映画『灼熱の魂』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「灼熱の魂」のネタバレあらすじ結末

灼熱の魂の概要:カナダで暮らす双子の姉弟は、母の遺言に従い、まだ見ぬ父と兄を探すため母の故郷レバノンへ渡る。母の足跡を辿るうちに、姉弟は自分達の出生に関わる残酷な真実を知る。中東の社会情勢がもたらした、複雑で悲しい親子の物語。

灼熱の魂の作品情報

灼熱の魂

製作年:2010年
上映時間:131分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ミステリー
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
キャスト:ルブナ・アザバル、メリッサ・デゾルモー=プーラン、マキシム・ゴーデット、レミー・ジラール etc

灼熱の魂の登場人物(キャスト)

ナワル・ワルマン(ルブナ・アザバル)
カナダ在住のレバノン人の女性。辛い過去を乗り越え、ケベックで安定した暮らしを送っていた。
ジャンヌ・マルワン / ジャナーン(メリッサ・デゾルモー=ブーラン)
ナワルの娘。シモンの双子の姉。大学の数学科助教授。
シモン・マルワン / サルワン(マクシム・ゴーデッド)
ナワルの息子。ジャンヌの双子の弟。母としてのナワルに不満を抱えていた。
ジャン・ルベル(レミ・ジラール)
ナワルと秘書として雇っていた公証人。ナワルを家族同然に想っていた。
マダッド(アレン・アルトマン)
レバノンの公証人。ジャンの後輩。ジャンヌ達の父兄探しに協力する。
アブ・タレク / ニハド(アブデル・ガフール・エラージズ)
ナワルが入所していた監獄の拷問人。凄腕の狙撃手。
ファヒーム・ハルサ(ナビル・サワラ)
監獄の職員。ナワルを13年間監視していた。現在は小学校の用務員。
マイカ(バヤ・ラベル)
監獄で、ナワルの出産を手伝った看護婦。
ワラット・シャムセディン(モハメド・マジュド)
幼少期のニハドが入っていた孤児院を破壊したムスリムの指導者。

灼熱の魂のネタバレあらすじ

映画『灼熱の魂』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

灼熱の魂のあらすじ【起】

現代。カナダのケベックで暮らすジャンヌとシモンの双子の姉弟は、公証人ジャンの立会いのもと、母ナワルの遺言状を開封する。遺言状には、双子の父親と兄を探すように、そして、2人が父親と兄を見つけた暁に最後の遺言書を開くよう記されていた。

生前のある日、ナワルはジャンヌとプールに行った際に突然放心状態に陥り、そのまま入院して数日後に息を引き取った。

ジャンヌは、ナワルの部屋で、若いナワルが写った写真とパスポートを発見する。母の足跡を辿るため、ジャンヌは単身レバノンへ渡る。

過去。1970年代、レバノン内戦の真っ只中。レバノン南部のデルオム村で、若いナワルは、ムスリムの難民の青年ワハブと恋をして妊娠する。一族の名誉のため、ワハブはナワルの兄達に殺される。ナワルの祖母は、生まれた男子の踵に3つの点の刻印をつけ、孤児院に入れる。村にいられなくなったナワルは、ダルシュの親戚のもとへ身を寄せる。

ダルシュの外国語学校に通いながら、ナワルは学生新聞の製作に関わる。内戦の激化に伴い、学校は閉鎖される。キリスト教徒が多いレバノン南部がムスリム派によって襲撃されたことを知り、ナワルは息子の安否を確認するためにデルオムへ戻る。

ナワルは、息子の行方を追って、デルオムから男子用孤児院があったクファルフットへ行き、孤児達はデレッサへ連れて行かれたことを知る。途中、ナワルが乗ったデレッサ行きの難民バスが、キリスト教派のテロリストに襲撃される。キリスト教徒のナワルは、乗客のうちただ一人虐殺を免れる。

灼熱の魂のあらすじ【承】

現代。ジャンヌはナワルが通っていた外国語学校を訪れ、当時のナワルを知る職員から、ナワルの写真の背景はクファリフットの監獄の壁だと教えられる。ジャンヌはデルオムへ行き、住人達にナワルについて尋ねる。ナワルの一族は未だに忌み嫌われており、ジャンヌは村で冷遇される。

