映画『スター・トレック(2009)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「スター・トレック(2009)」のネタバレあらすじ結末

スター・トレック(2009)の概要:今まで10作ものタイトルが発表されている、大人気シリーズ『スター・トレック』の11弾目。今作から主役が人気俳優クリス・パインとなり、新たなスター・トレックシリーズの幕開けとなった。

スター・トレック(2009)の作品概要

スター・トレック(2009)

製作年:2009年
上映時間:126分
ジャンル:SF、アドベンチャー
監督:J・J・エイブラムス
キャスト:クリス・パイン、ザカリー・クイント、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー etc

スター・トレック(2009)の登場人物(キャスト)

ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)
英雄と称される人物を父に持つダメ息子。しかし、頭の回転自体は非常に早く、頭一つとびぬけた才能を見せる。
スポック(ザカリー・クイント)
優秀なバルカン星人の中でも、一際優秀な人物。しかし、母親が人間の混血児であるため差別を受け、宇宙艦隊アカデミーに入隊する。
クリストファー・パイク(ブルース・グリーンウッド)
カークの父の古い知り合いで、カークに宇宙艦隊アカデミー入学を進めた人物。カークの能力を誰よりも買っている。
モンゴメリー・スコット(サイモン・ペグ)
とある事情から惑星に左遷されていた技術者。性格はやや難ありであるが、その技術力は本物。
ネロ(エリック・バナ)
未来で自分の星が破壊されることを突き止め、惑星連邦を破壊しようと暗躍する人物。今作の黒幕。

スター・トレック(2009)のネタバレあらすじ

映画『スター・トレック(2009)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スター・トレック(2009)のあらすじ【起】

ジェームズ・T・カークは、お世辞にも真面目とは言えない、自堕落的な生活を送っていた。そんな駄目息子の父親は、英雄として語り継がれている人物だった。カークの父親は、かつて宇宙艦隊の艦長として広い宇宙に飛び立った。しかし、そこで彼の乗り込むケルヴィン号は、ナラーダ号という巨大な宇宙艦隊からの攻撃を受けてしまったのだ。

崩壊していく船。その中で、カークの父親は約800名もの乗組員を避難させた。しかし、そのためには誰かが艦内に残る必要があり、カークの父親は自らその役割を買って出たのである。こうして、カークの父親は自らを犠牲に800人もの命を救ったとして、英雄となった。彼が逃した人物の中には、当時まだカークを妊娠中だった彼の妻もいた。カークが無事この世に誕生できたのも、全ては父親のおかげなのである。

しかし、そんな優秀な父親を持ってしまったためか、カークは反発をして生きてきてしまったのだ。ある日、そんなカークの前に一人の人物が現れる。それは、パイク大佐という父のかつての知り合いだった人物である。そして、パイク大佐はカークに、カークも父親のように艦隊乗組員になるため、宇宙艦隊アカデミーに入学するよう薦めるのだった。

スター・トレック(2009)のあらすじ【承】

一方、非常に知能レベルが高いバルカン星人が暮らすバルカン星では、スポックという男性が暮らしていた。しかし、彼はバルカン星人でありながら、同種族の他の人間からは浮いてしまっていた。スポックの母親はバルカン星人でなく人間で、そのためにスポックは差別を受けることが多かったのである。優秀なスポックは、自国の科学アカデミーを受けようとするが、再びその差別がスポックに襲いかかる。そんな環境に見切りをつけたスポックは、宇宙艦隊アカデミーに入学することにしたのだった。

そして、それから3年の時が経過した。優秀なスポックは、既にアカデミー生を担当する教官となっていた。そんなスポックを最も困らせる人物、それがカークだった。カークもまた、機転が利き賢い人物であったが、カークはその才能を不正などに使いがちであった。再び不正行為を行なったカークに対して聴聞会が開かれていた時だった。なんと、バルカン星から緊急救助要請が届いたのである。

スター・トレック(2009)のあらすじ【転】

そして、惑星連邦はバルカン星へと艦隊を飛ばした。カークも、パイク大佐が艦長を務めるエンタープライズ号に乗り込むことになる。しかし、カークは一連の出来事に嫌な予感を感じていた。以前話で聞いた、父親が死んだ際の状況と今の状況が似ていたのである。

カークは慌ててパイク大佐に引き返すように伝えるが、時は既に遅かった。かつて父の艦隊を打ち滅ぼしたナラーダ号が現れ、エンタープライズ号に攻撃を仕掛けてきたのである。そして、彼らはパイク大佐を人質としてとっていってしまうのだった。

ナラーダ号を率いているのは、ロミュラン星人のネロという人物だった。ネロは重力を操る赤色物質というものを使い、なんとバルカン星を消滅させてしまう。その直前に、スポックは自分の父親を含め数人のバルカン星人を助け出すことに成功するが、しかし、目の前で母親を失ってしまうのだった。バルカン星を破壊したネロの次の狙いは、カーク達の暮らす地球だった。

スター・トレック(2009)のあらすじ【結】

一方、とある星に辿り着いたカークは、その惑星で孤独に暮らすスコットという技術者と出会う。カークはスコットを連れ、エンタープライズ号へと舞い戻った。カークにはネロを止めるための秘策があったが、それはカークが艦長の立場につかなければ成立しない作戦である。しかし、パイク大佐がいない今、艦長はスポックが務めていた。そこで、カークは敢えて、常に冷静なスポックを怒らせるような発言をとったのだ。そして、冷静さに欠くと判断されたスポックは、艦長として不適切とされてしまうのだった。

そして、カークの狙い通り、彼が艦長の座につくことになる。そして、なんとカークはスポックとともにナラーダ号に乗り込んでいったのだ。そして、パイク大佐を助け出すと、地球を破壊される前にナラーダ号を破壊してみせたのだった。

エンタープライズ号の乗組員も、無事地球へ戻ることができた。英雄の息子が、とうとう英雄になったのである。この功績を認められたカークは、正式にエンタープライズ号の艦長として任命されることになる。そして、カークのことを認めたスポックは、彼の副官として、共にエンタープライズ号で働く決意をするのだった。

Amazon 映画『スター・トレック(2009)』の商品を見てみる

関連作品

次作 スター・トレック イントゥ・ダークネス