映画『スパルタンX』あらすじネタバレ結末と感想

スパルタンXの概要:1984年公開の香港映画。監督・出演をサモ・ハン・キンポー、主演にジャッキー・チェン、共演にユン・ピョウを起用したスペインを舞台にしたカンフーアクションコメディー映画である。

スパルタンX あらすじネタバレ

スパルタンX
映画『スパルタンX』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

スパルタンX あらすじ【起・承】

舞台はスペイン、バルセロナ。
トーマス(ジャッキー・チェン)とディヴィット(ユン・ピョウ)は従兄弟同士、二人は広場でホットドッグや飲み物を販売する移動車で生計をたてていた。

ある日、精神病院に入院しているディヴィットの父親のお見舞いに来た二人。
そこで父親が同じく入院しているグロリアという女性と恋仲になっていることを知る。
その女性にはシルビアという美しい娘もいた。
あまりの美しさに見とれてしまう二人だった。

その夜、コールガールが客を待つ裏通りで商売をしようと車を停めた二人は、スリをして追われているシルビアを見つける。
突然のことに状況を把握するのに必死だったが、すぐさま車に隠す。
そのことが事実だと知った二人はそんなことはやめるように言い、ウェイトレスとして雇うことにした。

同じ頃トーマス達の友人、モビー(サモ・ハン・キンポー)は仕事を請け負った。
彼は探偵の見習いである。
その仕事とはグロリアとシルビアという親子を探してくれということ。
頼んだのは金持ち風の男だった。

スパルタンX あらすじ【転・結】

ある日シルビアは何者かに襲われる。
たまたま居合わせたモビーに助けられ、トーマス達のアパートに行くが何とそこにも男たちが待ち伏せしていた。
シルビアの素性は謎に包まれていた。

しかしどうやらそれがこの事件に大きく関わっていた。
彼女の本当の姿、それは彼女が伯爵の娘だったということである。
その伯爵が亡くなったため遺産を相続することになり、それを狙っている誰かが母のグロリアとシルビアを探偵に頼み探していたのだ。
伯爵には、シルビアには叔父にあたる弟がいた。
犯人はそれを横取りしようとしている伯父だった。

その後シルビアは叔父の策略により誘拐される。
トーマス達は城に乗り込みシルビア救出に向かう。
しかし敵は強敵だった。
3人にはそれぞれ敵が現れ、別々に闘うことを強いられた。
トーマスの相手になったのは格闘技の王者だった。
この激戦で時間がかかってしまうも3人は苦戦するも無事に勝利。
シルビアを助け出すことに成功するのだった。

スパルタンX 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1984年
  • 上映時間:108分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:サモ・ハン・キンポー
  • キャスト:ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー、ローラ・フォルネル etc

スパルタンX 批評・レビュー

映画『スパルタンX』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

今や伝説のキャスティング

伝説と化しているこのトップ3の共演。
サモ・ハン・キンポーとジャッキー・チェン、ユン・ピョウだ。
この3人は京劇の劇団で一緒に過ごしていた頃から、有能な七小福というグループに選ばれていたほどの実力であった。

やがて大人になりそれぞれが自立し夢を追うことになる。
それぞれがスターになって香港映画界を担う存在となった時、共演という形で何本か撮影された。
本作品はそのうちの1本である。
舞台もスペインのバルセロナというワールドワイドな設定が特徴で、良くも悪くもこじんまりとした香港映画の枠を飛び出した。

冒頭からジャッキー・チェンとユン・ピョウの特訓と称したカンフーの手合わせもファンにはたまらない!待ってましたのシーン。
スパルタンXで最大の見所はこの3人の共演を楽しめることである。

ジャッキー・チェン天敵のユキーデ

ジャッキー・チェン出演作品は必ずといってよいほどラスボスがいる。
その最後の闘いが見ものであり、一番 尺も長い。
あの手この手で必死に闘うわけだが、本作品のラスボスはジャッキー・チェン映画史上最も有名であるといってもよい。

というのも、最後の敵は本当に人気のあった格闘技の選手でベニー・ユキーデという人物だからだ。
俳優としてどうかではなく、格闘技選手としてはもちろん強い。
その人との手合わせはリアルそのもの。

ジャッキー・チェンのカンフーもいつもよりもスピードアップし、必死さが見てとれる。
この作品のラストシーンはジャッキー・チェン自信が出演した映画の格闘シーンベスト3に挙げており、本人の意気込みも感じることができる。

スパルタンX 感想まとめ

もう見ることの出来ない共演者の映画というのは大事である。
死んでしまったり、引退したり、またはスタークラスになっていくとそれが伝説になっていくこともある。

本作のように全員が香港スター、そして何より幼い頃から一緒に苦労を共にした3人だからこそ面白かったという作品が面白くないわけ無い。
ユン・ピョウの出番が少ない共演作品は今までもあったが同等の出番の多さはさほどない。
是非味わってもらいたい。

Amazon 映画『スパルタンX』の商品を見てみる