪い方を計画。
「Z計画」と言われる作戦で、オーナーのカーニに濡れ衣をきせる為にネプチューン王の王冠を盗み出していた。
祝福を述べるパトリックに対し、店長から漏れた事を告白するスポンジ・ボブ。
落ち込んで帰ろうとするスポンジ・ボブだが、美味しそうにトリプル・グーバー・パフェをほおばるパトリックに触発され、へべれけで閉店時間になるまで我を忘れて食べてしまう。
迷惑顔の店員に起こされたスポンジ・ボブは、遅刻でカーニバーガーに出勤する。
しかしそこでは濡れ衣を着せられてしまった上司であり、オーナーのカーニさんがネプチューン王によって追い詰められていた。

スポンジ・ボブ スクエアパンツ あらすじ【転・結】

王冠を盗んだ犯人として氷漬けにされてしまったカーニさんを救う為に、王冠があるとされる「シェルシティ」に向かうスポンジ・ボブ。
6日間の猶予で、親友のパトリックと共に目指すが、道中様々な難関に襲われる。
プランクトンに雇われた「殺し屋」のデニスから逃げながら、シェルシティを目指すが、子供ゆえに諦めてしまいそうになる。

街では、スポンジ・ボブ達が出発した後に、プランクトンが町民達を奴隷の様に洗脳していた。その事態を危惧したネプチューン王の娘、ミンディは、ピンチのスポンジ・ボブとパトリックに自信を与える為、ニセモノのヒゲを付ける。

これで大人としてのパワーが発揮されると太鼓判を押された2人は、ヒゲに喜びながら危険な道も悠々と進んでいく。
殺し屋のデニスに追いつかれてしまい、今回の事件の発端の真相を知ったスポンジ・ボブ達だが、デニスを軽々と踏み潰した海の怪物、サイクロプスに捕まってしまう。

水気のない部屋の中、どんどん体の水分を失い干からびていきリアルスポンジとリアルヒトデに戻ってしまう2人。せっかく部屋の中に王冠を見つけた2人だが、終わりを覚悟した際に流した涙がハート型に流れ落ち、感電を起こしスプリンクラーが起動。
スプリンクラーの噴水で水気を取り戻したスポンジ・ボブ達は王冠を持ち、ビキニタウンへと急ぐ。

間に合わないかと困り果てた2人だがさっそうと現れるサーファー(デヴィット・ハッセルホフ)の背に乗り、先を急ぐ。
店ではカーニの処刑が行われようとしていたが、間一髪間に合ったスポンジ・ボブの歌声で洗脳が解かれ、カーニさんも解凍される。
スポンジ・ボブはお礼で念願の店長に任命される。

スポンジ・ボブ スクエアパンツ 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2004年
  • 上映時間:87分
  • ジャンル:コメディ、アニメ
  • 監督:ステファン・ヒーレンバーグ
  • キャスト:トム・ケニー、ビル・ファガーパッケ、ジェフリー・タンバー、スカーレット・ヨハンソン etc

スポンジ・ボブ スクエアパンツ 批評・レビュー

映画『スポンジ・ボブ スクエアパンツ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

表情が普段より豊か

テンションの常に高いスポンジ・ボブに癒されるか、呆れるかの際どいラインもある。
しかし、世界観は元より、話がきちんと途中のダレそうな危険がある部分に突拍子もない人物を実写で投入してきたりするなど、アニメならではの意外な展開や実写の演出は素直に楽しいと思える。
アニメシリーズで、元々のキャラクターを知っていて、見知っている人の場合は各キャラクターの表情に気をつけて見ると面白い。
グービーグーバーで2日酔いの如く目覚めた時のスポンジ・ボブの顔の醜悪さが必見。
「汚い」のに笑えてしまうし、許せてしまう。

スポンジで子供なのになぜヒゲが生えるのか?などツッコミ所も多いが、それがコメディ映画として際立っているので見守ってあげたくなる。
帽子として被っていた紙袋を脱いだネプチューン王の頭を「ピカピカだー」と罵るモブジャラ達の大げさな言い方が爆笑をさそう。
また、普段のアニメの時ではスポンジ・ボブを毛嫌いしているイカルドが、この映画では味方寄りなのがボブファンには嬉しいかもしれない。

実写との混同のバランス

サイクロプスに捕らえられてしまった際に、スポンジ・ボブやパトリックその物が実写化されていたり、実写の部屋での置物がアニメ化していく展開が今回の映画の中の盛り上がるシーンである。
ハリセンボンの置物などは観光地で目にする人もいると思うが、それがいきなり水を得てアニメ化していく変化が楽しい。
もちろん実写のサーファーによる胸筋でスポンジ・ボブ達を一気に飛ばすシーンは大事なクライマックスの1つ。
今回もスポンジ・ボブのノリの良さや、歌声披露の場面が多いので、歌声シーンだけを見ていても元気が出るはずだ。

スポンジ・ボブ スクエアパンツ 感想まとめ

気になるのは、吹き替えと字幕の声のタイプが違うキャラクターが多々いる事。
特にプランクトン。ギャップを感じてしまう。
親友のパトリックも日本で放送されている時と違う声ではあるので、その違和感には目を瞑りながら見る事をお勧めする。
アニメと実写の人間が入り混じって展開されるので、旅のシーンでも飽きがこないし、大人でも充分ワクワク観る事が出来る。
ノリの良さは元々だが、オペラ風味にスポンジ・ボブの美声が響く歌声シーンもあるので、キャラクターの表情、セリフに留まらずツボに感じるシーンが見る人によってさまざまに分かれるであろう。

Amazon 映画『スポンジ・ボブ スクエアパンツ』の商品を見てみる