映画『砂時計(2008)』あらすじとネタバレ感想

砂時計(2008)の概要:『砂時計』は、芦原妃名子の人気少女漫画の実写映画。両親の離婚を機に田舎へ引っ越した主人公・杏とそれを支える大悟の純愛ストーリー。少女時代を夏帆、大人になってからを松下奈緒が演じる。

砂時計 あらすじ

砂時計
映画『砂時計(2008)』のあらすじを紹介します。

両親の離婚により、母の実家がある島根へ引っ越した杏。東京で生活していた杏にとって島根での暮らしはなかなかなれなかったが、同級生の大悟や藤、藤の妹の椎香らと仲良くなって馴染んでいく。

対して、杏の母美和子は実家での生活に馴染めず、杏を置いて自殺してしまう。それに激しくショックを受けた杏は、大きな砂時計がある美術館で美和子が買ってくれた砂時計を遺影に投げつける。母の死は杏の心に深い傷を残し、それから長い間苦しめることになる。

傷ついた杏を気遣い、元気づけたのは大悟だった。二人は互いに想いあうようになるが、杏が東京の父に引き取られることになる。遠距離恋愛となった二人だが、それからしばらく関係はうまくいく。しかし、東京と島根の隔たりや、杏を好きな藤、大悟を好きな椎香の四角関係などで、苦しみ別れる。

10年後、他の人と婚約をしていた杏は、祖母にあいさつするため島根に帰っていた。同窓会で大悟と久しぶりに再会し、預かってもらっていた砂時計を受け取る。それを大事に持って東京へ戻った杏だったが、母の死にとらわれ、過去に執着していることで婚約者と仲違いし、婚約破棄となる。

人生に絶望した杏は、母と同じように自殺しようとする。しかし、寸でのところで杏を止めて助けたのは大悟だった――。

砂時計 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:121分
  • ジャンル:ラブストーリー、青春
  • 監督:佐藤信介
  • キャスト:松下奈緒、夏帆、井坂俊哉、池松壮亮 etc

ネタバレ批評

映画『砂時計(2008)』について、感想批評です。※ネタバレあり

映画一本にまとめるには長すぎるストーリー

『砂時計』は、原作はコミックスで10巻出ていて、ドラマ版は30分ドラマで60話となっている。扱うテーマも、自分を置いて死んだ母に対する思いと、恋愛の二つがあり、複雑に入り組んでいるので短くまとめるには難しい内容だったと思う。

原作では小学生から始まっているけれど、映画では14歳に変更され、登場人物も大幅に減らされ、他にも様々な変更があり、短縮されている。そのため、母の死とどう向き合うかも恋愛についても中途半端な感じで、映画版しか観ていない人にとっては少し理解しにくい内容だったのではないかと思う。そして原作とドラマ版を知っている人にとっては物足りない内容だっただろう。

二人が演じる杏

ドラマ版でもそうだったが、少女の杏と大人の杏は別の女優が演じている。少女の頃を夏帆が、大人になった杏を松下奈緒が演じている。特に夏帆の演技はすごかった。母の死を乗り越えられない深い闇を抱えている役どころを上手く演じていたと思う。大悟役の池松壮亮もすごく良かった。二人ともセリフだけでは描き切れない心の中を表現するのがうまいなと感じた。

それに対して、大人の方はというと、なんだかパッとしない感じだった。夏帆の「杏」を受けて大人になった杏を演じなければならない難しさもあっただろうし、やはり少年少女の心の葛藤を描くという一番盛り上がるところを過ぎてしまっているので、大人パートはあまり印象に残らなかった。

まるでホラー映画

おそらく杏の心情を表現しているのだろうが、ものすごく暗くて重いシーンがいくつかあった。これは何の映画なんだろう……と思ってしまうほど。「純愛」要素がかすんでしまうほど暗かったので、マイナスイメージで残念だった。

砂時計 感想まとめ

本作の監督を務めたのが佐藤信介監督。最近では『GANTZ』シリーズや、『図書館戦争』シリーズ、ドラマだと『ラッキーセブン』の演出でよく知られる監督で、かっこいいド派手なアクションのイメージが強かった。だから今改めて観ると意外だった。手広くなんでもこなせるんだなあと思った。映像の構成にはかなりこだわっていて、よく作られている。映画だけでは描き切れないとは言っても、一つの作品としてしっかり成立している。

Amazon 映画『砂時計(2008)』の商品を見てみる