映画『サンセット大通り』あらすじネタバレ結末と感想

サンセット大通りの概要:ハリウッド映画の光と影を描いた、ホラー的なドラマ。出演はグロリア・ワトソン、ウィリアム・ホールデン。「アパートの鍵貸します」のビリー・ワイルダー監督の1950年米国映画。

サンセット大通り あらすじネタバレ

サンセット大通り
映画『サンセット大通り』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

サンセット大通り あらすじ【起・承】

ハリウッド、サンセット大通りにある豪邸のプール。2発の銃弾に倒れた男の死体が浮かんでいた。周囲には警察官や新聞記者が大勢、集まってきていた。

その殺人事件から半年前。借金を抱えた脚本家のジョー・ギリス(ウィリアム・ホールデン)は、サンセット大通りにあるさびれた豪邸に迷い込んでしまう。

そこに住んでいたのは、サイレント映画時代の女優ノーマ・デズモンド(グロリア・ワトソン)と執事マックス(エリッヒ・フォン・シュトリハイム)だった。

ノーマ・デズモンドは、ジョーが脚本家だと知ると、復帰作にと書いていた「サロメ」の脚本を読むように勧めた。当時、ノーマ・デズモンドは50歳。「サロメ」で映画界復帰を考えていた。

そんなノーマの豪邸にはプールやテニスコート、そして映画上映室までなんでも揃っているのだ。恐ろしいことにノーマは、ファンがずっと自分を待っているのだと思い込んでいた。

年越しパーティの夜。ジョーは招待されていたのだが、他の招待客が来る気配はない。ノーマとの生活に疲れていたジョーは、豪邸を出てゆく。

しかし、ノーマの事が気になり、電話をかけてみると、自殺未遂した(リストカット)らしい。その知らせを聞いて、ジョーは屋敷に戻った。

サンセット大通り あらすじ【転・結】

ジョーは、ノーマを支えるうちに男女の仲になってしまう。こうして、ヒモ同然の暮らしが始まった。ノーマは映画界復帰を目指して、「サムソンとゲリラ」を撮影中のセシル・B・デミル監督(セシル・B・デミル)に会いに行った。

脚本と自分自身を売り込むのだった。一方、ジョーは、脚本家ベティ(ナンシー・オルソン)と共同執筆を始めた。このため、夜ごと帰りは遅くなった。執事マックスから、”元映画監督で、彼女の元夫でもあるんだ。”と聞き、驚く。

その頃、ノーマはジョーの浮気を疑っていた。そして、ジョーの相手が脚本家のベティだと知ると電話をかけて、彼女を呼び出した。ジョーは、彼女の命があぶないと考え、ベティに別れを告げた。

ベティと別れたことを喜ぶノーマだったが、ジョーに出ていくと言われ逆上してしまう。”行かないで!”とジョーに懇願するが、逃げるジョーに銃口を向けた。

ジョーは、2発の弾丸に撃たれ、そのままプールに落ちてしまう。ジョーの遺体が発見され、周囲には警察官や新聞記者が大勢、集まってきていた。

ところが、ノーマはこの事態を”映画の撮影”だと勘違いしてしまう。”どのシーンなの?””宮廷の階段です。”と聞くと、サイレント時代の女優らしく、「サロメ」を演じながら階段を下りた。

”私はスター。女優なのよ!”と微笑む。そして、ノーマを逮捕するためにやってきた警官に向かって、”デミル監督、クローズ・アップの準備ができました!”と女優然として言うのだった。

サンセット大通り 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1950年
  • 上映時間:110分
  • ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ホラー
  • 監督:ビリー・ワイルダー
  • キャスト:グロリア・スワンソン、ウィリアム・ホールデン、エリッヒ・フォン・シュトロハイム、ナンシー・オルソン etc

サンセット大通り 批評・レビュー

映画『サンセット大通り』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

後世に多くの影響を与えた映画ナンバー1!過去の幻に憑りつかれた女

銃弾を受けて死んだ男のナレーションから始まるという、ホラー映画のような見せ方が面白い。この映画には、ハリウッドのきらびやかな側面ではない、汚くドロドロした内実を表現したとして評価が高いのだ。

もし、古い映画は観ないという人がいたら、ぜひそんな偏見を今すぐ捨てて欲しい。「サンセット大通り」が影響を与えた作品には、デビット・リンチ監督の「マルホランド・ドライヴ」(01)や「アメリカン・ビューティ」(99)など挙げるときりがないくらいなんです。

驚くのは、主人公ノーマ・ディスモンドを演じるグロリア・ワトソンをはじめ、元サイレント映画女優や元監督が出演していることだ。一大パロディ映画のようになっているが、これが映画に妙なリアリティーを醸し出しています。

注目すべき人物は、執事マックス役です。元映画監督かつ主人公の元夫という複雑な役柄を、少し怖い顔で演じています。とにかくオカルトチックな人間模様から目が離せない!

ビリー・ワイルダー監督の名作を観よう

「サンセット大通り」には、ビリー・ワイルダー監督の映画への愛が限りなく詰まっています。脚本家が、過去の栄光を忘れられない女優の豪邸に迷い込むのも、自身が脚本家として生きてきたから。

監督である印象が強いですが、実は名脚本家でもあるのです!「サンセット大通り」では、13年間ずっと共同執筆しているチャールズ・ブラケットとの最後の作品です。以後、1957年製作の「昼下がりの情事」からは、I・A・L・ダイヤモンドと組みます。

また作風が幅広く、フィルム・ノワール作品から、ジャック・レモン主演の「アパートの鍵貸します」といったコメディまで描いています。観客を楽しませることにかけては、超一流だったのではないでしょうか。

サンセット大通り 感想まとめ

ビリー・ワイルダー監督は、「人はハッピーでいるときに最高の仕事ができる」という名言を残しています。この”ハッピーでいるとき”というのがなかなか難しい。

これまで、ハリウッドの光と影を描いた作品は多いが、そのなかでも本作が1番傑作だと言われています。グロリア・ワトソンをはじめ、元女優や元映画監督が出演している映画がヒットしないわけがありませんよね。

特に冒頭の、死体のシーンと最後の女優魂を魅せた(偽りの)シーンは、何度観てもぞくっとします。

Amazon 映画『サンセット大通り』の商品を見てみる