映画『SPY スパイ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「SPY スパイ」のネタバレあらすじ結末

SPY スパイの概要:ぽっちゃり体系のアラフォー女性が、スパイとして活躍していく姿を描いたコメディ映画。2016年版「ゴーストバスターズ」のポール・フェイグ監督、同作に出演したメリッサ・マッカーシーが主演。

SPY スパイの作品概要

SPY スパイ

公開日:2015年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:ポール・フェイグ
キャスト:メリッサ・マッカーシー、ジェイソン・ステイサム、ローズ・バーン、ミランダ・ハート etc

SPY スパイの登場人物(キャスト)

スーザン・クーパー(メリッサ・マッカーシー)
教師からCIAに転職した、ぽっちゃりした体系の女性。40歳、独身。ファインに片思い中。アカデミーの成績はトップで、CIAエージェントとしての資質を十分に持つが、指導官だったファインの助言で内勤を選んだ。4人の子持ちの中年おばさんキャロル・ジェンキンス、猫おばさんベニー・モーガンなど、垢ぬけない身分ばかり指定される。
リック・フォード(ジェイソン・ステイサム)
ファインのライバルを自称する、マヌケなCIAエージェント。現場担当だったが、ファインの敵を取るため辞職した。クーパーの周囲を引っ掻き回しては、クーパーに助けられる。騙されやすく、謎の武勇伝を語ることがある。
ブラッドリー・ファイン(ジュード・ロウ)
スタイリッシュなイケメンCIA職員。現場担当で、クーパーとコンビを組んでいた。
エレイン・クロッカー(アリソン・ジャネイ)
クーパーやファインのボス。強気な女性で冗談を嫌う。
ナンシー(ミランダ・ハート)
クーパーの同僚CIA職員で、内勤担当。長身の女性。クーパーが現場に出ると、彼女のサポート役に回る。
アルド(ピーター・セラフィノウィッツ)
セクハラと問題が多いCIAエージェント。アルドは偽の身分で、本当はMI6のアルバートだと英国紳士風に語るが真相は不明。
レイナ・ボヤノフ(ローズ・バーン)
ファインに殺された武器商人の父ボヤノフの後を継いだ、美しい女性。貧しい生まれの母は路上でピエロをしていた。細い体と特徴的な髪型を見たクーパーに「鶏ガラ」と呼ばれる。

SPY スパイのネタバレあらすじ

映画『SPY スパイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

SPY スパイのあらすじ【起】

凄腕スパイのブラッドリー・ファインとコンビを組み、本部でサポート役を務めるスーザン・クーパー。
大きな任務を終えたファインから、カップケーキのネックレスを送られて複雑な気持ちになる。
その後、ファインが摘発した武器商人ボヤノフの娘レイナが、核爆弾を売ろうとしていることが判明する。
レイナの家に潜入したファインは殺されてしまう。

残された映像から、レイナはテロ組織の仲介人デ・ルーカとつながっているとわかる。
顔が割れているエージェントが多い中、クーパーが潜入することになる。
ずっと内勤だったため、ターゲットと接触しない事をクロッカーと約束させられる。

4人の子持ちの中年女性「キャロル・ジェンキンス」として、パリに向かうクーパー。
安いモーテルに泊まる事になるが、その部屋にCIAを辞めたフォードが現れる。
独自に核爆弾を追うと宣言するフォード。

翌日、ターゲットは逃げていた。
フォードは正体がバレていて、デ・ルーカの部下の黒髪の女や、金髪の男性に荷物をすり替えられて爆弾を持たされてしまう。

SPY スパイのあらすじ【承】

間一髪で爆発を阻止し、金髪の男性を追うクーパー。
追い詰められてターゲットを殺してしまうが、残されたカメラ映像からデ・ルーカとレイナの追跡が始まる。

新しいIDは、10匹の猫を飼う「ベニー・モーガン」。
猫おばさんとしてローマに飛んだクーパーを待っていたのは、問題だらけのCIAエージェントのアルド。

デ・ルーカは一晩じゅうカジノで過ごすと知り、猫おばさんの姿からドレスに着替えてカジノに潜入する。
そこには、フォードが勝手に潜入していた。

カジノでレイナを発見するが、彼女のカクテルに薬を盛っている男を見て、それをレイナに教える。
男は捕まり、自分が盛った毒で死ぬ。
レイナに気に入られたクーパーは、ブダペストに飛ぶことになる。
捕えられそうになったフォードを助けるため、本部に連絡して停電を起こしてもらう。
無事に逃げたフォード。

その後、レイナのプライベートジェットの中で、クーパーは薬を盛られて眠ってしまう。
目が覚めたクーパーは、荷物を調べられたと知る。

SPY スパイのあらすじ【転】

銃は渡されておらず、道具は中年おばさん用パッケージにしてあったため、スパイだと気付かれなかった。

レイナの部下が裏切り、生き残ったのはクーパーとレイナだけ。
クーパーは咄嗟に、レイナの父に雇われたボディガード「アンバー・バレンタイン」だと名乗る。
レイナはそれを信じた。

翌日、取引相手との交渉があると聞かされる。
ホテルの部屋を用意されるが、監視カメラばかりで本部に連絡ができない。
外に出たクーパーは、クロッカーの指示で追ってきたナンシーと合流。
そこにレイナもやってくる。

突然襲撃され、レイナを助けるクーパー。
相手を追うとCIAエージェントのカレンだった。
美人で優秀なカレンは、二重スパイだった。
しかし何者かに射殺されてしまう。

ナンシーに応援を頼むと、アルドが来る。
交渉場所のクラブには、変装したフォードもいた。
買い手候補が、パリで爆弾を仕掛けた女だとわかる。

クラブに登場した歌手の50セントにナンシーを抱き着かせてレイナの注意をそらし、クーパーは黒髪の女を捕まえた。

SPY スパイのあらすじ【結】

しかし彼女は、生きていたファインに殺されてしまう。
ファインはレイナの愛人だった。

アルドとクーパーは監禁される。
しかし、ファインは誰が裏切っているかわからない状況で、レイナに取り入るために死を偽装したのだった。
カレンを殺したのもファインだったと教えられる。

アルドと協力して脱出したクーパーは、デ・ルーカと核爆弾の買い手のドゥディエフ、エレンが集まる場所に向かう。
だがデ・ルーカは裏切り、ドゥディエフを殺すとエレンにも銃口を向ける。
フォードが突入してくるが、頭を打って気絶する。

クーパーは1人でデ・ルーカの部下たちを倒す。
ヘリで逃げようとするデ・ルーカを追うクーパーとフォードだったが、フォードは湖に落ちてしまう。
50セントにヘリを借りたアルドとナンシーの助けをかり、デ・ルーカを湖に落としたクーパー。

レイナは逮捕され、核爆弾はCIAが確保した。
アルドは、MI6のアルバートだと適当なことを告げて去っていった。
怪我を負ったファインは助け出され、無事だったフォードは湖を海と勘違いしてボートに乗り込んだ。

そしてクーパーは、現場に出ることが決まった。

Amazon 映画『SPY スパイ』の商品を見てみる