映画『ステイン・アライブ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ステイン・アライブ」のネタバレあらすじ結末

ステイン・アライブの概要:1977年公開の大ヒット作『サタデー・ナイト・フィーバー』の続編。前回に引き続き、主人公トニーに扮するジョン・トラボルタがキレのあるダンスを披露する。ビージーズを始め、往年のヒットチューン満載の青春ダンス映画。

ステイン・アライブの作品情報

ステイン・アライブ

製作年:1983年
上映時間:96分
ジャンル:青春、音楽
監督:シルヴェスター・スタローン
キャスト:ジョン・トラヴォルタ、シンシア・ローズ、フィノラ・ヒューズ、フランク・スタローン etc

ステイン・アライブの登場人物(キャスト)

トニー・マネロ(ジョン・トラボルタ)
かつてのディスコ・キング。現在はマンハッタンに移り、ブロードウェイのプロダンサーを目指している。
ジャッキー(シンシア・ローズ)
トニーの恋人。心優しい女性で、本業のダンサーに加え、歌手業もこなしながら生計を立てている。トニーが安らぎを感じる唯一の存在。
ローラ(フィノラ・ヒューズ)
イギリス出身のプロダンサー。自分の才能と美貌を鼻にかけており、傲慢な性格。奔放な振る舞いで男を翻弄する。
バトラー(チャールズ・ウォード)
トニー達が参加するミュージカルの主役を務めるダンサー。
ジェシー(スティーブ・インウッド)
ミュージカルの演出家。厳しいが的を射た指導をする。
トニーの母親(ジュリー・ボヴァッソ)
ブルックリンの外れに暮らす中年女性。ぶっきらぼうだが、トニーを心から応援している。
カール(フランク・スタローン)
ジャッキーが所属するバンドのギタリスト。ジャッキーに恋心を抱いている。

ステイン・アライブのネタバレあらすじ

映画『ステイン・アライブ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ステイン・アライブのあらすじ【起】

かつて、ブルックリンでディスコ・キングとして名を馳せたトニー。ブロードウェイのプロダンサーを目指してマンハッタンへ移ったトニーは、インストラクターやウェイターとして働きながら、日々オーディションや芸能事務所への売り込みに奔走している。

ある日、トニーは恋人ジャッキーが出演するダンスショーの千秋楽公演を観に行く。トニーは、ショーの主役を務めるローラの美貌と技術に釘付けになる。

公演後、トニーはローラの控え室を訪れる。どうしてもローラに近づきたいトニーだが、ローラにすげなくされる。トニーに関心を持ったローラは、自身が主演を務めるミュージカルのオーディションを受けるよう、トニーに勧める。

ジャッキーの目の前で、ローラはトニーに思わせぶりな態度で挨拶して去っていく。トニーがローラに惹かれていることに気付いたジャッキーは、やきもちを焼く。

翌日、トニーはローラに紹介されたオーディションを受ける。同じく審査を受けていたジャッキーは合格する。会場を訪れたローラが、踊るトニーを見つめている。

オーディション終了後、ローラはトニーに声をかける。二人はマンハッタンを散策し、夜はローラの豪奢なアパートで関係を持つ。夜半過ぎ、ローラはトニーを自宅から追い出す。複雑な気持ちになったトニーは、思わずジャッキーに電話をかける。

ステイン・アライブのあらすじ【承】

翌日、トニーはオーディションの合格通知を受け取る。念願のブロードウェイ出演が決定したトニーは狂喜乱舞し、ブルックリンの外れに住む母親に電話で報告する。

トニーは、ジャッキーが歌手を務めているクラブへ向かう。トニーはジャッキーに合格を報告し、ジャッキーの終業後にデートすることを約束する。

ジャッキーを待つ間、トニーはローラのアパートを訪れる。トニーの前に、裕福そうな男に付き添われたローラが現れる。ローラの冷淡な態度にショックを受けたトニーは、ジャッキーを迎えに行かず帰宅する。

翌日のレッスン後、トニーとジャッキーは昨日の件で揉める。二人の様子を揶揄したローラから逃げるように、ジャッキーはその場を後にする。高飛車な物言いでジャッキーを侮辱するローラに対し、トニーは腹を立てる。逆上したローラは、トニーとは単なる遊びだったと言い放つ。

クリスマス前日、トニーはジャッキーに、その夜デートすることを約束する。その直後、ローラはジャッキーに見せつけるかのように、トニーを自宅でのクリスマスパーティーに招待する。

一張羅の白いスーツを着込んだトニーは、ジャッキーとの約束を無視してローラのアパートへ向かう。トニーは何とかローラの関心を引こうとするが、ローラは冷淡に突き放す。

ステイン・アライブのあらすじ【転】

ローラに弄ばれていることに気付いたトニーは、急いでジャッキーが働くクラブへ向かう。またしても約束を反故にされたジャッキーは、トニーに失望して恋人関係の終了を告げる。

自己嫌悪に陥ったトニーは、マンハッタンを抜け、ブルックリンにある実家へ徒歩で帰る。翌朝、トニーの母親は消沈しているトニーを叱咤する。母親の頼もしい言葉を受け、トニーはやる気を取り戻す。

レッスン中、トニーとジャッキーの間には気まずい空気が流れる。ヨリを戻したいトニーは、ジャッキーにその夜の約束を取り付ける。レッスン終了後、トニーはレッスン場に残り、一人で特訓をする。

夜、ギタリストのカールを連れたジャッキーがレッスン場に現れる。嫉妬に駆られたトニーはジャッキーに迫るが、ジャッキーは冷静な態度をとる。

トニーは、ショーの主役のバトラーの代役に立候補しようと考えており、ジャッキーに協力を依頼する。ジャッキーはトニーへの助力を了承し、二人は猛特訓を始める。

特訓後、トニーはジャッキーに改めて謝罪し、ジャッキーが必要だと告白する。お互いへの愛を再確認した二人は、復縁する。

ステイン・アライブのあらすじ【結】

翌日、トニーはスランプ状態のバトラーの代役に名乗り出る。初めてのローラとのダンスはうまくいかず、トニーは自信を無くす。トニーに可能性を見出した演出家のジェシーは、厳しい言葉でトニーを奮い立たせる。

トニーは再度ローラとのダンスに挑む。二人は素晴らしい演技を見せ、出演者一同はトニーが主役を務めることを受け入れる。

公演初日、トニーの母親も会場に来ている。第一幕が始まり、トニーとローラは喧嘩するかのような攻撃的なパフォーマンスを見せる。迫力ある舞台に会場は沸くが、ジェシーは舞台ではチームワークが大事だと二人を指導する。

第二幕が始まり、トニーとローラは、先程とは打って変わって官能的な演技を披露する。トニーの実力を認めたローラは、ステージ裏で今までの振る舞いをトニーに謝罪する。

最終幕、トニーとローラは完璧なパフォーマンスを見せる。クライマックスで、トニーは大胆で危険なアドリブを取り入れる。ローラがトニーに向かって大きくジャンプし、トニーはローラを高く掲げて最後のポーズを決める。会場は大歓声に包まれる。

公演終了後、トニーはジャッキーにキスした後、一人で打ち上げパーティーを抜け出す。トニーは肩で風を切りながら、ブロードウェイを闊歩する。

この記事をシェアする