映画『修羅雪姫(1973)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「修羅雪姫(1973)」のネタバレあらすじ結末

修羅雪姫(1973)の概要:本作の修羅雪姫(梶芽衣子)は、矢野竜子(藤純子)と並んで日本映画史に燦然と輝く戦う女神。青春映画の名匠・藤田敏八監督の演出が、時代劇のアクション描写においても異様なほどの冴えを見せている傑作。

修羅雪姫の作品概要

修羅雪姫

公開日:1973年
上映時間:97分
ジャンル:アクション、時代劇
監督:藤田敏八
キャスト:梶芽衣子、赤座美代子、大門正明、内田慎一 etc

修羅雪姫の登場人物(キャスト)

鹿島雪(梶芽衣子)
母の怨みを背負って生を受け、怨みに殉ずるために生きる女。剣術の腕は相当高く、用心棒クラスの男が束になってかかっても雪1人に敵わない。怨みを果たそうとする彼女の前では、いかなる弁解や命乞いも意味を成さない。
足尾龍嶺(黒沢年雄)
狂犬と呼ばれたジャーナリスト。真実を世に伝えようとしている正義感の強い男。道海和尚の協力を得て、新聞小説『修羅雪姫』を執筆する。
鹿島剛(大門正明)
鹿島雪の父。学校の教師で、政府の徴兵官と間違われ理不尽に殺された。
鹿島小夜(赤座美代子)
鹿島雪の母親。夫の剛と息子を殺された怨みを抱えて生き、仇の1人を殺し、残りの仇を討てなかった無念を赤子である雪に託して死んだ。
塚本儀四郎(岡田英次)
鹿島剛を殺した4人組の首謀者。
正景徳市(地井武男)
鹿島剛を殺した4人組のうちの1人。鹿島小夜と暮らしていたことがある。
北浜おこの(中原早苗)
鹿島剛を殺した4人組のうちの1人。4人のうちブレーン的な立ち回りをしていた。
竹村伴蔵(仲谷昇)
鹿島剛を殺した4人組のうちの1人。娘の小笛と2人で暮らしている。
竹村小笛(中田喜子)
伴蔵の娘。自分の身体を売って父の生活費にあてている。
道海和尚(西村晃)
鹿島雪に剣術、そして背負わされた宿命を叩きこんだ師匠。本作のナレーションも彼の声。

修羅雪姫のネタバレあらすじ

映画『修羅雪姫(1973)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

修羅雪姫のあらすじ【起】

明治七年。神奈川県八王子の監獄で、壮絶な難産の末に鹿島雪が産声を上げる。母の小夜は赤子の雪に「怨みを背負って生きてゆく不憫な子」と言い、息を引き取る。

雪は20歳になり、金の亡者・柴源の付き人もろとも一人で斬殺してのけるほどの剣客に成長している。雪の兄と父・鹿島剛は塚本儀四郎、北浜おこの、竹村伴藏、正景徳市の4人組に刺し殺されており、母の小夜は彼らに三日三晩輪姦された過去を持つ。4人組はかつて1人270円払えば徴兵を回避できるというデマを流し、村民たちから1万円以上を巻き上げた。教師であった鹿島剛は、村に赴任してきた際に政府の徴兵官と間違われ、理不尽にも殺されたのだ。4人組のうち、正景徳市は生前に鹿島小夜によって殺されている。小夜が怨みを託すための子が欲しく、色情狂のように男を誘い性交をくり返した。そうして生まれた雪は残りの3名を殺して仇を討つべく、道海和尚のもとで「そなたは人の子として生まれてきたのではない。人の怨みを果たし、怨みに殉ずる修羅の子として生まれてきたのだ。その大義、決して忘れてはならん」という宿命を叩きこまれ、厳しい剣術の修行に励んできた。

