映画『水曜日のエミリア』あらすじネタバレ結末と感想

水曜日のエミリアの概要:『水曜日のエミリア』は、『ブラック・スワン』で知られるナタリー・ポートマン主演のヒューマンドラマ。妻子持ちの男性を好きになってしまい、略奪婚した新人女性弁護士を演じる。

水曜日のエミリア あらすじネタバレ

水曜日のエミリア
映画『水曜日のエミリア』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

水曜日のエミリア あらすじ【起・承】

エミリアにとって、毎週水曜は憂鬱である。その日だけは、夫と前妻との間の息子ウィリアムの世話をしなければならないからだ。
ウィリアムは前妻で小児科医のキャロリンと暮らしているが、水曜日は父親の家に泊まりに来る。彼を小学校に迎えに行くのがエミリアの役目だった。しかしウィリアムは全くエミリアと打ち解けず、母親であるキャロリンの口出しも煩わしかった。

エミリアはエリート新人弁護士で、上司であるジャックを好きになった。ジャックの方でもエミリアを気に入り、やがて肉体関係を持つようになる。ジャックには妻子がいたが、エミリアの妊娠をきっかけに離婚し、エミリアと再婚。二人の間にはイザベルという女の子が産まれるが、生後間もなく亡くなってしまったのだった。
エミリアはイザベルの死を引きずったままで、「ベビー用品はいらないから売ったらいい」などと無神経なことを口にするウィリアムに苛立っていた。
妊娠したからジャックと結婚できたのに、娘を失ってしまいどうしていいかわからない。ジャックとも会話が減っていった。

水曜日のエミリア あらすじ【転・結】

エミリアにはまだ家族にまつわる悩みがあった。彼女の父は度重なる浮気で母と離婚していたのだが、そんな父を母が許していることがエミリアには気に入らなかった。
いろんなことが上手くいかず、とうとうジャックにイザベルの死は自分のせいだとぶちまける。イザベルは乳児突然死症候群で亡くなったのだが、エミリアには自分の不注意で死なせたという思いがずっとぬぐえなかった。イザベルを胸に抱いたままうたた寝してしまったことで窒息死させたのではないかと思っていたのだ。
二人はついに別居する。
そんな時、エミリアはキャロリンに呼び出される。ジャックに相談されたキャロリンは、イザベルの死について専門医として調べてくれたのだ。結果、イザベルは窒息死したのではないとわかる。それを聞いてエミリアはやっと罪の意識から解放される。

エミリアは結局ジャックと離婚した。
キャロリンは新しい恋人との間に子供ができ、再婚することになったらしい。不安がるウィリアムをエミリアは励まし、二人はここにきてやっと心を通わせるのだった。

水曜日のエミリア 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ドン・ルース
  • キャスト:ナタリー・ポートマン、スコット・コーエン、チャーリー・ターハン、ローレン・アンブローズ etc

水曜日のエミリア 批評・レビュー

映画『水曜日のエミリア』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

自己中心的なエミリア

エミリアは、妻子がある男性と知った上でジャックと関係を持ち、略奪している。若く綺麗で、ハーバード卒のエリート。おそらく今まで敗北を味わったことはないのだろう。自身に負けず劣らず美人で優秀な医者であるキャロリンに対して全く引くことなく好戦的だった。そんなエミリアが娘を失い、元妻やウィリアムによってプライドをずたずたにされ(?)意気消沈するのが始まりだ。
そこからどう立ち直っていくかがストーリーの中心なのだが、主人公なのに同情できるところがほとんどない。エミリアには自分の不幸しか見えておらず、周りの事などお構いなしなのだ。
エミリアの父は彼女と同じ弁護士で、愛人を何十人も持って母と離婚した最低な男。父に対する憎しみは大きいのだが、同族嫌悪といっていい。自分も不倫し、あんなに嫌った父と同じ弁護士で妻子をないがしろにする男を好きになったのだから。
その辺の事に気付いているのかいないのか。この嫌な女がどう変わっていくかが主軸で、彼女を変える人物がこれまた他人の痛みが分からないウィリアムなのだ。他人の心の機微が分からない者同士反発していたが、次第に家族として思いやるようになり、ウィリアムは成長する。母の再婚にショックを受けるウィリアムを見て、エミリアはやっと他人の気持ちに寄り添うことを覚えたのではないだろうか。

主人公と同じく略奪愛で結婚したナタリー・ポートマン

主演のナタリー・ポートマンは、結婚して子供を産んでいる。結婚は『ブラック・スワン』がきっかけなのだが、略奪の末の結婚だったらしい。そこがエミリアに似ているし、ハーバード卒のエリートというのも重なる。何かと似ていることが多いこの役を、どう感じて演じたのだろうか、気になる。

水曜日のエミリア 感想まとめ

主演のナタリー・ポートマンは、製作総指揮も務めている。美人・エリート・結婚と出産を経験、これほど自身と重なる役柄を演じ、何か思うところがあったのだろうか。ナタリー・ポートマン本人も結婚と妊娠を経験し、女性としても女優としても人生の転換期である。
そんな女性のストーリーということで、人生の岐路に立った主人公がどうなっていくのか、興味深くはある。ただ、最後まで観ても私はエミリアにあまり共感できなかった。

Amazon 映画『水曜日のエミリア』の商品を見てみる