映画『シュガー・ラッシュ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『シュガー・ラッシュ』のネタバレあらすじ結末

シュガー・ラッシュの概要:2012年、リッチ・ムーア監督によって制作された3Dアニメーション映画。ゲームの中の登場人物を主人公としており、ソニックやリュウなど、日本人にとっても馴染み深いキャラクター達が多数登場する。

シュガー・ラッシュの作品概要

シュガー・ラッシュ

公開日:2012年
上映時間:101分
ジャンル:アニメ、ファンタジー、アクション
監督:リッチ・ムーア
キャスト:ジョン・C・ライリー、サラ・シルヴァーマン、ジャック・マクブレイヤー、ジェーン・リンチ etc

シュガー・ラッシュの登場人物(キャスト)

レック・イット・ラルフ(山寺宏一)
ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の悪役。自分の役所に疑問を感じており、主人公になりたいという願望を持っている。
ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ(諸星すみれ)
ゲーム「シュガー・ラッシュ」の登場人物。周囲からはバグと認識されており、仲間外れの扱いを受けている。
キャンディ大王 / ターボ(多田野曜平)
ゲーム「シュガー・ラッシュ」を統べる王様。ヴァネロペを不具合のキャラクターとしており、レースに参戦させない。

シュガー・ラッシュのネタバレあらすじ

映画『シュガー・ラッシュ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

シュガー・ラッシュのあらすじ【起】

“フィックス・イット・フェリックス”は、今年で誕生から30周年を迎えた大人気アーケードゲームです。ラルフが次々と壊していく建物を、プレイヤーは主人公、フェリックスを操り修復していくというプレイ内容でした。つまりラルフは、ゲームやプレイヤーにとって”悪役”にあたります。しかし、ラルフ本人はその現場に納得していませんでした。

ゲームセンターのキャラクター達は、営業時間が終わると各ゲームを行き来することが出来ました。その日はゲームの30周年を祝福するパーティが行われていましたが、ラルフは悪役という事でその場に招待すらされません。他の悪役達に「悪役は悪役の役目がある」と諭されながらも、ラルフはヒーローになるという夢を捨てきれません。

そこで、どうしたらヒーローとして認めてくれるかとあるヒーロー側のキャラクターに詰め寄ったところ、金のメダルを持ってくれば受け入れてやると言われます。そこでラルフはヒーローズ・デューティというゲームに潜り込み、勝者がもらえる金のメダルを獲得しようとします。

シュガー・ラッシュのあらすじ【承】

何とかゲームをクリアしたラルフは、無事に金のメダルを手に入れます。しかしメダルを受け取ろうとしたその瞬間、足元にあったサイ・バグという卵を踏み潰してしまいます。その反動でラルフは他のゲームに飛ばされてしまいます。

次にラルフが到着したゲームは、「シュガー・ラッシュ」と呼ばれるカーレースゲームでした。金のメダルは、飛ばされた反動で高い木の上に引っかかっています。ラルフがそれを取ろうとした時、ゲーム内のヴァネロペというキャラクターがコインを奪い、そしてそのコインでレースに勝手に参加登録してしまいました。怒るラルフがでしたが、ヴァネロペが自分と同様つまはじきにあっている事をしり、メダルを取り返す為にも彼女と協力してレースを制する約束をします。

一方、悪役がいなくなったフィックス・イット・フェリックスは故障中の札を貼られ、一晩で直らなければ廃棄処分という判断が下されました。フェリックスは女軍曹、カルフールと共にラルフを探しに出ます。

シュガー・ラッシュのあらすじ【転】

そんな時、シュガーラッシュの現国王がラルフにコンタクトをとってきます。彼は、ヴァネロペはバグを持つキャラクターなので、もしも彼女が本戦に出た場合ゲームが壊れ、廃棄処分になる可能性があると言います。ゲームが処分されヴァネロペが消えてしまうよりは、喧嘩をしてでもヴァネロペを止めた方がいいと判断したラルフは、彼女と一緒に作り上げた車を壊してしまいます。決 ヴァネロペと決裂したラルフは、自分のゲームへと戻って行きました。

しかしそこでは、自分がいなかった為に廃棄待ちに怯える住人達がいました。ラルフは自分の行いを責めます。しかしそんな時、ゲームの内側から、シュガーラッシュのゲーム機がラルフの目に映ります。そしてそのゲーム機の外側には、ヴァネロペの姿が大々的に描かれていたのです。

実はシュガーラッシュの主人公はヴァネロペで、現国王が自分が主役になる為に彼女と周りのキャラクター達の記憶を奪っていたのでした。フェリックスにヴァネロペの車を直してもらったラルフは、彼女の元へ謝罪に向かいます。

シュガー・ラッシュのあらすじ【結】

レースに参戦したヴァネロペは、その実力で他のキャラクター達をどんどん追い上げて行きます。しかしその時、孵化したサイ・バグの大群がゲーム内になだれ込んできました。そのどさくさの中で、大王の変装が解け、正体が明らかになります。彼は以前「ターボタイム」というゲーム機で主人公を務めていたターボで、そのゲームは既に不具合の為廃棄処分となっていました。

ラルフはヴァネロペを助ける為、ボーナスステージにある火山を噴火させバグを消滅させます。そしてヴァネロペが一位でゴールを制した時、彼女の姿に異変が起きました。全員の記憶が戻り、ヴァネロペがドレスを纏った王女様の姿になったのです。しかし彼女は、自分はこれからもレーサーとして活躍したいと希望します。そんなヴァネロペの姿に、ラルフも自分の役割を全うしよう、と改めて誓います。

そしてゲームに戻ったラルフは、ボーナスステージにかつての懐かしいキャラクター達を登場させ、行き場のなかった彼らを救います。そうしてフィックス・イット・フェリックスは廃棄処分を免れ、再び爆発的人気を誇るのでした。

Amazon 映画『シュガー・ラッシュ』の商品を見てみる

関連作品

参考 他のウォルト・ディズニー作品