修羅雪姫のあらすじ【承】

仇の1人、竹村伴蔵の行方が判明した。伴蔵は病の身で、娘の小笛と暮らしている。小笛は竹夫人を売りに出ているが、実際は要人に身体を売ることで生活費を得ている。賭場の客人として町に入り込んだ雪。伴蔵が賭場でイカサマをし、殺されかけるも雪は他人に仇を奪われてたまるかと、必死に伴蔵の命をかばう。雪は1人になった伴蔵を海岸に呼び出し、鹿島剛を殺した過去を問い詰める。土下座をして命乞いする伴蔵の願いは一蹴され「因果応報!」と斬りつけて殺し、屍を絶壁から放り投げる。

墓の前に立つ雪。その墓は塚本儀四郎のものである。供え物の花を斬りつけ墓を後にする際、足尾龍嶺とすれ違う。聞くところによると塚本は、アヘンの密売の際に船が難破して死んだという。首謀者である塚本を自分の手で殺められなかったことに落胆する雪。雪は残る仇の北浜おこのに関する情報が出るのを待つことにする。その頃、足尾龍嶺による新聞小説『修羅雪姫』が巷で大流行していた。その内容は鹿島雪の人生に即したノンフィクション小説と呼べるもので、道海和尚が情報を提供していた。道海和尚は『修羅雪姫』が大流行すれば、北浜おこのが行動を起こしてくると目算して龍嶺に協力していたのだ。

修羅雪姫のあらすじ【転】

足尾のもとにやって来た小笛は、父・伴蔵の仇は鹿島雪であること確信する。そんな折、龍嶺が事実無根の小説を書いて民衆を欺いたとして連行される。龍嶺が拷問を受けていると、そこに北浜おこのが現れる。北浜の指示で龍嶺は捕まったのだ。状況を知った雪は、城内に乗り込む。雪と龍嶺はピストルを持つ北浜に苦戦しながら追い詰めるも、逃がしてしまう。2人は城内を探し回ると、首を吊った女の影を発見する。北浜は自殺していたのだ。雪は吊るされた北浜の胴体を刀で真っ二つにする。

龍嶺のもとにある要人が訪ねてくる。その男は塚本儀四郎で、彼はアヘン船の難破、を利用して死を偽装していたのだ。塚本は兵器の買い付けをしており、政府も彼を無視しては武器を購入できないほどの力を持っており、現在は主に鹿鳴館にいることを明かす。龍嶺を訪ねて来た雪は、塚本が存命していることを知って追いかけようとする。しかし、龍嶺はそれを止め、塚本儀四郎が父であることを告げる。

修羅雪姫のあらすじ【結】

龍嶺の率いる馬車に乗って、雪は鹿鳴館の仮面舞踏会に乗り込む。ダンスが行われるホールの中で、雪は塚本と思しき人物を見つけるも見失ってしまう。隠し扉を見つけた雪は塚本を見つけて斬りつけ、とどめを刺そうとすると龍嶺に止められる。追い詰めた人物のあごには付け髭があり、マスクをめくると別人物。彼は塚本の影武者だったのだ。部屋にある鏡を割ると、そこには本物の塚本がおり、2人が追い詰めた先はダンスホールの二階。ピストルを持つ塚本を龍嶺は決死の押さえつけにかかり、雪に「俺のことは気にせずに行け!」と言う。雪は龍嶺もろとも刀で貫通させ、弱った塚本の頸動脈を「因果応報!」と斬りつける。塚本は二階から一回に急転直下する。龍嶺は刀を抱えて息を引き取った。

外は気付けば雪景色。鹿鳴館を血に染まった白い着物で出てきた雪は、刀を捨てて雪道を歩く。すると前から竹村小笛が現れ、雪は刀で腹を刺される。雪は小笛を見て、まるで自分を見るかのように微笑む。雪が腹から刀を抜くと流れる主題歌『修羅の花』。雪道を進む雪は倒れる。歌詞では「涙はとうに捨てました」とあるものの、雪は泣き叫ぶ。

朝日が昇る。目を開ける雪。死ねなかった。

Amazon 映画『修羅雪姫(1973)』の商品を見てみる