過去。テロリストになったナワルは、キリスト教派極右の指導者を暗殺し、クファルフットの監獄に収監される。15年に渡ってナワルは収監され、拷問人アブ・タレクによって度々レイプされる。ナワルは歌うことで正気を保ち続け、『歌う女』と呼ばれるようになる。タレクに何度も凌辱され、ナワルは妊娠する。

現代。ジャンヌはクファルフットへ行き、当時監獄の職員であったファヒーム・アサドを訪ねる。13年間ナワルを監視していたアサドは、ジャンヌにナワルの過酷な過去を話し、ナワルの出産を手伝った看護婦マイカの居場所を教える。

母の恐ろしい経験を一人で抱えきれなくなったジャンヌは、シモンに電話をかける。シモンはジャンと共にレバノンへ向かう。

過去。マイカはナワルが産んだ双子を殺させずに引き取り、ナワルが出所するまで秘密裏に育て上げる。

灼熱の魂のあらすじ【転】

現代。レバノンに到着したシモンとジャンは、レバノンの公証人マダッドと合流し、ジャンヌと再会する。

ジャンヌ達は病床のマイカを訪問する。マイカはジャンヌとシモンを、ジャナーン、サルワンと親しげに呼ぶ。ジャンヌ達は、ナワルが監獄で産んだ子供は兄ではなくジャンヌとシモンであったことと知る。

マダッドの調査により、兄の名はニハドであること、クファルフットの孤児院を襲撃したムスリム派に連れて行かれて戦士になったこと、内戦後は国外に亡命していることが判明する。ニハドの行方を知るために、ジャンヌ達は孤児院襲撃の首謀者シャムセディンへの接触を試みる。

シモンとジャンはデレッサのムスリム難民キャンプへ向かう。案内人のレバノン人に仲介され、シモン達はシャムセディンへの面会を取り付ける。翌日、シャムセディンの手下がシモンをホテルから連れ出し、シャムセディンの私邸へ連れていく。

ナワルは、実はシャムセディンのスパイとしてキリスト教派集団に潜入し、極右指導者を暗殺した。その功績を買い、シャムエディンは釈放されたナワルが双子と共にカナダへ移住できるよう手配した。

シャムセディン一派は、孤児院から連れてきた子供達をムスリムの戦士に育て上げ、ニハドは優秀な狙撃手になった。ある戦闘で敵に捕まったニハドは、洗脳され、キリスト教派の拷問人アブ・タレクとなった。クファルハットへ送られたタレクはナワルへの拷問を担当し、内戦後はカナダへ亡命した。

ホテルへ戻ったシモンは、兄ニハドが、父タレクであったことをジャンヌに打ち明ける。

灼熱の魂のあらすじ【結】

生前、ジャンヌとプールへ行った際に、ナワルは、一人の男の踵に三つの点の刻印があることに気付く。その男が我が子であることを確信したナワルは、プールから上がって男に近づく。ナワルがその男の顔を見上げると、彼は自分を凌辱し孕ませたタレクであった。

ショックを受けたナワルは、その時から放心状態になる。日々衰弱する中、ナワルはジャンの手を借り、口述でニハドへの手紙を綴る。

カナダへ帰国後、ジャンが見守る中、ジャンヌとシモンはナワルの最後の遺言状を開封する。長い間一人で秘密を抱え続けていたナワルは、ジャンヌ達が真実を知ることでようやく2人に向き合えると考えていた。ナワルは、家族が一緒にいることが何よりも大切だ、と遺言状を締めくくる。

ジャンヌとシモンは、ケベックで掃除人の仕事に就いているニハドに会いに行き、ナワルからの手紙を渡す。ナワルは、双子の父親としてのニハドと、息子としてのニハドに宛てて2通の手紙を書いていた。ニハドはナワルの手紙を読み、真実を知る。

ある時、ニハドはナワルの墓の前で立ち尽くしている。

この記事をシェアする