『ステキな金縛り』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

落武者の幽霊が裁判所で大暴れ!深津絵里、西田敏行、阿部寛、中井貴一、草彅剛、浅野忠信など日本俳優陣大集合!「THE・有頂天ホテル」、「ザ・マジックアワー」の三谷幸喜監督作品。

あらすじ

ステキな金縛り』のあらすじを紹介します。

宝生エミはある妻殺しの事件を担当することになった。容疑者の矢部五郎を弁護するも勝ち目がない状況で、矢部は「旅館で金縛りにあった」と証言し、アリバイを主張した。ユミはその真相を確かめるために旅館に調査へ向かう。すると、矢部に金縛りをかけた張本人である落武者の幽霊である更科六兵衛を発見する。ユミは更科六兵衛に法廷で証言することを求め、裁判所まで連れて行くことに。道中で幽霊が見える人、見えない人との出会いなどを通しながら、ユミは上司の速水悠のもとにたどり着く。速水悠の協力を得ながら裁判にて証言に挑戦することに。しかし、検事である小佐野徹は真っ向からオカルトを批判し、幽霊の証言など裁判では証拠ならないと主張する。そこで、ユミたちは蹉跌を使用した機械を使って更科六兵衛を実体化してみたり、笛ラムネで音を鳴らすことで証言をさせるなどの方法で対抗していく。話を進めていくうちに、小佐野徹は実は幽霊が見えているのではないか、という疑惑を持ったユミは、小佐野徹の見えないフリを暴いてみせる。そして、天界から来た管理局公安の段田譲治が裁判所に現れ、更科六兵衛を天界に連れて行こうとするが、小佐野徹は「裁判が終わるまでは天界には返さない!」と天界のルールに立ち向かって庇う。弁護士、検事、幽霊による裁判は一体どんな結果に・・・?

評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★☆☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2011年10月29日
  • 上映時間:142分
  • ジャンル:コメディ
  • 監督:三谷幸喜
  • キャスト:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信 etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『ステキな金縛り』について、3つ考察・解説します。※ネタバレあり

幽霊が見える条件

ネタバレですが、劇中、更科六兵衛を見ることができる人とできない人が出てきます。その違いとは何かといいますと、幽霊が見えるには3つの条件があるのです!「最近ついてない」、「最近死を意識した」、「シナモンが好き」という条件です。この条件を満たしていると幽霊を見ることができる設定になっています。中井貴一演じる真面目一辺倒の小佐野徹が愛犬と出会った時の変わりようが笑えます!実はいい人なのがいいですね!

阿部寛のタップダンス

裁判所で阿部寛演じる速水悠がタップダンスで時間を稼ぐシーンがあるのですが、阿部寛のタップダンスが見事です!場面としては滑稽なシーンなのですが、相当練習したのでしょう!阿部寛ファンは必見です!

同じ俳優使い回し

三谷幸喜監督は、同じ俳優を何度も使います。「THE・有頂天ホテル」でも、「ザ・マジックアワー」でも、深津絵里、佐藤浩市、戸田恵子、西田敏行を使っていますが、すごく似た役柄ばかりで、同じ俳優で設定だけが違う舞台を観ているような気分になります。それはそれで作品の違いが際立つわけなのですが、世界観が非常に狭い舞台映画的な作風なので、マンネリ感が徐々に出てきてしまいますね。

まとめ

「三谷幸喜の作品」臭が丸出しの映画です!コメディ映画としては一級品ではないでしょうか。その代わり、舞台的な狭い範囲で繰り広げられる人間模様を描く「映画で見る劇」なので、その辺は注意です。また、出演者も過去作と同じ俳優陣ばかりが採用されており、おいおいまたかよ、とツッコんでしまうのはお約束になりつつあります。映像でも革新的なものは皆無ですし、「三谷幸喜の笑い」で彩られた作品ですので、人は選ぶかもしれません。好き嫌いがはっきり別れますね。私的には、市村正親演じる「阿倍つくつく」という陰陽師の胡散臭さ加減が絶妙で、天界の段田譲治に吹き飛ばされるシーンは爆笑でした!佐藤浩市さんがテレビ放送版ではカットされているそうなので、ファンの方はテレビ版ではなく、本編版を見ましょう!

Amazon 映画『ステキな金縛り』の商品を見てみる